個別記事の管理2017-04-01 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

先日の吉田蔵の会に出席したお礼にと吉田酒造さんが菓子折りを持ってこられました。

DSCF5255_convert_20170401163003.jpg
ジャーン!これでーす。金沢の和菓子店の中でも老舗中の老舗『森八』さんの和菓子の詰め合わせです。しかもその森八の和菓子の中でも特に歴史ある長生殿と千歳が入っています。これはかなりの高額商品です。

ですがこの和菓子を最近食べた覚えがありません。懐かしくて千歳を一個食べてみましたが強烈に甘かったですよ。ああ、昔は甘いが旨いだったのだなあとそんな風に思いました。

菓子折りには吉田酒造さんからのお礼状と全員で写り込んだ集合写真が添えられていました。

その写真を見て当社の社長が大うけしています。
「ウケケケケ、なんや、一番小せぇ酒屋がこんないい場所に座っておかしいがんないかいや。ウケケケケケケ」

どうやらほぼ真ん中に座って写っているまかない婦とそのすぐそば一列目の端の方に座っている妹の図々しさを笑っているようです。

オイオイあんちゃん、その嘲笑の的になっている小さい酒屋の社長ってあんただよね?

しかもこれは不可抗力なんですよ。最初はど真ん中の杜氏さんの隣に若様に引っ張って行かれたのをぷっとい体をくねらせてようやく少しだけわきに逃れたんだからね。本当はホントの最前列のど真ん中に座らされそうになったんだからね。そこ、逃げたんだからね。

まったく笑っている場合でもないだろうによ!それとも自虐ネタか?

大うけの社長の隣で憮然として写真を見たまかない婦でありました・・・後ろの方で顔の1/3ほどだけのぞかせる予定だったんだけど・・・

スポンサーサイト
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-03-12 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日中国系のご夫婦が酒屋に来店され加賀梅酒を買っていかれました。ご夫婦は本当に小さい赤ちゃんを連れており小さいながらも暖かそうなふかふかの服を着ていてぬいぐるみのようでとてもかわいかったです。

ですが眠いのかかなりぐずっていました。

そこで当店自慢の景品の棚から子供の喜びそうなおもちゃを出してきてあげようと思ったのです。

ガキガキと動く何やら剣士のようなおもちゃを目の前で動かしてみました。子供って動くものが好きですよね。

でもあんなにちっちゃくても好みはあるようでトボケた顔のマスコットを手につかみました。ああ、それが良いのね。

しかしまかない婦の目から見ても立派ながらくたぞろい、誰がこんなの欲しいかなって思うけど子供はやっぱり欲しがりますよね。

もう一個グニャグニャしたタコみたいなオモチャを握らすと思いのほか賢そうな顔をしたその赤ちゃんはもう泣き止んでいました。ヤッター、下らんオモチャが役に立ったよ。

ご夫婦は遠慮して一個帰そうとしていましたが何なら箱ごと持ってってもらってもいいくらいです。

明日も来店すると言われましたが日曜日は休みだと伝えると残念そうでした。大丈夫、金沢には良い酒屋が結構あるから。

穏やかな気持ちでお客様を送り出した昨日の話です。

あーでもこれ以上下らんオモチャ増えるのも困るから持ってこないでね。なぜか身内以外にも使ってくれといろいろ置いて行かれるお客様も数人いらっしゃいます。

ありがたいけど、景品の籠が今は景品の棚になっちゃってますからね。ちょっとでかくて困っちゃってますからね、ホント。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-01-16 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

休み前の夕方、ふらりと来店された年配のお客様が天狗舞の古古酒大吟醸と手取川古古酒大吟醸の一升瓶を一本ずつお買い上げになりました。どちらも1万円以上する高級酒です。

嬉々としてバックヤードから手取川さんの古古酒大吟醸を出してきたまかない婦ですが、高級酒らしく桐箱に入ったうえさらに紙箱に収めらられたこのお酒のその紙箱がほんの1cmほど裂けているのを見てこれではいかんと見本の箱を取り出しました。

そしてお客様に
「この外箱が少し破損していますのでこちらの箱に替えますね。」と断りながら新しい箱に入れ替えしようとしたその時、ベリッっと嫌な音がして取り替えようとしていた無傷だった箱が大きく破れてしまいました。

あっ、と小さくうめきながら心の中では『手取川さん、箱が弱すぎるです』と蔵元に理不尽な恨みの声を上げたまかない婦です。

あっと呻くまかない婦の前で不憫な人を見るような眼を向けてきたお客様は
「あーあ、そっちの箱で良いよ。」と最初の箱を指さしていました。

その後もそれぞれのお酒を立派な袋に入れようとくんずねんずしていたまかない婦に大きな不安を抱いたようで、自ら袋の口を開け手伝ってくださったのです。

ありがとうございます。そして申し訳ございませんでした。

あきらめたように2本の高級酒を抱えたお客様は禍々しきものから逃げ去るように足早に当店を後にされていったのです。さよーならー(○´・Д・`)ノ

二度目の来店は無きものと少しく気落ちしたまかない婦でした。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-12-29 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

とうとう29日です。当社では暮でいっちばん忙しい日のはずです。

その割には緊迫感はあまり伝わってきませんが、社員の疲労もピークになってきているようです。

DSCF4899_convert_20161229121953.jpg
さて、昨日の夜食はカップ麺でした。数年前に気づいたのですが、このカップが発泡スチロールでできているため冷めにくく良い感じなのです。以前は普通のお椀でうどんを出したことも有ったのですがすぐに冷めてしまって残念なことになっていました。

今までだったらここでネギを刻み、生卵や切り海苔を用意していたのですが昨日妹に言われたのです。
「カップ麺にネギなんか入れんよ。あんたはいっつもそんな余分なことをして自分で自分の首を絞めてる。サドじゃなくてマドでもなくてマゾだ。」そうです。

だから刻んでしまったネギだけにしておきました。お湯も先に沸かしてあったので昨日の夜食は物を運ぶだけで楽勝でした。

ですがちょっと困ったことは酒屋の閉店ギリギリの時間にお客様からの注文の電話が入り、その対応のために閉店する時間が押してしまいました。このお店閉店間際の注文が結構頻繁にあります。

普段の時なら良いのですが、暮で夜食を作らなければならない今この時期にはきつい話です。まかない婦の後ろには腹を減らした従業員の人たちが何人もいるのです。ギリチョの注文はホント勘弁していただきたいですよ。

昨日はこの夜食までのつなぎにドーナツを30個ばかり差し入れました。今日は夜食はおにぎりの予定ですが、つなぎに菓子パンを用意しました。

さてさて、もうひと頑張りです。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-12-20 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

DSCF4853_convert_20161220180455.jpg
今日当店に新しい自販機が設置されました。伊藤園さんの自販機です。

今まではアサヒ、キリン、サントリーと3台あって、大通りに面した酒屋の前にサントリー、裏通りの方にアサヒ、本社ビル前にキリンと1台ずつあったのですがこのうちサントリーの自販機が故障してしまいました。

修理をお願いすると機械が古くて部品がないことと、新しい自販機を設置するには売り上げが少なすぎることを理由に撤退を申し入れられました。

まかない婦とてサントリーの自販機の売り上げが悲惨であることは分かっていました。電気代を差し引けば毎月赤字の問題児です。一度撤去を妹と相談したのですが、なぜか3台まとめて考えようと言われそれでもいいかと引いたのはかなり前のお話です。

でも無くなっても良いというのが本来の意見だったのでこれを機会に撤去することにしました。

すると伊藤園の方がそこに自社の自販機を置きたいと申し出られたのです。もう以前のように商品を買い取らなくでも伊藤園さんで管理して売り上げの歩合でお金を払ってくださるというお話です。

商品の買取もロスも気にせぬ気楽なお商売となります。売り上げに応じていくらかお金もいただけるようです。

まあ電気代として3000円はいただきたいところですが、ずーっと赤字続きだったこの場所で伊藤園さんは黒を出せるかな?まあ、商品を作っている会社なので仕入れ値は限りなく小さいのでしょうね。その点期待できそうです。

たとえいただけるお金が電気代を下回っても1年は様子を見るつもりです。商売には長いスパンの見守りも必要ですよね。

そんなことを思いながら結構魅力的な伊藤園さんの飲料をジッと見ちゃってるまかない婦です。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |