09 << 2017/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-07-27 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日やっと『日本酒 真琴』さんへ行ってきました。このお店は以前『日本酒BAR KAZOE』さんというお店で働いていた真琴さんという利き酒師の方が自分でオープンした新しいお店で、以前から当店のようなおかしな酒屋を気に入ってくださりたびたびお酒も買っていただいていました。

オープンの日に行かねばならなかったのですが都合で行けず、ついに昨日になってやっと顔を見せた次第です。

IMG_4901_convert_20170727180443.jpg
お店は東山1丁目にあり、白木の香るいかにも新しい外観でした。

開店そうそう押し掛けたまかない婦は早速カウンターに腰かけ真琴さんお勧めのお酒を飲むことにしました。

このお店は『石川の地酒と能登杜氏のお酒』を楽しめます。

IMG_4904_convert_20170727180513.jpg
お酒はこのワイングラスで提供されます。程よい量が入り思ったより日本酒を飲むのに適したグラスだと思いました。紹介してもらったこのお酒がドンピシャ好みで思わずお代わりしてしまいました。

IMG_4905_convert_20170727180537.jpg
おつまみは王道の珍味にしてみました。ああ、やっぱ日本酒だよ。

IMG_4907_convert_20170727180600.jpg
3杯目は奈良のお酒で菩提酛という聞いたことのない造りです。何でも生米を使う作り方だとか、知らんことがまだまだいっぱいありますね。

このお酒もピリッとしていてかなりおいしかったです。

IMG_4912_convert_20170727180651.jpg
珍味を食べつくしたのでチーズを頼んでみました。これも又日本酒の友として良い感じです。

IMG_4910_convert_20170727180628.jpg
4杯目に選んでもらったのは驚きの精米歩合80%。でも粗くもなく飲みやすかった・・・あれっ?まかない婦の常識から外れてるなぁ・・・

妹ばかりでなくまかない婦も先入観に囚われていたようです。

何かと目から鱗のひと時を過ごし、ふわりと酔って家路についたおとなしめのまかない婦でした。
スポンサーサイト
* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-20 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日手取川の山本杜氏が酒屋に顔を出してくれました。能登の自宅に戻る途中にまかない婦と妹にお酒を持ってきてくれたのです。

夕方4時頃に来られるという話だったのですが、道に迷っているようで一向にたどり着きません。時々電話が入るのですが全くたどり着けず同じようなところをぐるぐる回っているようです。

杜氏さんと妹の話を聞いてふと疑問に思いました。妹は神社の斜め向かいと言ったと言い、杜氏さんは神社のあたりに酒屋がないと嘆いています。

酒屋の斜め向かいの氏神様はぱっと見神社に見えるかな?まかない婦の目には大きめの桜の木しか見えんけど・・・それに杜氏さん赤い鳥居の神社って言ってるし、それって尾崎神社の方じゃないかしら?

改めて杜氏さんから直接話を聞いて間違いないと思いました。間違いなく間違った神社です。

「杜氏さん、ぶっちゃけどこなら分かりますか?」返された答えは近くの駐車場です。そこに妹を派遣し杜氏さんをゲットすることにしました。

ようやく巡り合えた山本杜氏は約束の時間から小一時間近所をさまよっていたようです。迷える杜氏はいつも血色の良い顔を更に赤くして汗をかいていました。

お疲れ様です。

手土産にいただいたお酒はたった二人の人間にくれるにしてはやけに多く、どんだけ飲むと思われているのかとおかしくなってしまいました。

また数日後に一緒に飲みに行く約束をして別れましたが、自宅では息子さんの奥さん以外ビール党だそうで、なんとももったいないことです。

早速いただいたお酒は杜氏さんの人柄も相まって最高に旨かったです。ありがとうございました。
* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-03-29 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は吉田酒造さんの吉田蔵の会(全国バージョン)に参加してきました。

IMG_4742_convert_20170329154141.jpg
会場は駅前の日航ホテルさんです。

全国の吉田蔵の会の方がいらっしゃっていて吉田酒造さんの底力がうかがい知れます。うちみたいな弱小酒屋がトト交じりしていることに若干違和感を感じています。

IMG_4744_convert_20170329154227.jpg
まずは社長さんのご挨拶です。

IMG_4747_convert_20170329154306.jpg
続いて専務さんのプレゼンが始まりました。隣に座った七尾の酒屋さんの櫻子さんが別世界へと旅立っています。まかない婦も引きずられて二度三度と意識を失いかけました。

いかんいかん、櫻子さんの妖力に引きずられてる。

IMG_4750_convert_20170329154336.jpg
そのあとは18種類のお酒の試飲会になりました。いつも売っていても改めて飲んでいないもの、まだ若い銘柄等々意外に把握していなかったことを思い知らされます。

特にUの生酒が想像以上においしかったのに驚きました。

IMG_4751_convert_20170329154411.jpg
この後会場を移し食事をしながらの懇親会になりました。今日は日航さんの料理と手取川さんのお酒のマリアージュを楽しむ趣向のようです。

IMG_4754_convert_20170329154444.jpg
田鶴酒店の田鶴さんが地元代表であいさつに立ちました。いつもにない背広姿に違和感を感じ
「今日はトレーナーじゃないんですか?」と失礼にも声をかけたまかない婦に意味不明の言語で何やら言っていた答えがここにあったわけです。

田鶴さんの音頭で露燦然で乾杯です。うーん豪華ですよね。

懇親会の前に名刺交換が激しく行われていました。良かったー、偶然名刺入れを持ってきてたよ。セーフo(^▽^)o

IMG_4755_convert_20170329154515.jpg
この前菜には吉田蔵純米大吟醸がカップリングしています。確かにこのお酒ならどんな料理も受け止められます。

IMG_4757_convert_20170329154544.jpg
お刺身半分ほど食べちゃいました。コラボは大吟醸おり酒の吟白寿です。ベストマッチ。

IMG_4759_convert_20170329154614.jpg
茶碗蒸しの桜風味といったお料理です。お酒はUの生酒です。

IMG_4763_convert_20170329154718.jpg
まわりでは吉田酒造の方々がお酌をして回っています。杜氏さんは
「この人にはどんだけ飲ませても大丈夫だ。」といらん情報を周りにぶちまけていきました。勘弁してください今日はおとなしい感じで行こうと思っています。

そのあと吉田社長がいらっしゃって
「柿市さんの従業員食堂では200円で食事ができる。」と、また酒とはまるっきり関係ない話をぶっちゃけていかれました。勘弁してください、今日はおとなしい酒屋として参加しています。

IMG_4761_convert_20170329154642.jpg
イイダコの煮物にもUだそうです。ピリピリした若々しい酒が春の旨味に合うのでしようね。

IMG_4765_convert_20170329154750.jpg
のど黒の焼きものなのですがまるで揚げたようにカリッとしています。脂の多いこの魚には酸の効いた梅舞花という古酒がお相手です。

まかない婦的には今日の食事会はとても参考になります。

IMG_4767_convert_20170329154818.jpg
留椀の蕎麦には吉田蔵の純米酒です。さっきの試飲会でも思ったのですがこれの冷や酒がかなり旨い。

IMG_4769_convert_20170329154844.jpg
さすがにデザートにはコーヒーが出てきました。

IMG_4771_convert_20170329154912.jpg
最後に我らが山本杜氏がご挨拶されました。優しい人柄がしのばれる挨拶でした。

山本杜氏は
「また一緒に飲みに行かんかね。」と誘ってくださいました。嬉しいけどこの前みたいに店主と険悪になるのは勘弁してくださいね。まああれは店主の方に問題ありだったとは思っています。

そうそう、以前に山本杜氏に吞み潰されたとき妹ともども道路に転がっていたのは聞いていましたが、その時お土産に渡された酒も一緒に転がっていたと昨日初めて聞きました。

爆弾発言小出しにするのは止めましょうね。

そんなわけでこの後また妹と2人飲みに行った二匹の蟒蛇物語でした。
* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-03-07 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日驚くべき発見がありました。酒屋に顔を出してくださる萬歳楽さんの営業の方がまかない婦の仲間であることが発覚したのです。(と言ってもまかない婦側の勝手な仲間認定です)

どうやら若い時に(今もお若いですが)1か月ほど友達と海外を旅したらしいです。多分まかない婦のように地を這うような旅ではなかったのだろうけれども、自分のそばにそんな人がいるということだけでうれしくなります。

やはりまかない婦にとってはザック背負って旅をしていたあの頃が本当に大事なのですね。勝手な仲間認定は要するに旅をしていた自分に対する思いなのでしょう。

実は以前に海外に旅行に行ったときクロックスを履いて行って同行していた知り合いに驚かれたことがあります。
「お前はそんなものを履いて外国に行くのか?」だそうです。

えー、自慢じゃないけどビーサンで飛行機乗ったことあるよ。それから比べればクロックスは立派な靴でしょう?驚かれたことにこちらが驚いたよ、まったく。

とにかく思考や風習の全く異なった国を味わうのは楽しいことですよね。まあ、もはやまかない婦自体が思考も風習も取っ散らかっちゃっているのではないかという密かな恐れがあることはあります。

そうそう、昨日M山さんから頂いたチョコレートはとろけるようにおいしかったです。あー、でも痩せねばと思っているのにこれではデブまっしぐら。もともとかなりのデブチンなのにさらなる高みに駆け上るロケット並みの突っ走りになりそうです。

チョコが旨いのがいかんよ、ホント。
* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-12-02 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日の朝食時、古参の従業員Aさんが取引先の困ったちゃんについてのあれこれを後輩社員にぶちまけていました。

その困ったちゃんは野菜のことをあまり知らないのだそうです。
困「柿市さんこれって何と読むのですか?」
A「それは冬瓜(とうがん)ですね。」
困「冬瓜ってどんなものですか?」

どんなものも何もその困ったちゃんが注文してきているのだから知らないことがびっくりです。さらにその人は富有柿の字も読めないようだと言っていました。

困ったちゃんの大暴走は続きます。卵の注文を受けていたのでお持ちすると
困「3パックの中の1つが12日の日付で2つは13日の日付ですね。この12日のものを持って帰って13日の卵を持ってきてください。」

え゛ー??どちらにしても消費期限はまだずいぶん先なのに交換する必要あるか?

そして困ったちゃんはかざすだけで温度の計れる検温機で野菜の温度を測ります。このとき温度が18度以上あると品物は返品を食らうので仕方なく担当者は野菜を発泡スチロールの箱に入れて冷やした状態で配達しているようです。

さらに先日は青首大根の青い部分がないものを持って来いとおっしゃったそうです。残念ながら一般的な大根はほとんどが青首大根なので青い部分の無い青首大根を持っていくときには青い部分を切らねばならなくなります。でもそれを望んでいるわけではないようで、これはやはり野菜というものを知らないからの無茶振りのようです。

担当者の愚痴る声は暗く、彼の精神的な疲れを感じさせます。頑張れオヤジ!

昼食の仕込みをしながら担当者の奮闘にエールを送った今日のまかない婦でした。(。>ω<。)ノ
* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |