FC2ブログ
個別記事の管理2016-11-16 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日は中央市場が休みなので会社も休みでした。それでも出番の人たちの食事は作ります。今日は鯖のみりん干しを焼き、大根おろしを作り、鱈の真子と糸こんにゃくの煮物を作って、あったかい蕎麦の用意をして社員を待っていました。

そこにある社員から一階に下りてきてくれと電話が入りました。

えー!!今からお昼御飯が始まるというこの時間に何の用?不審に思うと同時にかなりイラつきました。なんで今、一日中で一番都合の悪い今の時間なの?

下に下りると
「酒屋のお客さんで、いつも買ってくれてる人がどうしても店を開けてくれって言ってます。」と告げられました。

えー!!酒屋の出入り口には今日は休みますの札が下がっているのに開けさす?誰?

頭の中に数人の常連のお客様の顔が浮かびます。仕方ないかとあきらめましたが、見回しても常連さんの顔はどこにもありませんでした。ありっ?(°_°)

しばらくすると物陰から見知らぬ母娘連れが沸いてきて
「お店開けてもらえますか?」と聞いてきました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・話が違うくね?

まあ、今さらダメとも言えず店を開けました。

開けてもすぐに商売ができるわけではありません。電気をつけレジを作動させ、お金を用意します。

どうやらその母娘は観光客のようです。どこの常連さんだよ。

結局4階のバックヤードとの間を2往復くらいして指定の品物を取りそろえお買い上げいただきました。

昼食時の厨房は放置状態で、ちらりと覗くと出番の人がご飯を食べていましたが麺を用意してあげることもできず、御飯茶碗もまだ出していなかったのでまかない婦本来の仕事はダダ崩れになってしまっています。

急いで母を呼び食堂の世話を頼んでまたお客様の元に戻りました。

買ってくださった品物を小分けして保冷剤を仕込み、箱に入れてお渡しした後店から去り際に当店自慢の景品の棚を見つけた娘さんの方がその景品を欲しがったので自由に選んでもらうことにしました。どうせレジを閉めて清算しなければなりません。

そんな時、店の外から大きな怒鳴り声が聞こえました。

「どんだけ待たせるつもりだ、いい加減にしろ!!」

母娘連れにまたされたお父さんが自分の娘に言い放った怒声でした。言っていいですか?そのでっかい声ご近所中に響き渡っちゃってましたよ。何やらかしてんだ柿市って近所の人思ったと思う・・・

大げさじゃないよ。だって4階で働いてた美穂ちゃんもびっくりして覗いたって言ってたもん・・・

まかない婦がびっくりしたのはそんだけ怒鳴られても娘さんが景品選びをあきらめなかったことです。それどころか
「一個だけなんですか?」と恨めし気に言い出したので何個でも持ってっていいから早く帰ってくださいと心の中でお願いしてしまいました。

それでもそんなことを言いごっそりと持っていかれたらそれはそれで我が妹にどやしつけられると思い
「2個までならいいですよ。」と何ら意味もない中途半端な譲歩をしていました。

怒鳴りの後のピリピリ感漂う酒屋の外の世界が怖くてすぐに出ていくことはあきらめレジの清算を済ませて厨房に戻ったのは呼ばれた50分後でした。さっき食べてた出番の人がちゃんと食事をとることができたのかどうか、そのことがいつまでも気になりました。

他の出番の人たちは全員さっきの怒鳴り声も聞いているので災難にあったまかない婦に同情的でした。

あのね、最初にまかない婦に偽情報つかませて店開けさせたA君に言いたいよ。
「ガセネタ禁止!!」(#^ω^)ビキビキ
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-06-24 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっき酒屋で荷造りをしていると、本当にお久しぶりの常連様がいらっしゃいました。ご夫婦で来てくださっているこのS夫妻の奥様が病気になられて入院されてからずーっとお会いする機会がありませんでした。

でも一度だけデパートでお見かけしたのですがものすごーく速足で歩いていらっしゃったのでとても追いつけず、『まあ、あれなら元気に違いない』と1人納得したまかない婦です。

S夫人はチョー元気でした。ほんの少し話しただけでもこちらまで元気になるほど明るいのです。茫洋としたご主人とは好対照でまさに抜群のコンビです。

さて、当社食堂の掃除大臣ルンバ様が働かなくなってかなりの日数がたちました。以前は2時間半ほど文句も言わず働いてくれていたのに、いつの間にかフル充電しても15分ほどしか働かないナマケモノになり果ててしまったのです。

もう一台の東芝の方はしょっちゅう椅子の足などに乗り上げ「柔らかい布で拭いてください」と自己主張ばかりが多く、使いづらいゆとりです。

ついついルンバばかりに頼りがちでとうとう燃え尽きたようです。

まあ、たぶん充電機がダメになったのだろうとは思っていたのですが、車を持たないまかない婦には修理に出すのも結構リスキーです。

もともとこのルンバは会社の新年会の景品として出され、まかない婦が初めて本気で取りに行った品です。ですから買ってきた社長に何とかしてほしかったのですが、この人を待つことはまだまだ人間のできていないまかない婦にとっては難行苦行でしかありません。

こんなとき頼りになる義妹が、やはり何とかしてくれました。今、やっぱり2時間半の掃除をしてくれるこの円盤型のロボットが柿市に帰ってきました。待ってたよ・・・

食堂もようやくきれいになり、少し嬉しい今日この頃。小さな幸せが降り積もります。
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-05-01 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

当社の酒屋にはあまりお客様は来店されないのですが、金沢の街には去年と変わらずたくさんのお客様が来てくださっています。

丁度今ラ・フォル・ジュルネ金沢 熱狂の日というクラシック音楽の催し物が開かれていて、街中のいたるところで音楽会が開催されています。

まかない婦も今読んでいる物語の主軸がクラシック音楽なのでどこかで聞ければ良いななどと思っています。

丁度今日の午前中に題名のない音楽会というテレビ番組があり、神童たちの音楽会ということで年若い演奏者が素晴らしい才能を披露していました。凄かったです。

あの世界に浸れば人生が一層豊かになるのでしょうね。

というわけで金沢はにぎわっています。北海道新幹線が開通するまでのたった一年間だけのにぎわいかと思っていましたがそうではないようです。

外国人のお客様も随分と増えました。相変わらず多い中国系の人の他にもウエスタンのお客様も驚くほど増えました。

そんな中、九州での大地震について台湾の人たちが気遣ってくれていて嬉しいと、いつも行くコーヒー豆売り場の人が声を詰まらせ熱く語っていました。本当に台湾の人たちは心の友です。

まかない婦も東日本の震災の時のお礼も言いたいと思うのですが、いまだその思いかなえていません。情けないことです。

愛語は回天の力を持つ。この世界を良き方に回すためにも自分もありがとうと言わねばと思う今日の日でした。
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-02-06 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日買い物から帰ってきて急いで酒屋へ向かいました。昨日プッチョから頼まれた荷物を今日は出さねばなりません。もうじき佐川急便のお兄さんがやってくる時間です。

慌てて酒屋に入っていくとまかない婦の顔を見てなんだかぎくりとしたのは常連のお客様です。

前回いらっしゃったときは小さなBB-8を操作させてくださいましたし、時々差し入れの食べ物を頂くこともあります。

今日は竹葉さんのしぼりたてやにごり酒などをずらりと並べてどれを買おうかと思案されていたようです。知る人ぞ知るマニアックな酒屋はやりすぎなほどの偏った品揃えです。

DSCF7746_convert_20160206175546.jpg
まず右から『能登純米 しずく 無濾過生原酒』『能登のかすみ酒』『しぼりたて生原酒』『活性にごり酒』『純米 しずく 無濾過生原酒』です。これ全部数馬酒造さんのお酒です。実はこのほかに『N』という特別純米の生原酒も陳列されています。

この中でまかない婦のお気に入りは能登純米のしずくです。微発砲のピリピリ感も心地よいしっかりとした味わいのお酒です。

そうそう、お客様ですが酒を選びながら急に
「いやー、やっぱりお姉さんはすごいですね。匂いがしましたか?」と観念したように焼き立てのベーグルを差し出し
「2人いるから2個だな。」とまだ温かいベーグルをおすそ分けしてくださいました。

イヤイヤ、べつにベーグル狙ってねぇし・・・匂い嗅ぎつけたって獣でもねぇから・・・

そう言いながらも頂いたベーグルはホッカホカのもっちもちで本気で美味しかったのですわ。

まあいいか獣でも。どうせ当社はケダモノだらけ、1匹くらい増えたところで大差なしってことで・・・

ベーグルどうもごっつぁんです。

あっと、プッチョの荷物は佐川急便のお兄さんに数分待ってもらって何とか今日の出荷に間に合わすことができました。まかない婦の中で佐川男子の男前度3%ぐらいアップしました。 サンキュー
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-08 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

年が明けて酒屋にいらっしゃるお客様も若干減りました。それでも常に店員1人の小さな酒屋は忙しくさせていただいています。これもみなお取引先様と常連のお客様のおかげかとありがたく思っています。

昨日のお昼すぎ昼ご飯を食べに行っている妹の代わりに酒屋の店番をしていた時です。見かけない年配のお客様が来店されました。

客「この前来た時まだなかったんだけど、日めくりのカレンダー届いているかしら?」日めくりのカレンダーは毎年長生舞さんが一部くださいますが、他にはないのでこれのことだろうとは思ったのですが、丁度電話がかかり、しかも商品を持ってきてくださった蔵元からの配送とも重なってしまいました。

しばらく待っていただいて電話の応対を済まし、カレンダーを探し出してお渡しすると袋に入れてくれというのです。雨にぬれると嫌だとおっしゃいましたがぴっちりとビニールの中に納まったカレンダーに濡れる心配はなさそうです。

とにかくそれを持ち帰られた後、帰ってきた妹に報告しておきました。すると妹の顔が不機嫌そうにゆがみます。
妹「あんた気が付かなかった?あの人年末にあんたが相手した厄介なお客さんだよ。」

そういえばそうかもしれません。そのお客様の相手をしたことはほとんどありませんが妹に呼ばれちょっと応対しただけで分かりました。

満員のお客様が何人もレジの前にいらっしゃるのにカップの焼酎を持ってきてその説明を求めたり、買うと決めた品物をやはりいらないと言ったりでまったくレジが打てません。後ろに並んでいるほかのお客様がまるで見えないようでした。

その時はとりあえずレジから外れたところで品物が決まるまで選んでいただきましたが、1人で店番をしているときに来店されればかなり困るお客様です。以前も先にレジを打っている中のお客様に割り込んで自分を優先させようとして妹を困らせたみたいです。

そしてここ何年も当酒屋にたった一部の日めくりカレンダーを
「私がもらうことになっているのだ。」と主張して持って帰るのだそうです。

以前にもたった120円のペットボトルの水を配達しろとうるさく主張するお客様がいらっしゃいました。常に一人しかいない酒屋は配達と言われてもなかなかに難しいのです。

手伝ってあげたくなるようなそんな人ならまだしも、このような要求をしてくる方はほぼ高飛車です。

思えばいろいろなお客様に揉まれ揉まれてここまでやってきました。これからもいろいろあるのでしょうね。

とりあえず日めくりカレンダーを欲しがるお客様が1人だけで良かったと思った昨日のまかない婦でした。
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |