個別記事の管理2013-09-30 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

親戚の葬儀、栄養士会の研修会、HPの更新もすべて終わりやっと平穏な毎日が帰ってきました。普通ということがいかにありがたいか、今月はほとほと身に染みました

ようやくゆとりは出来ましたが、いつの間にか従食の冷蔵庫の中にはろくでなしの野菜がぎっちりと詰まっています。1つづつやっつけていかねばなりません。

ろくでなしではないのですがHP用の料理に使った栗の残りが結構あります。これを何とかしようと思い栗ご飯を作ることにしました。

遠い昔栄養士専門学校の和食の先生に「栗ご飯の栗は焼いた方が美味しいですよ。」とアドバイスをいただいたのを思いだし、まず焼き栗を作ることにしました。先日2個だけ作った時かなり簡単にできたので気をよくしていたこともあります。

10数個の栗を焼き網にのせガス火で鬼皮が真っ黒になるまで焼いていきます。このとき厨房にはまかない婦しかいなかったのですが食堂の方で社員が一人だけ朝ご飯を食べていました。

バン!!突然大きな音とともに栗爆弾がさく裂しました。まかない婦の顔めがけて飛んできたはずの栗は粉々に砕け散りまかない婦は全身栗の粉まみれ。勿論ガス台もひどい有様です。

IMG_3791_convert_20130930163459.jpg
こんな感じ~。これちょっと片づけちゃった後です。

でも爆弾に直撃されても火傷もしなかったのでビビる社員をしり目にそのまま栗を焼き続けました。

バン!!またしても栗が破裂し、厨房は砕けた栗だらけ。社員は腰を浮かして「もうやめた方が良いですよ。」とこわごわ忠告してきます。

栗が爆ぜることは猿蟹合戦の昔話で知ってはいましたが、本当に爆ぜるところを見たのは初めてです。これでは悪いサルもたまったものではありません  

よく見ていたら栗が爆ぜる直前にグワーっと膨れてくるんですよ。怖いですねぇ

それでも果敢に栗を焼き続け、お昼御飯に間に合わせました。

IMG_3796_convert_20130930164740.jpg
今日のお昼御飯です。上の2つの副菜から好きな方を選んでもらいます。この他に味噌汁や漬物類がスタンバッテいます。

そうそう、まかない婦にとって嬉しいことがありました。クックパッドにのせた『柿市の松茸ご飯』が松茸ご飯のレシピで1位になっています。今日1日だけで1217回のビューがありました。やったねっ

天下のクックパッド様の土俵で1位は快挙だと自画自賛しております

良かったら皆様も覗いてみてください。じゃねっ

ついでにレシピも貼り付けときます。作ってみまっし。
スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-29 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

ここ数日の無理が祟り背中が痛くて困っています こんなとき妹がそばにいれば最近お気に入りのカッサで痛む背中を無茶こすりしてくれるのですが、今日は会社が休みなので出社しておりません。残念です。

金沢は今日良い天気です。白山市では今日無謀な100kmマラソンが決行されているはずです。取引先の料理長さんが出場すると聞きましたが大丈夫なんでしょうか?とりあえず明日は使い物にならないことでしょう。

まかない婦の関連では金沢で野菜ソムリエのパーティーが開かれることになっていますが、2日続けて気の進まぬ催しに参加することはキャパの小さい自分には無理だとふんで出席は見合わせました。

2時半までのパーティーなので今頃はお開きになっていることでしょう。ヤレヤレです

話は変わりますがつい先日父の命日に寄せて知り合いから送られた花があまりにひどい状態だったので宅急便に連絡して元の花屋に送り返してもらいました。その後無しのつぶてでしたが今日になって突然新しいアレンジメントフラワーが送られてきました。

別に何のメッセージもついていませんし、花屋からの電話も一切なく突然に送られてきた花です。

でも今回はまともな花でした。

IMG_0935_convert_20130929141554.jpg
これです。

IMG_0930_convert_20130925180659.jpg
前の花がこれですからずいぶんと違います。やればできるんじゃん。

それにしてもここ17年ほどいろいろなところから花をいただきましたが、トラブル続きなのはこの花屋だけです。いったいどんな花屋なのでしょう?

前回義妹が苦情の電話をかけたときには「送り主の方には連絡しないでください。」と言われたきりなしのつぶてで、2か月後に唐突に花が送りつけられてきました。

まったく信頼のできない相手です

不愉快なことはさっさと忘れてこれから墓参りに行ってきます。

そう言えば伯父が亡くなった日に当社自社ビル3階の作業場に朝早く居た社員が風もないのに窓のかぎが突然ガチャガチャと鳴って肝を冷やしたと言っておりました。
「会長の幽霊が出るのか?」 と聞かれましたが、そんなものに遭遇したことは一度もありません。多分よからぬことばかりしている人のところには喝を入れに行くのでしょう

社員たちよ親父があの世から見てるぜ!気をつけな(-。-)y-゜゜゜
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-28 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっき栄養士会のスキルアップ研修会から帰ってきたところです。やっと終わりました。やっとやっとすべてが終わった~!です。

まだHPの更新が残っていますが、これは何とか原稿が出来ているのであとは社長に見せて送るだけです。

本当に疲れたよパトラッシュ・・・

栄養士会の研修会に行くのが嫌で自社ビルの中をウロウロしエレベーターに乗ったり下りたりを繰り返しているところを義弟に見られ呆れられました。はっ!子供か?

「そんなに嫌なら断ればどうなんだ?」
と、周りの人間すべてに言われ、それでも呪文のように
「行きたくない~、行きたくない~・・・」を繰り返していたら
「こっちの方がもう聞きたくないわい!」とどやしつけられました。すいませんそれでも言わずにはおれなかったのです

今、会社に戻りやっと落ち着きを取り戻しつつあります。ここまでの道のりが長かった・・・

結局研修会の講義はまかない婦の好きな生化学と苦手な代謝の話で何とかカンとか聞くことが出来ましたが、講師の先生が資料の図をあちこちから引用するのでそこについていくのが大変でした。この先生の生徒さんたちも大変ですね。

いや、ちゃんと予習してあれば付いていけるのかな?今回は直前に資料を渡されたので予習は無理でしたが・・・

朝から夕方までビッチリでお弁当を食べながらもランチョンミーティングです。この辺りはグループを組んだほかの栄養士さんがリードしてくださったので何とか付いていけたし、意外に楽しかったのですが、その後の症例の検証は実際に病院で働いているわけではないのでちょっと厳しかった・・・

検査データーの項目表記も昔とは変わったのですね。どこへ行ったGOT.GPT?

本当は血液検査センターで働いていたこともあり昔はデーターを読むのが得意なほうだったのですが、まかない婦家業に埋没しているうちに全てに置き去りにされたようです。正直に分からない項目を聞いてみたところ意外に他にもわかっていない人もいてそれもまた驚きでした。

今更聞けないことってありますよね。やっぱりこの手の研修会はまかない婦にとってちょっとレベルが高すぎたようです。病院栄養士の世界ですものね。

話は変わりますが伯父の葬儀も滞りなく終わり、そちらのほうもほっとしました。金沢では火葬場からの帰りに中陰と呼ばれる食事の席が設けられます。ここではほとんど精進料理なのですが、従兄弟がこれをぶっ飛ばし、肉や刺身などのご膳を用意したそうです。

これって金沢では(特に従兄弟の住む田舎のほうでは)画期的なことです。やったな!

なかなかな人とは思っていたけど改めて見直しました。そうですよね?まかない婦も父の葬儀の折3日間同じ精進料理を食べ続け、発狂しそうになりました

父が亡くなっただけでも充分辛い思いをしているのに、それでもおなかは減り、眠気も襲ってきます。そのうえ同じ食事を食べ続けなければならないことにひどい苦痛を覚えたので、その後知り合いの通夜に行くときは色々差し入れをしたものです。

従兄弟の英断に大拍手を送りたいまかない婦です。まかない婦が身罷ったときも肉食っていいからねっ。その路線で一つお願いいたします

肩の荷が下りた今日の日はゆっくりと酒を飲み、ぐっすりと眠りたいと思っております。

しかし、今日の研修会で飲酒は高血糖を引き起こしかねないとの話しがあり、口の中に一抹のにがあじの残る哀しみのまかない婦でありました。
* Category : 栄養士
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-27 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっき伯父の告別式から帰ってきました。伯父は亡き父の兄です。

当社にとっても特別な人、今ある自社ビルを建てるときか土地を買うとき当家にお金が無くて困り果てていたのだそうですが、伯父がポンとお金を出してくれたらしいです。先代から何かの時には助けてやってくれと頼まれていたからとおっしゃっていましたが、頼まれたからといってホイホイお金を出す人はあまり居ません。

男気の有る人でした。しかも容貌が亡くなった父にそっくりだったので、お別れの時には2度父を見送るような気持ちになるのではないかと思っていましたが。お棺の中の伯父はまるで知らない人のような顔でした。

まかない婦の知っている伯父さんは大声でしゃべり、快活に笑い、頑固な信念を持った方でした。今日見送ったのはもう笑うことも無い亡骸です。さようなら伯父さん、あっちで父に会ったらよろしくと伝えてください。あっちではまた大声で笑ってくださいね。

伯父の葬儀で久しぶりに父方の親戚と顔を合わせましたが、本当に久しぶりに伯母さんに会えたのは嬉しかったです。あまり元気ではないと聞いていたのでどうなっているのか心配しましたが、思ったよりお元気そうでホッとしました。

まかない婦たちがまだ子どもだった頃からいつも優しくしてくださった伯母さんです。自分の親戚の事をあまり話したがらない父に代わって義理の姉に当たる伯母が親戚のガイド役でした。

今ではすっかり代替わりして従兄弟達が一家の大黒柱的な存在になっています。少しずつ少しずつ親戚づきあいも薄くなっていくのでしょうが、この伯父の一家には何かの折に恩返しをせねばなりません。

今流行の倍返しではなく恩返しです。(既に古いか?)

さて、明日には北海道の従兄弟も帰っていきます。そんなわけで今晩は親戚が集まって宴会をすることになりました。亡くなった人が縁遠くなってしまいがちな親戚のつながりを強くしてくれます。

北海道の従兄弟とは今回初めてゆっくりと話しました。今まで葬儀会場で何度かお会いしたことはあるのですがお話したのは初めてです。これからは何かの折に当家で宿をすることになったのでもっと親しくなっていくのでしょうね。

良いことでお会いするのならもっと嬉しいのですが・・・

さてさて、昨晩のプレ宴会に続き今日は本番の宴会です。そして明日は栄養士会 まかない婦の厳しい数日が続きます。

それにHP更新の締め切りが迫っています。グタグタ飲んでいる場合ではないのですが、どうせ今晩も記憶喪失になるまで飲むに決まっています だってあたしってそんな人間なんだもの・・・

今は今晩の宴会用の料理を作りながらこのブログを書いています。頭はすでに朦朧としているので乱文ご容赦ください

明日は糖尿病の栄養指導のためのスキルアップ研修会だそうですが、栄養指導されることはあってもする可能性が限りなく0%に近いまかない婦にとってまたしても苦しい一日になりそうです。

助けて~

* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-26 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

怒涛のように事が流れていきます。昨日伯父が身罷ったとの知らせを受け。急ぎ親戚受け入れのため客間の掃除をしました。そこは妹がずいぶん手伝ってくれたので何とかなりました

しかしこんな時に限って母は同窓会で温泉に行ってしまいました 電話を受けたのが出発直前で役員をしている立場からもどうしてもドタキャンできなかったからです。

まかない婦掃除を終え、足りなかった座布団カバーなども買いに行き、月末に付き物のHPのトップページ用の料理も作りカロリー計算、レシピ化と飛ぶように仕事を進めました。

人間やる気になれば何とか出来るものです。

IMG_3778_convert_20130926162418.jpg
これがその料理です。来月の素材として取り上げた野菜は『能登松茸』、天狗舞のひやおろしとコラボさせました。料理名は「松茸1人じめ♪秋の陶板鍋」です。松茸美味しかったけど丸かぶりは無理だと分かりました。何せ陶板なので料理が冷めにくく熱すぎて食べられません。

それに不幸のあった親戚からの電話連絡待ちでおちおちひやおろしなど飲んでいられません。電話がかかってきたときにレロレロだったり、いつもの記憶喪失状態では大失態になりかねません。

けど結局電話はかからず、無用に食べすぎたまかない婦は落ち着かない気持ちのまま就寝しました

そして今日、なかなか到着しない北海道の従兄弟を待ちながら母の帰宅の遅さにイライラしていました。やってもらいたい仕事が山積みです。

近場の温泉一泊に何で帰宅がこんなにも遅くなるのが理解に苦しみます 「非常事態なんですけど、お母様!!」

午後2時ころに母はようやく帰ってきました。従妹が到着したのも午後の1時過ぎです。2人が揃ったのでようやく余裕が出来、ブログを書き始めたのですが、動揺しているためか2度も保存をせずに別のページへ行き文章をパーにしました。これが3回目です。

これ以上文章をパーにしている余裕がないので、今日はこれで止めておきます。

皆様また明日。明日も緊迫した状態が続く予定ですのでブログまで行きつけるかどうか・・・頑張ります
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-25 (Wed)
大変です!!伯父さんが亡くなったとついさっき電話がありました

ごく親しい身内、亡くなった父のお兄さんで当社とも深いつながりのある方です。これは、通夜、葬儀とも出席せねばならないお相手です。

どうしよう・・・28日が栄養士会で丸々一日外出するので当社の社員は仕出し弁当を食べることになっていたのですが、その前日も留守となればレトルトカレーでも食べてもらうしかありません スマン社員よ、耐えてくれ。

突然の不祝儀はいろいろな段取り優先で悲しい気持ちの方が後になってしまいます。

それにしても本当に昨日従兄弟が新米が取れたからと持ってきてくれて、伯父さん伯母さんのご様子を聞いたばかりです。昨日は「あんなもんや。」などと言っていたからまさかの今日に亡くなるとは思ってもいませんでした。

何からすればよいのかと焦ってしまいます。とりあえず札幌から従兄弟が出てきて当家に泊まることになっていますので、ザザッと客間の掃除をしておきました

それにしても9月は亡き父と祖母の亡くなった月でもあり、当家にとっては法事の多い月です。これではますます法事三昧の月になってしまいますね。

実は亡父の命日も近く、父の知り合いの方から今日花が送られてきました。

もうずいぶんと時もたっているのに律義な方です。ですがこの方から送られてくる花がいつもちょっと酷いのです。

IMG_0930_convert_20130925180659.jpg
IMG_0931_convert_20130925180822.jpg
今年はこれです。アレンジのど真ん中のアジサイがぐにゃぐにゃになってしおれていますし、白いトルコキキョウもぐったりと近場の花に寄りかかっています。酷いです。今日届いたばかりの花ですよ。

これって送って下さった方ではなく花屋がダメなわけですよ。あまりにひどい年があって義妹がその花屋に電話したことがありました。その後2~3年はまともでしたが元の木阿弥です。

送って下さった方の気持ちを踏みつけにしているようで、まかない婦とその家族はこの花屋に頭に来ています。

大体アレンジにアジサイのような花は不向きではないでしょうか?この花梅雨のさなかに咲く花だけに水がたっぷりないとダメな花だと思います。花屋さんならそんなことわかっていますよね。どういうつもりなんでしょうか?

忙しくてパニックに陥りそうになりながらも、納得できない思いでいっぱいの今日のまかない婦でした
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-24 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

先日社員の昼食も終わり、最後の後片付けの前に義妹と母との3人でコーヒーを飲んでいました。

すると電話が鳴り「まかないの事について聞きたいというお電話が入っています。」と、まかない婦が呼び出されました。

電話の相手はテレビ番組の制作会社で、NHKで働く人の昼食を取り上げている番組があり当社のまかないについて聞きたいというのです。

今までレシピの方ではいろいろと問い合わせがあったことがありましたが、まかない飯については初めてです。どうやらクックパッドの柿市ブランドページの中の『ごはん日記を』ご覧になったようです。

ブログを見ている人だってそんなにゃ居ないだろうに、ごはん日記とはまたまた恐れ入りました。多分うちの親戚が数人見ているだけだと思っていたので驚きです。

こちらの方は本当に作ったものの羅列にすぎませんが、毎日の食事を工夫して作っていることも考えてみれば生易しいことではありません。何しろ一年中ほとんど休みなしです

ごはん日記を書き始めたきっかけは手取川の銘酒で有名な吉田酒造の社長さんに持ち上げられ、ついその気になってしまったところから始まった暴走です

ほとんど毎日欠かさず書き込んでいます。それはこのブログも同じですが・・・

しかし、どこから柿市のごはん日記に行きついたのか本当に不思議です。

とにかくその方は根掘り葉掘りまかない飯のことや会社の規模、親族の数まで詳しく聞きたがりました。そばにいた母が小さな声で「税務署か?」と尋ねましたが、ひょっとしたらそうなのかも・・・?

およそ一時間ほどもかかった電話の聞き取りの後「取材に伺うかもしれません。」と言われ「ハイハイどうぞ。」的なノリで受け答えしましたが、取材にいらっしゃるとは思いません。

だって以前に「そちらのからし菜漬のレシピと写真を郷土料理の本に載せたいのですが。」と問い合わせがあった時も立ち消えになりましたし。T1グランプリというお漬物のコンテストを開催しているところからも赤かぼちゃの昆布締めでエントリーするようにとの勧めで応募してみましたが、なしのつぶてです

唯一実現したのはクックパッドから「企業としてのブランドページを持たないか?」と誘われ、本当に無料で自社ページを設けることが出来ました。ここ最近では「柿市の松茸ご飯」が1日600ビューほどあっていい感じです。

全てのレシピでは1日で1000回を超えています。

あと、ライオンズがらみの雑誌の取材もありましたが、取り上げられ方を見るとこちらの意図していたものとは少し違ってしまっていました。まっ、良いけどね・・・

そんなわけで、取材に伺うかも程度の話では本気にはしません。もともとひねくれ者と呼ばれて育ったまかない婦です。

特に今は月末で仕事が忙しいのと、今週末の栄養士会の集まりが小さな心のまかない婦を圧迫しています。ブルーブルーブルーな気分です。

制作会社さんからの電話が終わると、まかない婦のコーヒーはすっかり冷めて廃棄処分になっていました。ブルー+ダークブラウンな気分といったところでしょうか?

受難の日はしばらく続きそうです
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

×HKの番組 * by -
 昔、同じ番組の昼ご飯の取材を受けました。
 ものすごく態度・マナーがそこら辺りの子供より悪く大変でした。
 賄い婦さんの性格(ブログを拝見している限りでは‥ファンです)辞めとかれた方が良いかと思います

Re: ×HKの番組 * by まかない婦
番組の名前まではのせなかったつもりですが分かっちゃいましたか?

その後何も話が進んでいないので心配するまでもないと思います。とにかく今は忙しくて&精神的に余裕がなくて(いつもか?)それどころではありません。

心配してくださってありがとう。感謝です。

個別記事の管理2013-09-23 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日の金沢は快晴です。気持ちの良い秋の日ですね

ですがそこたら中から工事の音が聞こえています。北陸新幹線開通に向けて金沢は建築ラッシュだという話は本当なのでしょうか?なんとなく実感がわきませんが・・・

昨日の午後はずっと本を読んで過ごしたので、お出かけ好きの母がイラつかないように夜は外食にしました。

近所にマルガリータという名のメキシコ料理の店が出来たのでそこへ行ってみたのです。

店内はキッチュな感じで悪くありません。まず頼んだマルガリータが飛び切り旨かったのに驚きました。今までの長い人生の中マルガリータもかなり飲んでいますがこれが一番おいしいかも?

頼んだ料理はタコスセットとサボテンのサラダ、豚ばら肉と豆の激辛トスターダです。激辛の文字に最初ビビっていた母ですが、自宅で辛い料理には慣れているので「これが激辛?」と腑に落ちない顔をして食べていました。

タコスやトスターダは美味しかったけどサボテンのサラダはあまりおいしくなかったですゴメンヨ

生ビールの銘柄がハイネケンだというのもちょっと珍しかったですね。まかない婦はマルガリータ2杯とテキーラモヒートを飲んでいたので母は生ビールいっぽんにしたようです。

マルガリータには思い出があります。まだ東京に住んでいたころ従妹と2人でメキシコ料理屋さんに行ったことがあります。地下にあるお店でかなり繁盛していました。

その店のマルガリータは大中小とスリーサイズのグラスで出てきます。小がカクテルグラス中がブランデーグラス、大は小ぶりな金魚鉢ほどの大きさです。

まかない婦中のマルガリータを飲んでいた時にすぐそばで同じ中のマルガリータを飲む外国人を見つけました飲むペースがまかない婦とほぼ同じです。

なかなかやるな外人さん。お代わりのタイミングもほぼ同じでした、マルガリータの中です。

向こうはまかない婦のことなど気が付いていなかったと思うのですが、酒の飲みであまり負けたことがなかったその頃のまかない婦、勝手に張り合ってマルガリータをがぶ飲みしました

しかし、ここでやや遅れを取り焦るまかない婦の耳に入ったのは大のマルガリータを注文する外人さんの声です。

負けました。もう一杯くらい中は飲めても大は無理です

完敗です!マルガリータにはそんなほろ苦い思い出があります。てか、酒飲めりゃ偉いのかっていう話ですかね・・・

その店のマルガリータより昨日のマルガリータは旨かったです。さすが店名にするだけのことはあります。

大人数でワイワイ飲むのに良さそうな店でしたが最初っから最後まで私たち以外に客が居なかったのが微妙な居心地の悪さを醸し出していました。

頼むよ、つぶれないでね!メキシコ料理もっと食べたいんだからお願いしますよ。

他のカクテル類も豊富なようで楽しそうな店でした。今度は妹家族も誘って行きたいと思うのですが姪が白いご飯がないとてきめん機嫌が悪くなるので、白飯があるかどうかが少し気になっています。

白飯命!の姪よ、余計なお世話かもしれないが食べ物に執着すると太るぞ。太るとあまり良いことがないのはあんたの伯母で実証済み。気をつけな(-。-)y-゜゜゜
* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-22 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

2日ほど前のブログで「草葉の陰から」という表現を使ったためこのブログのご意見番の方々から「間違った使い方ですよ。」と指摘が入りました。間違った使い方とは承知の上でしたがせっかくのご意見なので訂正しておきました。

まかない婦風情がどんな言葉を使おうと何ほどのこともないと思っていましたが、長年ブログをやっていらっしゃる方の指摘になるほどと思い、珍しく素直に変更しました。

実はまかない婦かなりのひねくれ者で人の言うことに耳をかたむける素直さはあまり持ち合わせがありません。そのことはまかない婦の身内がよくよく承知の事実です

ブログを始めたきっかけは自社のHPを少しでも多くの人に見てもらいたかったからと、闘病中の親戚の気晴らしにでもなればとの願いからでした。だからこのブログの向こうにいつも親戚の人たちの顔を思いながら書いています。

でもどうやら親戚以外の方も見ていらっしゃるようでつい最近も「ホームページを見ています。どんなお店なのかと思って来てみました。」と来店されたご夫婦がいらっしゃったそうです。嬉しいことですが知らないうちに誰かとつながっているというのが不思議に思います。

何年振りかで会った友人にも「いつもホームページを見ているからそんなに離れていたという気がしない。」と言われました。ここでも知らないうちにつながっていたのですね。

親戚とはブログを始める前からメールでやり取りしていて、遠く離れていてもお互い励まし合えることがどれほどありがたかったことでしょう。今はブログを見てくれているのが分かっているので、金沢の様子などなるべく入れるようにしています。

そうそう、今日金沢はちょっと曇っています。武蔵が辻のダイエー跡地に新しくビルが建ち始めました。工事中の鉄筋が武骨で窓からの景色が悪くなったと母は言いますが、何年も空き地のままだった場所にようやく何かが建ちあがるということに希望の光が見えます

それにしても、いったい何人の人がこのブログを見てくださっているのでしよう?時々思わぬ人からも「見てますよ。」と言われるのが驚きです。

さてさて、最近ちょっと疲れ気味なので今日は自宅でゆっくりしようかなと思っています。昨日やっとサウスバウンド読み終わったので、今日は以前読んだお気に入りの本をまた読もうかな・・・

それでは皆様、また明日。

追記 ご意見番の皆様いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします
* Category : ブログ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by やまねこ
まかない婦さんのブログは、「柿市商店」という看板も背負っていますからね(笑)。

Re: タイトルなし * by まかない婦
やまねこさん、背負った看板が結構重いのです。でも根性で背負っています。

早く次の誰かに看板背負ってほしいのです。

個別記事の管理2013-09-21 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

朝晩涼しくなって眠りやすい環境になってきましたね。まかない婦つい先日寝具のシーツ交換をしたので、気持ちの良さも倍増しています。

しかし、ちょっと問題があるのです 実は敷布団掛布団ともシーツと布団の大きさが合っていません。シーツの方が小さいので布団がおかしなことになっています。

掛布団の方はまだよいのです、おかしな具合に膨れ上がっているだけなので・・・

ただ敷布団の方は1部シーツの中で折れ曲がり、膝のあたりに当たって寝心地が悪いを通り越し痛いのです。

敷いて寝てしまえば何とかなるだろうという見込みは甘かったようです。ここ3日ほど不快な思いに耐えて寝ています

そんならジャストサイズのシーツに替えれば良いではないかという話なのですが、シーツ交換って結構大変ですよね?何度もトライするのは厳しいです。

そう言えばまかない婦が子供の頃、家事を取り仕切っていた祖母はワンシーズンに一回しかシーツ類を取り換えてくれませんでした

まかない婦1人暮らしをするようになって初めて頻繁にシーツを取り換え、布団も天気が良ければ毎日干しました。まるで今までの分を取り戻そうとするかのように・・・

その頃まだ美しい模様のシーツは高かったので、自分で手芸屋さんから生地を買ってきてシーツや枕カバーをたくさん作りました。

ああ、あのころはまだ生活に夢や希望を抱いていたのですね。今は清潔でありさえすればどくろの模様でも気にしないと思います

それにしてもやっぱり都合が悪いので敷布団のシーツは替えねばならないようですね、面倒だけど・・・

シーツ交換で思い出したのですが、尾瀬の山小屋で働いていたころ部屋掃除を済ませたまかない婦に先輩従業員からクレームが付きました。
先「おい、これ見てどう思う?」先輩の手にはまかない婦が掃除を終えた部屋の枕カバーがはがされ、突き出されていました。・・・結構汚れています。
ま「・・・え~っと、昨日のお客様ずいぶん頭が汚かったんだね。」
先「馬鹿か?一日でこんなんになるか!」
うっかり見逃して枕カバー交換をすっ飛ばしていたまかない婦に先輩のきつ~いおしかりです。先輩と言っても10歳ほど年下ですが、実力以外考慮されにくい環境ですからしくじれば謝るしかありません。

この先輩たちに布団の積み方がなってないだの、掃除が丁寧じゃないだのといろいろ言われましたが、一番カチンときたのは「あれでも調理師か?」の一言です。

言われても仕方のない腕前だったのかもしれませんが、そんな言い方は無しにしようよ

山小屋従業員同士、普通の友達より家族に近い位置の人たちです。いきおい言わなくても良いことまで言ってしまいがちです。

でもその人たちとは今でも会えば心が通じ合える気がしています。そういえば昔インド人に旅行と友人には恵まれると言われたっけ・・・ホントだね

その割最近旅行はしてませんけどねっ
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-20 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の月は見事でしたね。なんちゃって、本当は雲に隠れて月を見ることが出来ませんでした。その分星がキラキラと綺麗でしたけど、月が出れば明るすぎて星が見えづらくなるということをみなさんご存知でしょうか?

まかない婦は山小屋で働いていたころしょっちゅう夜に尾瀬ヶ原を散歩しながら飲んだくれていたのでそのあたりはよく知っています。月明かりだけでどこまでも歩いていけそうでした

昨晩は月が見えなかったけど、今朝起きた時にはまだ夜が明けていなかったので中秋の名月は拝見することが出来ました。大変結構な御姿でしたね。

話は変わりますが、昨日の夕方妹と酒屋の店番を代わったころもう男性社員はほとんど帰宅していましたが、介護施設などに納品している人たちだけはまだ残っていました。

それどころかかなり忙しそうで、入社して日の浅い社員は夜叉のような顔をして大量の蕪の葉を切り落としていたようです 

妹が小さく「あれはもっと休みをあげなきゃダメだわ。」と心配そうにつぶやいていました

まかない婦が酒屋を店じまいして帰ってきた時間でもまだ2人働いていました。大丈夫なのでしょうか?あの部署はいつも余裕がなく忙しそうです。

社長には人手が足らないのならもう1人増やせばどうかと進言しているのですが、もともと3人でやっていたところにすでに2人補充しているのだから上手く回るはずなのだがと首をかしげます。

もう1人雇用しても今の彼らの残業手当分で給料が出そうなのでそれでうまくいくのなら会社としては痛みはないのですが、ひょっとして何人投入しても同じなのではないかと社長は心配しているようです。

それに人数だけ増やしても既にスペースが一杯一杯で社員は小さな金魚鉢に入れられた金魚の群れのようにアップアップしています

せっかく良い人たちが入社してきても、仕事がハード過ぎれば嫌気も差そうというものです。まかない婦そんなことを心配しています。

ここともう一か所籠盛り部も人の出入りの激しい部署でしたが、今は落ち着いているようでようやく一安心といったところでしょうか。

「社長でかした!普通の人や。」と社長の社員採用に対して中堅社員に言わしめた新入社員たちが頑張ってくれています。まったく当社では普通の人が貴重な人材です。

まかない婦風情が会社の心配をしてもどうということもないのですが、縁の下の力持ち的な立場となぜだか会社中の情報が集約しやすい食堂勤務のため全体の動きがなんとなくわかるのです。

心配な部署の人たちは今日も遅くまで働くのでしょうか?良い人たちばかりなので誰も辞めずに続いてくれれば良いがと見守るまかない婦でした

追記
昨日の夜栄養士会の方から電話が入り、今月末の研修会に行かねばならぬことが確定しました。まかない婦深い深いブルーに染まっています。人前に出るのが超苦手でいい年しているくせにまったくこなれていないまかない婦、栄養士会はその中でもレベルの高い場所です。

今日から月末までまたぼやき続けて義妹や妹を呆れさせること間違いなし!手から滑り落ちたスライムのようにベロベロとヘタっていきそうなそんな予感がしています
* Category : 柿市商店
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、実は分かっていて使いました。いけなかったかしら?


管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、分かりました。

変更しておきます。

Re: タイトルなし * by まかない婦
やまねこさん、実はbodai juさんからも同様の指摘がありました。今から変更するところです。

個別記事の管理2013-09-19 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日は中秋の名月だそうですね。天気も全国的に晴れのようですから、さぞかし今晩は月見をする人が多いことでしょう

秋の月と言えばまかない婦は必ず亡くなった父のことを思い出します。父が亡くなったのも9月の月の美しい夜で、その美しい月に先導されるように逝ってしまいました。

その夏はずっと暑かったのにその日になって急に寒くなり、人が旅立つにはうってつけの夜だったのだと思います

すでに父の枕元に集まっていた家族は「月がきれいだ。」と言っていましたが、まかない婦はその月を見れば月を見るたびに思い出すのではと思い、頑として夜空を見上げませんでした。

結局見なくても同じことになっていますよね 人間のすることなど大きな流れの中では本当にちっぽけです。

父の介護を本格的にしたのはほんの2カ月ほどの間でしたがまかない婦その間に激太りしてしまいました

もともとストレスに弱いヘタレのまかない婦。更にもともとポチャっていたのに看病をしながらスーパーの大袋2個分ほどのパンや寿しなどを毎晩食べていたのでそりゃぁ太るわなぁ

父の49日にわざわざ花を持ってきてくれた友人がブクブクに太ったまかない婦を見て「あんた、それはおかしいやろぅ?」と渇を入れてくれました。

まかない婦それでようやく正気に戻り、食べ続ける毎日から何とか脱却していきました。

今でも太ってはいますが、酒さえ飲まなければかなり意志は強いほうです。

でも、結局毎晩飲んでいるのでその後餓鬼道に落ち物喰らう獣に成り果てている次第です。

さてさて、今晩は取って置きのひやおろしを開け、月を見ながらの食事にしましょうか。ひやおろしもけっこう売り切れ続出なので銘柄選びも迷うところですが・・・

神泉の大吟醸のひやおろしにしようかな?あれは一斉発売のキャンペーンから外れているので、売り切れたら追加注文も出来るし、何よりブラックラベルが酒飲み心をわしづかみにします。よし、今晩は神泉でGOです

IMG_0926_convert_20130919170438.jpg
今、酒屋から買ってきた麗しの神泉大吟醸 無濾過生原酒 ひやおろし様です。今晩よろしくねっ 
* Category : 家族
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
麗しの神泉大吟醸のひやおろしを味わいながら観月とは
最高の風流ですね。

駄作を1首
月見れば 千々にものこそ 悲しけれ
いつかの試験の 点に似しかも
           -bodai_juー

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、残念なことに夕食時に月は雲に隠れ見ることが出来ませんでした。その分星がきらめいていましたが・・・

でも今朝おきた時、まだ夜が明けていなかったので月を見ることが出来ました。大きくて丸く明るい月でした。

個別記事の管理2013-09-18 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の夕方弟である社長が、毎日まかない婦が近所の市場から買ってくる刺身を取りに3階厨房にやってきました。丁度聞きたいことがあったのでまかない婦は彼に声をかけました。

ま「ねえ、酒屋の階段踊り場に貯めてあったペットボトルのキャップ、あんた持っていった?」
社「知らんよ。」
ま「じゃあ誰が持っていったんだろう?小さな樽にほとんどいっぱい貯まってたのに・・・」

急に社長の顔が訳知り顔になりました。
社「ははぁん、盗っていったな。」
ま「何のために?」
社「寄付するためや。」

へっ?それっておかしくないか?寄付という善行と他人の家の階段に置いてあるものを黙って持っていくという行為が相容れない気がするんですけど・・・

しかし、このエコキャップ運動でまかない婦と言い争いになったり、社員ともめたりした社長には『寄付のために盗る』これって有るかもの風情でした

このエコキャップ運動の騒動は以前HPの柿市こぼれ話に載せたのでお暇な方は読んでみてください。

エコキャップは罪作り で検索していただくと出てくると思います。


これに限らずこの世にはおかしなことが多いものです。

まかない婦がインドを旅行していたころ、男の人同士が手をつないだり腰に手を回したりして歩いているのをよく見かけました。日本人にすればドン引きのこの行為、かの地ではごく普通です。決しておかしな仲ではないそうです

60過ぎくらいのおじいさん同士がつないだ手を振りながら歩く姿がまだ残像として残っています。今はもうそんなこと無いのでしょうか?

中国を旅行していた時には街中に寝癖頭の男の人が多いのに驚きました。数年前に行った時にはそんな人も見ず、立派な地下鉄が走り「日本人は英語がしゃべれないからな。」と英語で馬鹿にされ隔世の感を禁じ得ませんでした。

それにバスに乗り込むとき降りる人と乗る人が押し合いをし、バス停ごとにそれが延々と続けられるのを見て降りる人が降りてから乗り込めばどうだろうかといつも思いました。今は改善されたのかしら?

ネパールでは乗っていたバスに子ヤギの群れが乗り込んできて、ヤギの運賃はいくらなのだろうかと頭をひねりました。勿論ヤギ飼いが乗せてきたのです。

バスの隣の席に生きたままの鶏を抱いた人がいて、あばれる鶏が怖かったこともありましたコケッ!

バスの上にも沢山の人が乗っています。

IMG_0921_convert_20130918182700.jpg
古い写真が残っていました。バスの中と上とでは運賃が違うのでしょうか?

世の中よく分からないことが多いものです。

ペットボトルのキャップなどほんの小さなことですね

それではまた明日
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-17 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

台風一過、日本中が良い天気のようですね。気温も下がりすっかり秋の気配です

秋は枯葉も散りますが、抜け毛の季節でもありますキャー! 

若いころの円形脱毛症が後を引き薄毛人生まっしぐらになってしまったまかない婦としてはこれ以上ひどいことにならないように気を遣う季節でもあります。

そんな中、つい最近見たテレビで頭皮もクレンジングしてからシャンプーすると良いと言っていました。良し、これだ!

良いと言われたことは早速やってみます。手持ちのオイルクレンジングでやってみたところ髪の毛もさらさらして、良い感じです。でも続けるうちにクレンジング剤はすぐになくなってしまいました。

考えてみれば顔より頭皮の方が面積が広いので当たり前かもしれません。それに髪の毛がある分クレンジング剤が頭皮に届きにくい感じです。それならばということでクリーム系の物を買ってきました。

大昔からあるポンズというメーカーのクレンジング剤です。早速使ってみたのですが、いつもと違い頭皮にクリームを刷り込んだ後の手がバターを塗ったくったようにギトギトギラギラしています

何か嫌な予感がしました。2度シャンプーしましたが髪の毛がべっとりと脂で固まり一向に洗いあがりません。1度トリートメントしたのですが、風呂から上がる前にためしにドライヤーで乾かしてみました。

やっぱり・・・乾かしても髪は頭皮に張り付き触っただけで手までねっとりします。

風呂場に戻りシャンプーすること後3回、都合5回のシャンプーでようやく普通に近いところまで戻しました。いくら頭皮に良いといってもこれではシャンプーやお湯がひどく無駄になってしまいます。

頭皮に使うことはあきらめて、顔専用にすることにしました。

そして昨日の晩あいつでクレンジングしてみたのですが・・・ダブル洗顔どころではなくトリプル以上の洗顔が必要なようです

今までクレンジングはお湯で流すだけで、洗顔石鹸はほとんど使ったことがなかったのでほんの小さな石鹸しかありません。

あのクレンジング剤を使うために洗顔石鹸を買ってくるべきなのか?このまま使わずにおいた方がお得なのではないか?今、かなり迷っています。

何かほかの使い道があれば良いのですが・・・

今日も小さな問題に頭を悩ますまかない婦でありました・・・
* Category : 日常生活
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by N子
恐るべしポンズ。。たしか前田美波里がイメキャラやってなかったっけ??濃すぎだよ。。たぶん宝塚関係はドーラン落としに使ってんだよ。。しかしまかない婦さんふつう、今時ポンズはもってこないっしょ。よく売ってたね。かなりレアな感じ。。相変わらずやりますね。。ついていきます。。

* by N子
しつこいですが、ついでに言っときますが、あたしが学生の時髪の毛がベタベタで板のようになってる浮浪者のおっさんを『板さん』と呼んでました。まかない婦さんも柿一の板さんと呼ばれないようにね。。

Re: タイトルなし * by まかない婦
N子さん、ポンズはダメですか?

以前当社で働いていたことのある人がボヤ騒ぎを起こし、爆風で髪の毛が焼け頭皮に張り付いたと言っていました。その状態が多分板さんでしょうね。

まかない婦はインド旅行の時どうしてもシャワーを浴びる機会がなく5日ほど汚いままでいたら最初べたべたしていた髪の毛がしまいにはサラサラしてきました。髪の毛も過酷な状況に順応するのでしょうか?

私についてくるとかなり大変な目に遭うかもしれませんよe-277

個別記事の管理2013-09-16 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

台風の被害大変ですね。被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。これ以上ひどいことにならなければよいのですが・・・

金沢は夜の内はかなり降っていましたが、今はいつものドンヨリ空です。

さて、今日は昨日の外食の模様を書いてみます。

IMG_0898_convert_20130916133546.jpg
行ったのは金沢駅そばの『タパス・エ・バール』ぶどうの木の支店の1つでジビエ料理で有名なところです。

実は以前にも行ったことがあるのですがその時は1階のバーで飲んだくれました。今回は初めて2階のレストランでのお食事です

レストランと言ってもほとんどがカウンター席でオープンキッチンで料理が作られていくところを間近に見ることが出来ます。カウンターもご立派でした。

アラカルトを頼もうと思っていたのですが、コースを薦められそちらに変更しました。量が多くて食べられないのではないかと心配でしたが、アラカルトのボリュームもかなりあるとのことで、いろいろ食べたいならコースが良いそうです。

3500円のコースと6000円のコースがあったので6000円のコースにしました。今日はmy母がご馳走してくれるそうです。誕生日プレゼントにどこかで食事との約束が今日になりました。

飲み物はまかない婦が赤ワイン、母は大好きなキールがあったので食前酒として母だけキールを注文しました。

IMG_0900_convert_20130916133707.jpg
ワインはこれです。シラーが好きだと伝えるとこれを薦められました。イタリアのワインだったと思いますが色から濃く美しいワインです。味も勿論◎です

IMG_0902_convert_20130916133903.jpg
前菜右からカボチャのタルト、レモンのなんちゃら、小さなシュー皮に詰められた何かです。シューがとっても可愛いですよね。カボチャのタルトが温かくて美味しかったどれも一口で食べられるほどの大きさです。シューは親指の先ほどの大きさです。

IMG_0903_convert_20130916134020.jpg
お魚の前菜です。手前からしめ鯖、のどぐろ、鰹のたたきです。しめ鯖に添えてあった茗荷の甘酢漬けが抜群においしかった。出来ればレシピを教えていただきたいところです。

IMG_0906_convert_20130916134156.jpg
こちらはお肉の前菜でしょうか?右から自家製のハム、シカ肉、イノシシのリエットです。どれもおいしかったけどシカ肉の美しい色に驚きました。しかも臭みも癖もありません。

尾瀬ではシカの食害で高山植物がかなりの被害を受けています。鹿の奴食っちゃうぞ

IMG_0908_convert_20130916134337.jpg
秋らしい一皿、パリッと焼いた雉肉にきのこと栗のソースがかかっています。雉肉も旨し!

このあたりでもう一皿出たのですが、出る早々食っちまって写真がありません 物は『赤柄』という里芋の揚げ出しでほうれん草のソースが敷き詰められていました。野菜だけの一皿というのも珍しいように思いました。

IMG_0910_convert_20130916134504.jpg
今回のコースの中でまかない婦が一番おいしいと思った一皿です。アマダイのうろこ焼きと言っていました。うろこがパリパリですごく旨いです。スープは鮑のスープだそうですが、鮑はお見かけしませんでした。でも小さな松茸が浮いています。乗っているのは花穂紫蘇かしら?

IMG_0911_convert_20130916134635.jpg
メインの肉料理です。これは牛肉だったと思います。焼き加減が良いですよね。

IMG_0913_convert_20130916134803.jpg
デサートです。ぶどうの木らしくぶどうが使われています。最期まで手抜きの無い美味しいコースでした。

IMG_0915_convert_20130916134919.jpg
〆は紅茶だったと思うのですが、違ったかもしれません。この時点で結構酔っていました

酔ったついでに以前1階で飲んでいた時に救急車が来て2階から酔って足腰の立たなくなった男性が運ばれていったのを見たという話をスタッフの人に話し受けたのに、横から母が「あんたもそんなことあったよね。」と、過去の汚点を長々と話し出したのでまかない婦は頭にきて蹴りを入れてやろうかと思いました。

大体救急車にはその時は乗ってねーし!

滋叔父さ~ん、助けて~!壊れたオームが作動中です。止まりません

この後性懲りもなく1階のバーでもう少し飲もうかと言っていたのですが、丁寧に玄関まで送り出されそれ以上飲んだくれる機会を失いました。残念です。

いずれ機会があれば今度はバーに出没することにします。

ジビエ料理ということでもっと癖があるのかと思っていましたが、何一つ食べにくいものもなくただ珍しい食材をいろいろ食べたということになりました。今度は妹と3人で来たいと母が言っております。そんときゃまたスポンサーということでよろしくな。

それから、酒の失敗談は外では漏らすの止めてください。妹の地酒ページだけで充分です

いつの間にか窓から日がさしてきました。金沢今日は平和です。皆様の街も平和であればよいがと思う今日の午後でした

* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-15 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日母のすぐ上の姉、まかない婦には伯母に当たる人が来てくれました。つい最近までの闘病生活にひと段落ついたらしく快気祝いを持っていらっしゃったのです。

母には洗剤のセット。これってまかない婦の身近では快気祝いの定番です。洗い流すところがツボらしいですね。

そしてまかない婦には海苔です。伯母さんよくまかない婦のことを見ています。

実はまかない婦は大の海苔好き海苔が無くては夜も日も明けぬ感じです。何しろ毎日お昼御飯は海苔巻です。巻き込む具材もいつも一緒。ごはん、大葉、スギヨの香箱という名前のカニ足かまぼこです。ここに粉末の寒天を少し振り減塩醤油を少し垂らして巻き込み、海苔が湿気ないうちに頂きます。

365日ではありませんが、360日ほどはこの同じ海苔巻を食べています。義妹に言わすとそのあたりがすでに病的らしいです。

栄養士の観点から見ても、これはお勧めできません。同じものを食べ続けることはリスクも高まります。

さて、このスギヨの香箱ですがとてもおいしいです。スギヨにはロイヤルカリブという高級カニカマもあるのですが、これよりさらにジューシーで、ベニスワイガ二なんかよりははるかに旨いとまかない婦は思っています

海苔はいつも山本という海苔屋さんの一枚100円の海苔か80円の海苔を2枚使います。1枚ではすぐに湿気ってしまいパリッと感が味わえないからです。この海苔でも充分高いのですが、伯母さんのくれた海苔はさらに高く一枚200円以上します。

まかない婦も食べてみたいとは思っていてもちょっと手の出なかった高級海苔です。ありがとう伯母さん、大事にいただきます

快気祝いと言えばまかない婦の亡くなった父も入退院を繰り返していたのでよくやっていました。でも退院してすぐに快気祝いを配るので、一週間後に再入院などという笑えない羽目に陥っていることもありました。

反対に母は退院の後一年近くたってからようやく快気祝いを配ったので、親しい親戚から「あんたのとこは快気祝いをしない家なのかと思った。」と言われていました。何でもさっさとやらない母と弟。やり過ぎのまかない婦と亡き父です。

幸いまかない婦はまだ一度も入院したこともなく体ばかりは丈夫です。中身の方がかなりおかしいとは義妹の言葉です。

中身のおかしいまかない婦、今日は母に外食を誘われています。行ってみたかったお店があるので提案してみるつもりです。結果は明日のブログでお知らせしま~す。
* Category : 家族
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
「粉末の寒天」って、そんなのあるんですか?
知らなかったなぁ!

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、粉末の寒天は昔からあって、お菓子作りをする人なら使っていると思います。

私は少しでも栄養素の吸収を抑えるためと、醤油の流れだし防止のために使っています。太り続けようとする身体と毎日戦っています。

個別記事の管理2013-09-14 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっきひやおろしを予約してくださったお客様が来店され、注文の銘柄2本に更に5本プラスし7本ものひやおろしを買っていかれました。
「凄いですね。」と唖然とするまかない婦にお客様は
「だって、祭りでしょう?」と返事を返されました。

「そうです、祭りです。」 ここにまかない婦と同じ酒飲み心を持つ人を見つけました。ひやおろしのキャンペーンはまさしく日本酒好きの祭りです。

お客様が買っていかれたのは手取川、獅子の里、奥能登の白菊、谷泉、神泉、ほまれ、宗玄です。予約されていたのは獅子の里と白菊で、他のものはお勧めは無いかと聞かれ提案したものです。

特に手取川は「最後の一本です。私もまだ飲んでいないんですけど・・・よかったらお買い求めください。」と惜しい気持ちを漂わせながらお勧めしました。

「本当に買っちゃって良いんですか?」と笑いながら聞かれたお客様に嫌ですとも言えず、手取川の最後のひやおろしは御嫁入していきました。

さようなら、手取川純米大吟醸ひやおろし。今年は飲めなかったけどまた来年・・・

それにしても12本入りを一箱仕入れたはずなのになんで1週間で売り切れちゃうのかな?うちの店にそんなにお客さん来たか?大体12本仕入れたはずなのに10本しか見当たらないのはどうして?どこかに紛れちゃってるのかしら?

惜しむ気持ちで、当社で一番寒い冷蔵庫の中を迷子になった手取川のひやおろしを探し求めるまかない婦ですが、一向に出てきません。おかしいです

今年は手取川の秋純米も飲みそびれました。毎晩正体無くすまで飲んでいるのにこの有様です。もたもたしてはいられません。とりあえず今晩は売り切れてしまいそうなひやおろしをゲットしてくるつもりです。

さてさて、酒の飲みすぎか、老化現象か、はたまたもともとの骨の奇形のせいかは分かりませんが、首や肩周りがゴチゴチにこっています。

しかし、このコリを何とかしてくれそうなアイテムがあるのです。かっさという石でできたプレートで、どうやら顔のマッサージのために妹が購入したもののようです。

ですが、顔より首や肩が重傷です。これでマッサージすると力を入れても手でやるほど痛くなく、とても気持ちが良いのです。

妹が酒屋に置いていったかっさで昨日首や肩を重点的にマッサージしました。気持ち良かったです

しかし、今日になって義妹に指摘されました。
「あんた、その首どうしたん?」どうもしないがマッサージはした。
「赤くなってるよ。やり過ぎでしょう。」言われてみてみると薄っすらと血がにじんでいるような・・・オヤオヤやり過ぎな感じ?

あまりの快適さにこすり過ぎちゃったようです。

何でもかでもついついやりすぎてしまうまかない婦、首の擦り傷はその戒めとして心に留め置くことにします。

さて、明日明後日の連休でまた好きな本でも読みますか?妹の友人のN子さんに勧められた奥田英朗のサウスバウンド、今日ようやく見つけて買ってきました。有川浩さんの阪急電車や、今野敏さんの隠蔽捜査5も読み終えました。

この二冊も勿論面白くて何度も読み返しましたが、有川浩さんの植物図鑑は最高にはまり、4回ほどは読み返したでしょうか?採った野草を料理するところも面白く、のびるのパスタは絶対作りたい料理になりましたがのびるの出る春まで待たなければならないのがちょっと待ちきれない感じです。

それでは皆様良い連休をお過ごし下さい。
* Category : 日常生活
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by やまねこ
「首や肩周りがゴチゴチにこっています」とのことですが、
柔軟体操か何かそういうことはなさらないのでしょうか。

かなりキツイお仕事のようですから、何かそういうことも考えられたらいかがでしょうか。


Re: タイトルなし * by まかない婦
やまねこさん、実はまかない婦とその兄弟たちは首の骨の生理的湾曲がないいわゆるストレートネックです。どうやら生まれつきらしく、この状態は首の筋肉を痛めやすいそうでいろいろ努力してもかなり難しいのです。
それでも整体院で教わったストレッチなどもやってはいるのですが・・・
今、このかっさという石にわずかな希望を感じています。

個別記事の管理2013-09-13 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日の午前中昼食用意の調理を続けるまかない婦の横で義妹とまかない婦の母が昔話をしていました。この話耳にが出来るほど聞かされています。

まかない婦が中学生の時だったと思います。参観日に母はたいそうおしゃれをしてやってきました。今は年とっちゃいましたが昔は美しい人だったmy母。ひいき目を抜いてもかなり目を引くピカピカお母様です

その母を呼び止めたのはまかない婦の担任の先生でした。
「おかあさん、お願いがあるのですが・・・」
「何でしょうか?」
「娘さんにズックを買ってやってください。」
母がまかない婦の足元を見ると、学校の内履きがひどく破れ、つま先とかかとがかろうじてつながっている悲惨な履き物を履いているのが見て取れました。
「なっ、何で・・・?」

なまじピカピカにおしゃれしていたため母の恥じ入りは大変な物だったらしいです。まかない婦的にはとりあえずまだ履けているという認識でした。つま先かかかとの部分のどちらかが上下はずれてしまえば当然履けなくなるのでそれまでは履くつもりです。

別に不自由も感じていませんでしたし、恥ずかしいとも思っていませんでした。ある意味のチャレンジです。まかない婦いろいろな意味での実験が大好きな子供でした。

あと、やっぱり本が好きでしたね。小学校の図書室の本はほとんどすべて読んだと思います。読むものが無くなって『金田一京助という言語学者が樺太へ行ってアイヌ語をどうやって理解していったか』などというおよそ小学生が読むはずの無いような本まで読み漁りました。

今でも覚えていると言うことはそれなりにおもしろかったのでしょう。

あまり本ばかり読んでいたので、いつも両親に叱られていました。叱られないように押し入れや炬燵の中などに隠れて本を読んだのでひどいド近眼になりメガネをかけなければならなくなってしまいました

その時母に言われた言葉が忘れられません。

同級生に二口さんという綺麗で頭が良くて優しいという奇跡のようなマドンナが居ました。その子もメガネをかけていましたが、メガネをかけていてでさえ美しさは損なわれてはいません。

母は「あんたは二口さんと違うんだから。」と言って、メガネをかけたまかない婦にダメ出しをしたのです

二口さんと違うことなど今更母に言われなくても分かっています。でも、いくら外見を気にしない人間とは言えその言い様は人を刺しますよお母様。現に何十年たっても忘れていませんうらめしや・・・

外見の事で傷ついたことは大人になってからもありました。最初に就職した血液検査センターの同僚の男の人に「バス停で顔は可愛いけど足が物凄く太い女の子がいて柿(その職場でのまかない婦の呼び名です)かと思ったよ。象の足みたいに足首が無いんだ。」パオーン、殴るゾウ!

まかない婦確かに今でも足首と言うくびれ部分は有りません。でも象ではないゾウ。(あっ、中安さんの親父ギャグになってる。うつったか?)

それからまかない婦がその血液検査センターで働いていたときの同僚で今でも親しく付き合っている富ちゃんという女性がいるのですが、自分が結婚した後何人もの男の人に「この子一度もデートしたことが無いからデートしてやってくれ。」とまかない婦をおっつけようとしたのには辟易しました。

まかない婦この歳になってさえ人見知りの激しい性格です。知らない人とどこかへ出かけるなどストレス以外の何物でもありません。良かれと思ってやっていたのか、いじめなのかは分かりませんが余計なお世話であったことだけは確かです。

あ~、何かグタグタ取りとめも無いことを書き散らかしてしまいましたね。今日はここらで失礼します。ホナ、また明日

* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-12 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日とても忙しくてブログを書く時間もありませんでした。トロ箱2杯の小鰯を調理し、その後ズイキの皮むきをしていたら酒屋へ交代に行く時間を軽くオーバーした上、手がアクで真っ黒になっています。

その後酒屋へ行くと立て続けにお客様が来られびっくりしました。家の酒屋はそんなにお客様の来る店ではなかったはずだが・・・

やっぱり今ひやおろしが一斉発売になったばかりなのでお客様の購買意欲も上がっているのかしら?

まかない婦やその妹は毎晩違うひやおろしを買って楽しんでいます

さっき今晩のひやおろしをチョイスする妹の背中を見てお客様が感心していました「真剣だ!」気迫のこもった酒飲みの後姿は一般ピープルの理解の外の姿だったようです。

話は変わりますが昨日、山小屋奥様のかおりさんからお花が届きました。

IMG_0896_convert_20130912190824.jpg
これです。凄く可愛い寄せ植えの花です。

「いつもありがとう」のメッセージが付いていましたが、お世話になっているのはこちらの方なのに何故にのお花です。多分この前のパエリア祭りのときに後片付けなどの手伝いをしたことへのお礼・・・なのでしょうか?

でも、ただで泊めてもらってご飯もいただいてまったく手伝わなかったらそれこそ変でしょ?

花はとても素敵なので酒屋に飾らせてもらうことにしました。でも、まかない婦も妹も園芸には疎いのでいつまで素敵なままでいられるのか自信がありません

嬉しいけれど少し戸惑っています。お礼のお礼をするのはNGでしょうか?

何か美味しそうなものでも弥四郎小屋に送ろうかしら・・・不惑の歳をとうに過ぎているのに迷うことばかり多いまかない婦です
* Category : 柿市商店
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_ju さん、どうもそのようですね。変換ミスです。すぐに直します。

いつもありがとうございます。


個別記事の管理2013-09-11 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

最近どうも外国人のお客様が増えているような気がします。酒屋には元からちらほらといらっしゃっていましたが、とうとう八百屋のほうにも外国人のお客様が来店し、まかない婦は店番の女子社員に助けを求められました。

「フランス人です。」  ちょっ、ちょっと待ってよ、英語ならまだしもフレンチはダメだよ。
「英語少しだけ話せると言っています。」そ、そんならとりあえず行ってみるか・・・

店先に立つフランス人のお客様。どうやらディスプレイしてあった小さな果物の盛り合わせが手ごろな値段なら欲しいようです。大丈夫、ちゃんと英語で話が通じます。

しかし、まかない婦に果物の正確な値段はあまり分かりません

そこで予算を聞いてアレンジできると伝えたかったのですが、つい昔インドを旅行していた時の癖で「ユー ハウマッチ?」とやってしまいました。これでは話も通じません。

インドではこの形式で買い手と売り手が値段をおり合わせていきます そんなつもりで言ったのでもないのですが、明らかに相手が引いていました大丈夫、まかない婦インド人ではありません

もともと英語が堪能なわけではありませんし、とりあえず喋ってみるという取り組み方です。結局大体の金額を告げると、納得したようなので本社ビル4階のギフト部門に連れて行き、同じような籠盛りを作ってもらいました。

その際、どうやらまかない婦は英語ペラペラという評価をギフト部門の人たちが下したようです。とんでもないことです。伝えたいことの半分も通じていません。

しかし、言葉が通じないというのはかなりもどかしいものですね。それでもまかない婦最初と2度目の海外旅行はサンキューとハウマッチだけで乗り切ったのですから、度胸だけは大したものです。ま、言葉なんてわかんなくても話が通じることの方が多いものです。ホテルのフロントの前に立てば、多分その人はそのホテルに泊まろうと思っているはずです。

要はやる気ですよね。まかない婦の妹のように外国人のお客様が来るたびにビビッていては売れるお酒も売れなくなりますパニッパニッ!

最近の日本人のお客様が塩サイダーぐらいしか買わないことが多いのに、香港の旅行客が5000円クラスの大吟醸をポンポン買っていったのを見てもう少し外国の方に声をかけていこうかななどと思っています。

先日いらっしゃった2人連れの外国の方もけっこう長い間店に居たのに声をかけなかったのは不親切だったかしら?でもゆっくり選びたい人もいるのでそのあたりのチョイスが難しいところです。

とりあえずはもう少し積極的に行こうかしら?そんなことを思っている今日この頃のまかない婦です
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-10 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日まかない婦が酒屋に居るところに義妹がやってきて「今日のブログは決まったぞ。」と言うのです。

何のことかと聞いてみると、あるベテラン社員のちょっとオチャメなお話でした

9月8日の日曜日『金沢城下町ハーフマラソン』という催し物があったようなのですが、その3.3kの部に当社社員菱田さんが出場しました。

IMG_0895_convert_20130910182857.jpg
結果は8位だったそうで地方紙にも出たのですが、彼朝ごはんを食べに来たときにその新聞の自分の名前のところを緑のマジックで囲っていったらしいのです。

IMG_0892_convert_20130910182928.jpg
これです。ちょっと笑ってしまいました 自分で囲っていったのですよ。しかも誰にも何も言わずに。

こんなまだるっこしいことをせずとも、「俺8位になったんだ。」の一言で済む話ではないでしょうか?

本人曰く「だって、前ハーフマラソンで3位になったのに誰も気付いてくれなかったから・・・」だそうです。ここにも地味にユニークな社員が居たというわけです。

柿市商店無限の可能性を秘めた会社かも?その可能性が良きことであれかしと願うばかりです
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-09 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

実は先日のブログの中に間違った情報がありました。

IMG_0850_convert_20130902191622.jpg
尾瀬の弥四郎小屋『パエリア祭り』で巨大な壁を下りるビギナーの手助けをしていた石井君のお店を桐生と書いたのですが、伊勢崎市だそうです。友人から間違ってるぞメールが届きました。

正しくはドリームボックス石井スポーツです。http://homepage3.nifty.com/ishiidreambox/こちらがアドレスですが「ドリームボックス石井」で検索すれば彼の店のHPに簡単に行きつけます。どうぞよろしゅうに

さて、この石井君先日何年振りかで会ったのですが、ちゃんとまかない婦の顔を覚えていて挨拶をしてくれました。礼儀正しい人です。

スポーツマンなのに妙に色白でしょう?不思議ですよね

彼、パエリア祭りの2日ほど前に入籍したばかりだと言っていました。結婚式はどこぞの高いお山の上でするのだそうで親戚の方々も大変ですね。てか、行かねぇか?

山小屋仲間の内でももっとも社会復帰(山小屋では下界で定職に就いた人を社会復帰した人と言っています)した人でさえこの有様です。山で働く人たちにいかに変人が多いか推して知るべしです

まかない婦も周囲からは変わっているとよく言われますが、山小屋仲間の中にあっては至極まっとうな部類です。

中には一流大学を卒業し、一流企業に勤めていたのにそこを辞め、尾瀬で働いた挙句プロレスラーになりたいと言い出しプロテインを飲みながらメキシコだかブラジルだかに行ってしまった人さえいます(これは尾瀬小屋で働いていた人ですが、彼の妹は弥四郎小屋で働いていました。)。

まあ、山小屋でなくても当社柿市商店などでもかなりの変わり者はいますから山小屋従業員だけを特別変わっているというのも当たっていないのかもしれません

金沢も結構涼しくなって秋の限定酒ひやおろしが順調に売れています。仕入れた24銘柄のうち早くも2アイテム完売してしまいました。奥能登の白菊さんの純米大吟醸と、手取川の秋純米です。白菊は4合瓶で2700円と結構お高いのに売切れてしまったと言うことはファンが多いのかしら?

手取りの秋純米は4合瓶は売り切れましたが、一升瓶が数本残っています。

まかない婦は昨日のうちに白菊の純米大吟醸は買って飲んだのでギリセーフです 勿論美味しかったですよ 

でも、手取りの秋純米はまだあると思っていたので飲むことができませんでした。がっかりです

今年例年のひやおろしの銘柄を変更してきた蔵が何件かあります。大吟醸だったものを純米吟醸に変えてきたり、本醸造だったものを純米酒に変えてきたりと色々ですが、この一斉キャンペーンが始まる前からひやおろしを発売していた蔵はもともと2銘柄は持っていらっしゃったのでキャンペーン品以外のものを飲んでみるのも楽しいですね。

何やかやとまだまだひやおろしで楽しめそうですが、すぐそこにボジョレーヌーヴォの足音も聞こえています。気ぜわしいことですが、これもまた楽しそうですね。

酒とともに生き、酒とともに果てる覚悟のまかない婦、生あるうちは飲んで飲まれて・・・これもまた幸せな生き様かもしれません
* Category : 山小屋
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
「酒とともに生き、酒とともに果てる覚悟のまかない婦、生あるうちは飲んで飲まれて・・・これもまた幸せな生き様かもしれません」

本当に幸せですね。
ひょっとしたら、まかない婦さんは「白楽天(酔吟先生と称されました)」の生まれ変わりじゃないでしょうか。

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、飲んで強くなる酔拳の達人や酔吟先生とは違い、ただグタグタと酔い崩れていくだけですが良い酒と美しい酒器に心が癒されるのは確かです。

特に今はひやおろしのオンシーズンなので酒飲みには楽しい季節です。

個別記事の管理2013-09-08 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨晩一斉発売されたひやおろしをいただきました。獅子の里さんの純米吟醸ひやおろし『絆』です。勿論美味しかったですよ。香りは控え目ですがよく熟れたマスクメロンのような味がしました。日本酒好きに幸せをくれるお酒です。

獅子の里さんのお酒を選んだのは今月の当社HPのトップに持ってきたお酒だったからです。飲まずにコラボした料理を作ることはほとんどないのですが発売前だったので以前に飲んだ人のコメントを見て料理も決めました。だからどんなお酒かとても気になっていたのです。

良かった~!外れてなくて

さてさて、遅ればせながら今日は先日尾瀬の弥四郎小屋で催された『パエリア祭り』の後編、謎のベリーダンスのご報告です

なぜパエリアにベリーダンスが付いてくるのか一向に分かりませんが、このために弥四郎小屋前には立派な舞台まで作られていました。ロープで降りるだけのために作られた巨大な壁と、一夜限りのベリーダンスのための舞台を大工さんに来てもらって作ったのです。

この遊びに掛ける並々ならぬ執着はやはり小家主の良一さんのキャラでしょうか?一緒に働いているときには時に辟易しましたが、こうして離れて見てみるとアッパレとすら思う子供心の持ち主ですダツボー

実は以前のパエリア祭りの映像でてっきりフラメンコだと思っていたのですが、衣装が違いますよね。

IMG_0869_convert_20130902192203.jpg
3人のダンサーです。どうやら『パワフル マドンナ』という方々らしいです。まかない婦せっかくなのでかぶりつきで観てしまいました。

IMG_0873_convert_20130902192230.jpg
迫力のベリーダンスが始まりました。

IMG_0874_convert_20130902192259.jpg
失礼ですが結構な年配の女性ですが、スタイルといいダンスといい素晴らしかったです。

重ねて失礼なことを言わせていただけばもう1人の方のポヨ腹が気になりました

IMG_0878_convert_20130902192325.jpg
3曲ほど踊っていただきましたが、2人で踊っていても振りは全く違うものなのですね。やはりメインキャストの踊りから目が離せません。

IMG_0879_convert_20130902192351.jpg
最期は観客も舞台に上がって皆で踊っていました。まかない婦も踊るとみられていたようです。なぜなら昔インドで買った薄手のショールを防寒のために羽織っていたのですが、小雨が降ってきたので謎のインド人のように頭からかぶり怪しのおばさんになっていたからです。

踊りませんよ。見た目とキャラは違います。

IMG_0882_convert_20130902192421.jpg
最期にみんなで記念撮影もしました。

この後怒涛の後片付けが待っていましたが、薄々わかっていたことなのでお役にたてて良かったです。

翌日朝から舞台や巨大な壁を男の人たちみんなで解体していました。一夜の夢のようなイベントは本当に楽しかった(後片付けも含めて)

また来年も行きたいと思っています。

IMG_0885_convert_20130908143012.jpg
後片付けのお荷物を2人の背負子さんが背負って帰ります。一番上の寸胴鍋に人が入れるほどの大きさです。下げ荷がこんなに重いのは珍しいのでは?ご苦労様です

IMG_0887_convert_20130908143358.jpg
ベテランの浜村さんはパエリアパンを運びます。「60kぐらいかな~?」なんて言っていました。

IMG_0886_convert_20130908143200.jpg
パエリアパンが先行で後行は寸胴鍋です。左奥に浜村さんの後ろ姿も見えています。本当にすごいです。

この日まかない婦は結構快調に歩くことが出来ました。帰り道は荷も軽くて背負子さんでなくてよかったとしみじみ思いました。

また来年!!絶対行きたいパエリア祭りでした。
* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-07 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日石川県では秋の限定酒『ひやおろし』が一斉発売されました。

IMG_3729_convert_20130907161740.jpg
ジャーン!当店の品ぞろえはこれで~す。本来のひやおろしキャンペーン品は27銘柄ですが、当店ではキャンペーン品では20銘柄、キャンペーン以外のひやおろしは3銘柄、そのほかひやおろしと同じ条件で秋に出荷されたお酒が1銘柄、合計24銘柄を揃えさせてもらいました。

昨日のごご2時半ごろに430本を超す酒が入荷してきました。妹は酒屋の店番をしなければならないのでひやおろしの仕分けはまかない婦1人でやります。

上の写真はあくまで店売り分なので予約の付いたひやおろしは当社で一番冷える冷蔵庫に保管してあります。

お客様ごとに仕分けて仕舞い込んだり出荷したりにおよそ3時間かかりました疲れたよパトラッシュお前もだろ・・・

一夜明けた今日までも疲れ果ててヘロヘロです。これは山歩きよりはるかに疲れました

でもこうやって並んだ酒を見るとやっぱり嬉しいですよね

今日は今月の当社HPトップに使った『獅子の里さんの純米吟醸 絆』と『谷泉さんの特別純米酒』を買ってきました。両方とも今年から違う酒に変わっていたので興味深々というところです。

コメントはまた後日お知らせするかも・・・初しぼりの時は買い入れた酒をすべて飲み、自分の中でトーナメント戦を開催し、ランク付けしました。結構楽しかった

今は過剰労働と読書が祟っての寝不足でフラフラなので少し飲みすぎてもまずいことになりそうです。

有川浩さんの『植物図鑑』があまりにも面白くてとっくに読み終わったのに何度も読み返しています。お話の中ののびるのパスタはどうしても食べたいし作ってみたい一品です。

大好きな今野敏さんの『隠蔽捜査5』はせっかく遠出して買ってきたのに、まだ手もついていません。『植物図鑑』の前は『半落ち』を読みましたが、電車の中で読んでいてうかつにもラストで泣きそうになってしまいました。

映画化されているのでそちらも見てみたいとは思いますが、本を読んだ後に映像を見るとがっかりしてしまうことがあるので少し迷っています。

今野敏さんの作品からアイリッシュウイスキーのブッシュミルズに魅かれ、いまは有川浩さんの作品中に何度か出てくる馬路村のポン酢にロックオンしています。いえ、すでに何度か買って使っていますが、も一度じっくりと味わいたいと思います。

こう見ると売れっ子の作家さんって力がありますよね。愛語は回天の力を持つ、ですか・・・

酒は旨いし、本はおもしろいし、当分ヘロヘロ状態が続きそうな悪い予感がする今日のまかない婦でした
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-06 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋を店じまいしていた時のことです。ボトッ!と音がして閉めようとしていたロールカーテンから何かが落ちてきてまかない婦の右肩に落ちました。

なっ、何っ?

有ろうことかまかない婦の右肩に小さなカエルがのっています思わず悲鳴が出そうになりましたが、大人の女としてはここがこらえどころ グッとこらえてカエルを睨みつけます

しかし、この肩乗りガエル動じた様子もなく肩に張り付いています。しかも全身びしょ濡れです。雨か冷や汗か、失禁かは知りませんがまかない婦のハワイ土産のTシャツまで濡れてしまいました。

キモイげんて!手で追い払うふりをしたらようやく肩から降りましたがピヨンコピョンコと店の隅に逃げていきました。

カエルは去ったけど右肩の不愉快さは着替えるまで続きました。嫌~な感じを妹におすそ分け 「店の中にカエルが居るぞ!」の置手紙を残し店を後にしました。

まかない婦喜びも悲しみも分け合うタイプです

ではではまた明日
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-05 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっき酒屋に「柿市ホームページをいつも見ています。」とご夫婦連れのお客様がいらっしゃったそうです

どんなお店なのか見てみたかったとおっしゃっていたと聞いてわが母が「ダラなことばっか書けんぞ!」(馬鹿なことばかり書いてちゃダメだよ!)と言うのですが、ダラなことしか起こらないわが社の中でそれ以外のネタをどう拾えば良いのか教えてほしいです。

そんなわけで今日もダラなことを書いちゃうまかない婦です。

さて、皆さんお気づきかどうかわかりませんが毎月当社のHPは月初めに更新されます。地酒のページと柿市こぼれ話、ミニ知識とレシピのページではその月旬のものが分かりやすく色分けされます。

勿論その月のお勧めの酒と加賀野菜をコラボさせたオリジナルレシピも写真付きで紹介しています。ちなみに今月は獅子の里さんのひやおろし純米吟醸『絆』に合わせて加賀蓮根を使った蓮蒸しを作ってみました。

IMG_3691_convert_20130905162858.jpg
これで~す。

そしてまかない婦の妹が担当している地酒のページに使いたいので、今年の新年会のハイライト『金髪ヅラをかぶった謎の新人』の写真がないかと妹に聞かれました。勿論持っていますフフフ

常に拾えるネタは拾っていこうとまかない婦のポケットにはデジカメが忍ばせてあります。そんなわけで写真はありますが・・・あの写真使っても良いのかな?なんか使っちゃいけないような・・・

とにかく使うなら本人の承諾を取ってからでないと非常に不味いと思うと妹に告げると、驚くべきことに了解を取ってきました。

えっ?本当にいいの?

IMG_0289_convert_20130905163513.jpg
確かに顔は分かんないけど・・・

IMG_0290_convert_20130905163645.jpg
これ本当に出していい写真?何か出てはいけないものが少し出ちゃっているような・・・

いいのぉ~?

本当のところまかない婦のデジカメにはもっともっとすごい写真が満載です。あれも、あれも出しちゃいたいけど出せません。物には限度があります。

そう言えば金沢でもとうとういけない写真がネットに流出して閉店したお店が出ました。全裸の男たちがギョーザを喰っている写真のようです。

ネットって怖いねぇ

まかない婦もどうせ親戚しか見てないなんて高を括っていると痛い目に合うかも・・・自重します
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-04 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。金沢今日も雨が降っています

それでも昨日よりはましですか?なんせ昨日は傘を差していたのにほんの20m程の距離歩いただけで全身ずぶ濡れとなり、上から下まで着替えなければならないことになりました。ここのところひどい天気が続きますね

でもテレビを見ると竜巻の被害にあった街の様子が映し出され、金沢程度の雨で文句を言うのもはばかられます。本当に大変な被害ですね。お見舞い申し上げます。

さて、今日も昨日の続きをと思っていたのですが、今日という日が祖母の祥月命日なのでやはりその話題をスルーすることはできません。

一番最初に従兄弟からお供えの菓子が届きました。毎回送ってくれるので恐縮しています。祥月命日を迎えるに当たり自分でもアレンジフラワーを1つ花屋さんにお願いしてきました。

昨日今日と叔父や叔母達から次々に花が届き、菓子やローソクなど心づくしの品が仏壇の前に供えられていきます。

IMG_3712_convert_20130904144203.jpg
今日ばかりは仏壇の花も立派です。

IMG_3711_convert_20130904144137.jpg
IMG_3713_convert_20130904144226.jpg
IMG_3714_convert_20130904144249.jpg
新仏が居るかのような仏間の花です。

IMG_3720_convert_20130904170200.jpg
祖母は美しい物可愛いものが大好きだったのでこの小さなゼリーを買ってきました。石川県の珠玉のぶどう『ルビーロマン』を使ったお菓子です。実物はこの写真よりほんの一回り大きいでしょうか?これで一個1050円です

他にお寿司も買ってきました。本当なら今晩は出前のお寿司を取って祖母を忍んで皆で宴会をするところですが、残念ながら今日はいつものお寿司屋さんの定休日です。それにあまりにひどい天気なのでちょっと・・・

今晩は母と2人で鰻を食べることにします。祖母は鰻が大好きでした。まかない婦と母は鰻が好きというほどでもないので多分食べ残して明日はうざくになるでしょう。

そう言えば鰻が高いですよね。庶民にはなかなか手の出ない値段になっています。今日買ってきた鰻は店で一番小さい奴でしたが、それでも2800円です。特に好きというほどでもないおかずに払うにはちょっと高すぎる値段ですよね。

雨が降り始める前に母と叔母が墓参りに行ってくれましたが、今日は先日以上の蚊の大群に襲われ2人ともデコデコみたいですよ。まかない婦の防虫ネット貸してあげればよかったかな?

IMG_0806_convert_20130729180050.jpg
これこれ ま、防虫リングはあまり役に立たなかったので被り物だけでもね。

まかない婦のほうもいつもどおり山で虫に沢山食われて体中アンパンマンのムヒパッチだらけです。この歳でアンパンマンは辛いけど、あるものは使わねばデス。

それにしてもひどい雨です。雨に濡れたせいでしょうか外はかなり薄ら寒く、ついさっきお燗用の日本酒を近所に住む同級生が買いに来ました。それも悪くないなという感じです。

一雨ごとに暑さが洗い落とされて少しずつ冷涼な秋の空気になっていくようです。今度の土曜日9月7日には秋の限定酒『ひやおろし』の一斉発売です。一日に何百本も入荷してくるので嬉しいような怖いような・・・

やっぱ、楽しみかなぁ

よろしかったら皆様もお気にかけてくださいませ。ではでは、また明日





* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-03 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。今日は昨日の続き尾瀬弥四郎小屋でのパエリア祭りの様子などお知らせしようかと思っています。

数年前から始まったこのパエリア祭りは片道徒歩3時間の山小屋で巨大パエリアパンでパエリアを作り食べると言うなんとも無茶な催し物です。しかも何故だかのベリーダンスのパフォーマンス付きです

まず開会の後色々楽しいチャレンジがありました。

IMG_0858_convert_20130902191924.jpg
『背負子さんの荷物を背負ってみよう』の50kgです。

IMG_0860_convert_20130902191954.jpg
こちらは80kg、バランスをとるのが難しいそうです。背負って歩いてみた猛者が2人ばかりいました脱帽です。

この後ろの巨大ウオールはロープを使って降りてくるため、それだけの為に作られました。上には桐生の石井スポーツの石井君がチャレンジャーのサポートをするためにスタンバっています。

IMG_0855_convert_20130902191753.jpg
指導中の石井君と指導を受ける山ちゃんのダンナ曜さんです。

IMG_0856_convert_20130902191822.jpg
降りてくるところです。やった人はみんな楽しいと言っていました。まかない婦も少しだけ心が動きましたが『自己責任』の4文字が頭から離れないのでやめておきました。まかない婦の運動音痴ときたら国宝級です

このほかに綱渡りのようなこともやっていました。

IMG_0861_convert_20130902192026.jpg
さてとのパエリアです。この鍋で3回は作ったと思います。他に江戸時代の棺おけほどの寸胴一杯のスープです。作っているのは前橋のレストラン『エルヴィエント』のシェフです。

IMG_0864_convert_20130902192101.jpg
こちらはシーフードパエリアです。何種類かありましたが美味しかったですよ。特に香りがすばらしいです。まかない婦ダイエット中なのに3杯ほど食べてしまいました。

IMG_0851_convert_20130902191655.jpg
バーもあって子どもバーテンダーがモヒートを作ってくれました。お代は100円以上のカンパです。他にスペインワインもありました。沢山飲みたかったけど自分の友達が背負ってきた酒が沢山あるので控えめにしておきました

このほかに弥四郎清水で冷した野菜やチョコフォンデュなどもやっていました。

IMG_0867_convert_20130902192133.jpg
チャリティじゃんけん大会です。7回ほどやったのですがまかない婦はほとんど最初で敗退それに比べ貰う人は何度も景品をゲットしていました。・・・なんで?

さてさて、今日も長くなってしまったのでここまでにしておきます。明日はこの後披露されたベリーダンスのお話になるかな?

ホナ、お楽しみに


* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-02 (Mon)
ただ今戻りました、まかない婦です。

3日間のお休みをもらい遊びに行った古巣の尾瀬弥四郎小屋から帰ってきました

台風が来ると言う噂でしたが天気は悪かったものの台風というほどの物でもありませんでした。ただ登山口の鳩待峠ではドン引きするような土砂降りで『尾瀬探訪』のどこぞの中学生の引率の先生方が半べそかいたような顔で対応に追われていました

そんな中、売店の軒先を借りて嬉々として登山準備をするまかない婦はダークな方々から浮いていました。靴下を登山靴用に替えたり、日焼け止めを塗ったりテープを貼ったり(こんな大雨でそれが必要なのかちょっと戸惑いましたが、念のため)、トレッキングポールを調整したりと歩き始める前にすることはたくさんあります。

そうしながらも軒先にも横殴りの雨風が噴きつけまかない婦を濡らしていきます。でもそんなには気になりませんどうせ汗でぬれるのだから雨でぬれても同じこと、ゴアテックスの雨具は常に仕事用に店に置いてあり、山歩きに持ってきたことはありません。雨に濡れるのもさほど嫌いではありません。

そして大雨の中、雨具も付けず傘も差さずにごく普通の時代遅れのウエアで出発したまかない婦を驚愕の目で見守る沢山の人の目を背中に感じながら鳩待峠のゲートを通過しました

この雨で一番きつかったのは鳩待ちから山ノ鼻までの下りでした。普段なら40分くらいで下りるところ1時間ほどもかかってしまったのです

木道が雨で滑るのは当たり前ですが、その手前の石組みの階段の方が厄介でした。木道は滑りやすい個所がある程度ですが、石はほぼ100%ズルズルでどの石に足をのせても滑ります。杖を突きヨチヨチと小刻みに歩みを進めるまかない婦でしたが大雨の中後ろから来る人の気配は皆無でした。

本当なら友人のすーちゃんと一緒に来ていたかもしれなかったこの道を1人で来ることが出来てラッキーでした。こんなみっともない歩きを見られれば恥ずかしくって居ても立っても居られないところです

それほど無様な歩きでしたが、踏み外して転んだり足を傷めたりするわけにはいきません。尾瀬にも山の掟があります。『自己責任』自分の不始末は自分で何とかしなければなりません。不始末をしないようにまかない婦は細心の注意を払ってヨチヨチ歩きをつづけました。

結局山ノ鼻までは反対方向からやってくる人たちにたくさん会いましたが、山ノ鼻から見晴地区の弥四郎小屋までの間出会った人はたった一人だけ。信じられないほど無人です。孤独な一人歩きでしたが山ノ鼻からはほぼ平坦な木道なのでもう滑る心配もせず普通に歩けたのは嬉しかったです。

弥四郎小屋に着くと今年の従業員の男の子が「お帰りなさい。」と、人懐っこい笑顔でまかない婦を迎えてくれました。自分には自宅以外にもそうやって迎えてくれる場所があることが嬉しくて心がふわりと緩みます。

2階の窓からは古い友人の山ちゃん一家4人が手を振って迎えてくれました。何年ぶりかしら?子ども達の成長に過ぎた月日を感じますが山ちゃん夫婦は昔と差ほども変わらぬ・・・ん?そうでもないか?旦那の曜さんは頭を丸め、昔よりかなりスリムになっています。

さて、この後の話はまた明日にでもするとして、せっかくなので今回撮ってきた風景写真と花の写真だけアップしておきます。他はまた後日と言うことで・・・

IMG_0826_convert_20130902182914.jpg
尾瀬ヶ原のど真ん中、牛首です。人っ子一人いませんがこんな絵は珍しいはずです。どんな雨降りのときもここではお約束のように休憩している人がいるポイントです。

IMG_0828_convert_20130902182944.jpg
既になにやら紅葉していました。景色もすっかり秋です。

IMG_0829_convert_20130902183022.jpg
木道脇ではススキが目立ちます。

IMG_0844_convert_20130902183146.jpg
まかない婦より背の高いススキが風に激しく揺れていました。耳元でビョービョーと風が鳴っていました。

IMG_0838_convert_20130902183113.jpg
ススキの後ろでは山にかかる雲も早く流れています。

IMG_0888_convert_20130902182809 - コピー
大きな地塘には羊草の葉がびっしりと浮いていますが羊の刻ではないので花はつぼみのままです。羊の刻に尾瀬ヶ原を歩いてきたすーちゃんは今までで一番沢山咲いていたと言っています。

IMG_0835_convert_20130902185423 - コピー
ちっちゃな白い花を寄って写してみました。どうやらウメバチ草のようです。

IMG_0837_convert_20130902185454.jpg
つぼみもちっちゃくて雪だるまのグーみたいです。

IMG_0840_convert_20130902185526.jpg
よく見かけるレースのような花です。

このほかトリカブトの花も目立っていましたがとにかく風が強くてどうしてもピントが合いませんでした。残念です

今日はここまでにしておきますね。ほんじゃ、また明日

* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |