FC2ブログ
個別記事の管理2013-08-10 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日当社女子社員の息子さんが甲子園へ選手として出場したのですが、一回戦で敗退しました。子供のころからの夢だった甲子園だと言っていましたが残念です。

でも、夢の甲子園にとりあえずは行けたわけですから一生の思い出として残るでしょう。

実は当社の社長も高校生の頃甲子園に行きました。ですから今でも大の野球びいきです 彼の事も随分応援していたようです。

今日など仕事をほっぽり出して母と義妹と3人でずっとテレビ観戦です。いいのかそれで?いくら応援したいと言っても今日は結構会社も忙しかったはずです。きっと他の社員達も見たかっただろうに・・・

それはさておき甲子園って独特の雰囲気がありますよね。あの音楽と暑さ、声援、応援する人たちの熱狂振りや落胆する様は正に異次元ワールドです。

まかない婦も弟の応援に一度甲子園までいったことがありました。でも雨が降って試合が中止になったのでそのままそのバスで金沢に返ってきたのです。

この頃からすでに雨女だったのかも・・・

そうそう、甲子園で球児たちが土を持って帰るところを見たことがありませんか?うちの社長ももって来ましたよ、結構どっさり。あんなに何人も土を持って帰るので甲子園の土はしょっちゅう補充されているようですね。グランド整備の方々も大変です。

悪く言えばどこの土だか分かったもんじゃないというところですが、そこで流した汗や涙の染みたその土は球児たちにとって思い出の証人と言ったところでしょうか。

とにかく今日彼とその母の暑い夏は終わりました。第一試合だったので応援のバスは多分恐ろしく早い時間に出発したことでしょうから帰りは静かに眠りながら返ってきたことでしょう。

お疲れ様、燃焼し尽したかい?何にせよ一生懸命やったことってその人にプラスになると思います。

うちの社長だけでなく本当に沢山の人が甲子園に心を寄せて応援していたことでしょう。そんなことも人生の中で数あるものでもありません。良い経験をしましたね。

この後はゆっくり休んで、リスタートです。そこもまた色々な人が応援してくれることでしょう そんなことを思う今日のまかない婦でした。

スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

甲子園 * by 青太郎
御社長様は・・たすか・・
桜ヶ丘代表の甲子園球児ではなかったでしょうか?

先代社長が、バス3台貸し切りで応援になんて話を思い出します(^-^)