FC2ブログ
個別記事の管理2019-08-20 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

暑さもようやくひと段落したはずなのですが相変わらず水やサイダーなどがかなり売れています。

妹の発案で買った小型冷蔵庫が店先でお客様を誘っているようで小物の飲料はよく売れています。しかし、酒はあまり売れてないよね。

それでも出来るだけ温度を低くした当店の冷蔵庫は大型も小型も1℃に設定されていて、今飲め、すぐ飲め状態です。実際まかない婦も今ここで良く冷えたボックスワインの蛇口からドドドと冷えた赤ワインをグラスに注いで飲みたいところです。

でも今日かなり雨が降ったので本当に涼しくなりました。そろそろこっくりとした赤ワインなども良いかもしれません。

ああ、今日の晩御飯はウナギのかば焼きと冷えた焼き茄子なので日本酒ですよね。とりあえず冷蔵庫には獅子の里さんの大吟醸『愛山』が冷えていますが量的には足りないと思うので何かしら買って帰る予定です。

天狗舞さんの山廃純米大吟醸の新幹線ラベルが未だに売れ残っているのでこれを買おうかなとも思っています。同じお酒のラベル違いがあるのでそちらに『新幹線ラベルもあります』などと表記はしてあったのですが、やはりお顔の見えない商品を買おうというお客様は皆無と言っても良いでしょう。

まあ今はもともと季節商品のお酒というのも少ない時期です。時期的には秋のお酒が入ってくる手前なのですが、石川県では秋の限定酒『ひやおろし』が一斉発売になるのでなおさら直前の今は何もない状態です。

今年のひやおろしはどうかしら?えっ、と驚くほどおいしいお酒があってくれればうれしいのですがね。期待しています。
スポンサーサイト
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-08-03 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日知り合いの方が酒屋に来店されビールを一箱と日本酒を一本買っていかれました。

何でも能登の石崎出身の方だそうで有名な『石崎の奉燈祭り』のためのビールだそうです。

ということで熨斗を付けてほしいと言われました。ああ、熨斗ソフトがあって良かったよ。お祝いの字は筆が立つ叔母に書いてもらったものがあるけどお名前は熨斗ソフトでなければ無理無理(ヾノ・∀・`)ムリムリ

わざわざメモ帳に書いてもらってるのにすでにお名前の漢字を間違うという失態を犯しています。

というか字が汚すぎて熨斗書き出来ん人間よ私。

そういえば以前お客様とまかない婦でどちらが熨斗に名前を書くかでもめたことがありました。
「私字が汚すぎて書けないです。それにこれは自分で書くことに意味があるのでは?」何とかごまかそうとしましたがお客様も必死でした。
「自分より字が汚い人が居るわけがない。下手でも良いので書いてほしい。」

すったもんだの挙句お客様が書くことになったのですが出来上がった熨斗のお名前はやはり相当つたない感じでした。まかない婦とちょぼちょぼかな?まさか自分と同レベルの悪筆の人が居るとは信じられず押し付けて悪かったです。

今は熨斗ソフトのおかげで何とかなっています。ありがたやありがたや。

酒屋の店員としてちょっと・・・かなりダメダメなまかない婦であります。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-08-01 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

一昨日酒屋に新しい冷蔵庫が到着しました。といっても縦型スリムな小さな冷蔵庫です。

IMG_6836_convert_20190801185748.jpg
これですけど購入した一番の理由は近江町市場でイートインののちそばにこのような冷蔵庫が置いてあり、ビールやカップ酒などが並べられているのを見た妹がこれは良いのではないかと提案してきたためです。

それにもう一つの理由が毎年の初しぼりキャンペーンのお酒です。

これは300mlの容量なのですが20ほどの蔵から一斉に発売されます。毎年ほとんどの蔵のものを購入して冷蔵庫に並べるのですが他のしぼりたても豊富な時期なので後ろに回されたしぼりたてが全く売れなくなってしまいます。

それが悩みの種で来年は専用の冷蔵庫を買おうということになっていました。まあそれが前倒しになったということもあります。

冷蔵庫は一番上の段がカップ酒、その下が地酒の300ml、その下が缶ビールでさらにその下の段には地ビールとハイボールの缶、一番下の段は加賀棒茶や水のペット、地元のサイダーの瓶などが陳列されています。

上から二段目と三段目が初しぼりの時期には専用の棚になる予定です。

ただ日本酒は直射日光がNGなので遮光のフィルムを貼ることになっています。今のところ上2段分だけ貼ってあるけどかなり色がついているのが残念なところです。

まあ初しぼりの時期までまだまだ時間があるのでここは応相談ということになりそうです。

かなりのものがこの冷蔵庫に引っ越ししたので店のメイン冷蔵庫の中が結構すっきりしています。こちらも嬉しい余禄ですね。

えー、通りすがりのお客様、良く冷えたカップ酒などいかがでしょうか?おいしゅうございますよ。ヾ(o´∀`o)ノ
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-07-21 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋の店番をしていると来店された3人組のグループの女子が
「ハイボール1本で売ってもらえますか?」と聞いてきました。

もちろんと答えて二種類のハイボールを紹介すると
「いえ、あの北陸限定のスモーキーなハイボールなんですけど」とのご返事です。

うーん、知らなかったけどいつの間にか新商品が入荷してディスプレーされていたようです。そういえば冷蔵庫の中に見慣れない黒い箱が入っています。

しかしどうやらこれは3本組で売り出されている品のようなので申し訳ないけどばら売りはできないと答えると、それでもほしかったのか一箱買ってくださいました。そしておずおずと今ここで飲んでも良いかと聞いてきます。

プラコップを差し出すとその女子は嬉しそうにプルタブを開け2つのコップに次ぎ入れました。1人はハンドルキーパーなので不可なのだそうです。先ほどから見ていてもなんだか清々しい人です。

喜んで盃を上げたその人は本来ならば白州のハイボールが良いのだと言い始めました。

オイオイ、ここに同行の志がいるよ。

そして2人で白州の清々しさが良いとか淡い色合いが好きだとかの話で一時盛り上がりました。

そのついでにまかない婦の『鰻とシャルドネ』が『豚肉の味噌漬けとピノノアール』になった話しで笑いを取った後互いにお礼を言ってその方たちは退店していかれました。

白州ハイボールのようなお客様だったとふと思ったまかない婦でした。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-07-13 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日閉店間近に来店されたお客様に
「お勧めの甘口の酒はありますか?」と聞かれ、奥能登の白菊さんの純米吟醸酒とどちらが良いか迷ったのですが生酒でも良いということだったので加越酒造さんの『虹』をお勧めしました。

毎年夏の初めから売り出されるこのお酒は袋しぼりの純米大吟醸酒です。袋しぼりなのに2000円以下の値付けが怪しいほどに安すぎるとも思うのですが、お買い求めになるお客様にとってはラッキーなのでありがたく受け入れています。

「へー、じゃあそれにしよう。ホテルで飲んで美味しかったらまた買いに来るから。」と聞いて慌てて明日はお昼ごろで閉店するのでと告げると
「えーー、店じまい?」とびっくりされました。てか、お客様それ聞いたこっちがびっくりしたわ。((((;゚Д゚)))))))

「ちっ、違います。法事で店を早じまいするだけです。」慌てて否定しておきました。16日から営業再開だと告げると丁度いいから買いに来るとおっしゃっていました。

日本語って難しいなと改めて思ったまかない婦でした。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |