FC2ブログ
06 << 2020/07 >> 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2020-06-06 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

コロナで外出があまりできなくなったためか家飲みのお客様が少し増えました。

古酒が好きでついでに普通の日本酒も買ってくださり、今はそちらの方にはまりつつあるお客様。

ノンアルコールのビールを求めてこられるお客様。

当店のワインの品ぞろえが結構気に入ってくださったらしいお客様。

毎回日本酒をじっくり選んで行かれるお客様などでしょうか。そしてこのお客様が昨日はとうとう一升瓶をお買い求めになられました。

やったー!!貴重な日本酒ハードユーザーゲットだぜ。

元々のお客様もほとんど変わらず来てくださっています。ただ、缶チューハイを箱買いしていたお客様がパッタリ来店されなくなってしまったのでその商品が不良在庫化しつつあります。

これってばらして売っちゃった方が良いのでは・・・

営業店様はまだまだな感じなので店の売り上げと溜まりまくった在庫の酒に背筋は凍りますが、これは全世界的に仕方のないことなので・・・

みんなで頑張ろうね。頑張っている人に頑張ろうって言っちゃいけないって言われたことあるけど、ほかに言葉が見つかりません。

とりあえず私は頑張ります。
スポンサーサイト



* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-05-05 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

きのう酒屋を閉める直前になって何度か顔を見たことのあるお客様が来店されました。

最初はお勧めのお酒のことなどを聞いておられたのですが、いつしか話が今回のコロナ騒動の話になっていました。

どうやら一番のストレスの原因は家族から帰ってくるなと言われたことのようです。お聞きすると家は神奈川県だそうで、それは日本でも有数の危険地帯から危険地帯への移動ということになり止められるのも納得はしてしまいますが、言われた方は溜まったものではないですよね。

その後政府の方針への疑義をはさみ自分なりのプランをぶちかましておられましたが話が結構長いです。

この話いつまで続くのだろうか・・・(。´・ω・)?

帰宅してから晩御飯を作ることになるのでタイムイズマネーなまかない婦です。

結局まかない婦お勧めの初しぼり『萬歳楽』と『日栄』を買って帰って行かれました。ささくれだった心をあの二本が慰めてくれると良いのですが・・・

まかない婦自体も4本目の春純米の一升瓶はいったんお休みして『加賀の月』と『大江山』の初しぼり、奥能登の白菊の純米大吟醸の無濾過生原酒、神泉の純米大吟醸無濾過生原酒『穂の香』、コノスルのゲギュルツトラミネール・レゼルヴァを買って帰りました。

どんだけ飲むつもりなんだよと自分で自分に突っ込みを入れておきましたよ。一応ね。
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-22 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日自社ビル5階自宅部分のトイレから出てくると見かけない小柄なおじさんが入ってきたところでした。『あれっ、この人ダレ?なんかの工事か何かあるのかな?』じっと見てようやく気が付きました。50年以上前に当社で働いていた元ちゃんです。

まかない婦や社長がまだ本当に小さかったころから働いてくれていた彼は最終的には番頭さんと呼ばれていたのですが、結局社長の後継ぎとして弟が修行先から帰ってきたあたりで当社から去っていきました。その後自分で起業して当社の商売敵の青果物業の社長となったわけです。

その会社も結局は廃業してしまいました。今となっては昔なじみのおっちゃん的な立ち位置です。

今日はたまたま近くを通ったので寄ったそうです。そして5階の仏間にお参りに来たそうです。なんか懐かしいけど元ちゃん前歯が何本も欠落しています。それって駄目じゃねぇ?

見た感じ元気そうなので良かったけど
「なんかものすごく太ったんじゃないか?」って言われました。

そうです、太りまくって今では妹に『地球儀デブ』って言われています。地球儀の様に丸々しているそうです。

しばらく話して一緒に3階の食堂に行ったのですが驚いたことに元ちゃんのことを知っている社員が全くいませんでした。何十年も働いている人たちも何人かいたのに彼らすら元ちゃんのことを知らないのです。早々に食堂を去り酒屋へ行ったようでした。

私が酒屋に行くと、元ちゃんは酒屋で働いている妹に次ぎ来るときはお土産持ってくるって言っていました。彼女が生まれる直前に当社に入ったはずです。あの頃はまだ会社でもなかったけれどもね。

一応当社で20年ほどは働いていたはずですが彼を知っている人は退職した後も当社で働いている数人だけになっていたのです。長い、長ーい時が経ってしまっていたのですね。それを失念していてちょっとびっくりしたまかない婦でした。


* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-16 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋の方にリピーターのお客様がいらっしゃいました。以前来られた時は梅酒を買われたそうですが今回は日本酒をご所望だそうです。

お勧めの手取川さんの純米大吟醸『吉田蔵』を買っていただきました。試飲されてたいそう気に入っていただいたようです。

金沢に来たらまた絶対にこのお店に来ようと思っていたのだと嬉しいことを言ってくださいます。この仕事やってて良かったなと思うのはこんな時です。

お互いにありがとうの言い合いで帰って行かれました。ほんとにありがたいことです。

そういえばつい先日も男性の4人ほどのグループが来店され迷わず加越酒造さんの袋しぼりの純米大吟醸『虹』を買われたので不思議に思い声をかけてみました。
「このお酒をご存知なのですか?」と

お客様は破顔され
「実は去年この店で薦められて買ったのがおいしかったので。」と言い、お2人がそれぞれ買ってくださいました。本当にリピーター様は神様です。

ですが中にはちょっと困った方もいらっしゃいました。電話で注文を受けたお酒を送り出した翌日だったでしょうか、お怒りの電話がかかって来たのです。
「注文もしていないのに勝手に酒を送ってきた。」と言われました。確かにこの耳で聞いた注文でノートにも記載してあります。

でも不要なのであれば送り返してもらおうと話を続けるうちに、相手方がふと気づいたようなのです。酔った勢いで電話注文をしてその事実をきれいさっぱり忘れてしまっていたことを・・・

勿論支払いをしてくださることで話が付いたわけですが『人のふり見て我がふり直せ』いつか自分がそんなことをやらかす可能性があることは心の中にしっかりと根付いているようです。

なので先日同窓会に出かけた母が手提げ金庫をどこに置いてあるのかと大騒ぎになったときに『ひょっとして酔っぱらった私に預けて行って、それを自分が覚えていないのでは?』と疑心暗鬼に陥ったわけです。

結局身内の誰も知らない場所にしまわれていた金庫と、携帯電話の不携帯で連絡がつかなかったことが重なりかなりな騒ぎになったのですがまかない婦的にはホッとした事案でした。オレじゃなかった・・・

ありがたいリピーター様のおかげで心もほっこり温まった秋の一日でした。
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-15 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日時々うちの酒屋でお酒を買ってくれる上品な奥様から頼まれごとをしました。

実はこの奥様まかない婦の叔父と同級生だったのだそうです。随分あっていないけどどんな様子なのか写真を見せてほしいとのお願いです。

「あのね、子供の時いいなって思っていたのよ。とっても活発な人だったし、今どんな風なのかな?」少し恥ずかしそうにその奥様はおっしゃるのです。

オイオイ、バカ野郎叔父さんモテルね。

でもバカ野郎叔父さんのことちょっと良い風に思いすぎ?叔父は活発どころかここいら辺のガキ大将で、ガラスの割れる音がしただけで
「シゲー!!」と罵声が飛んでくるお子様だったってまかない婦は聞いています。

もう80歳近いと思うけど相変わらず人を引き付ける魅力的な人です。

バカ野郎叔父さんと友禅作家の叔父さんの昔話はとっても面白いので同じ話を何度聞いても笑えます。

うちの親戚結構仲いいです。幸せなことですね。

結構長命な家系らしく母の兄弟は皆かなりの高齢ですが元気で愉快な人たちです。そして蟒蛇のごとく酒を食らいます。でもさすがの蟒蛇たちも最近ではそんなにゃ飲まなくなったね。

穏便な方へシフトでそれも良かったってことかな?
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |