個別記事の管理2018-04-14 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

古参の従業員さんの逸話です。今日たまたまそのひとの豪傑姉さんの話題が出ました。

何かと頼りないうえにいろいろやらかしちゃっている古参の従業員Aさんですが、やらかし度は当社の中でもトップクラスです。

その彼が何やらひどくやらかしたらしい遠い昔の話です。

ご両親と彼の豪傑姉さんが会社にやってきて言うのです。ご両親ではなく豪傑姉さんがです。
「これはもう会社を辞めさせます。そして家の座敷牢にいれますから。」

えーーーーーーーーー、辞めるのはともかく座敷牢?えっと、家に座敷牢があるってこと?

何やらやらかしたらしい不祥事よりも座敷牢の存在が気になったまかない婦です。

お会いしたのはその時ばかりですが他にもいろいろと逸話があるらしいです。今朝の朝食時はその話で社員たちが盛り上がっていました。

どうやらお姉さんも色々とやらかしているっぽいです。

まかない婦も三人兄弟の一番上ですが全然豪傑ではありません。妹はまかない婦のことを『キー丸印』と言います。どうやら気が狂った人と言いたいらしいです。

それを否定しようと思ったのですが『あれっ?本当にキー丸印ではないと言い切れるのかな?』と心の声が聞こえます。

・・・どーも、完全に違うとは言い切れんような・・・

とりあえずキー丸印の予備軍的なまかない婦であります。(「・ω・)「ガオー
スポンサーサイト
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-07 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今朝の食卓での話題だったのですが、当社の男性社員はほとんどが担当する取引先を持っています。

ところが時としてその取引先から
「あいつを担当から外してくれ」と言われたり、取引が自然消滅する場合があります。これ今までに何件もあった話です。

そのうちの一つの話なのですが、社員Aさんが何をやったのか取引先のご主人を怒らせ
「お前はもう出入り禁止だ!!」と、ブチ切れられ返した言葉が
「えっとー、だったら裏口から入ればいいですか?」だったそうです。

つまり出入り禁止という言葉を知らなかったため、『この入り口から入ってくるな』と勘違いしたらしい・・・のです。

もちろん取引先のご主人の怒りのボルテージはさらに上がり
「柿市、お前んとこはうちをバカにしとるのかーーーーーーーーーー!!」になったそうです。

物を知らないということは時として想定外の騒動を引き起こします。そういう意味でAさんは当社にとっての危険人物でもあります。

そういえば以前昼食時の食堂で社長夫人に
「いざという時のためにある程度お金を蓄えておかなければだめでしょう。」と諭されたとき
「すいませーん、なんせ安月給なもんで。」とテヘテヘと笑いながら返して昼食をとっていたすべての社員をフリーズさせていました。

悪気はなく口から出ただけの言葉だとは思うけど、経営者に言う言葉ではないよね?バカなのか?

このやり取りを聞いていてまさにあきれたまかない婦でありました。柿市商店の底力侮りがたし
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-03-03 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

3月に入り金沢もようやく暖かくなってきました。あれほどの積雪も今はもうほとんど見かけません。

でもまだ春とは言えぬ日が続いています。な・の・に・当社の社員のAさんは今朝半そでで働いていました。

いくらなんでも・・・

半そでの夏の制服姿で朝ごはんを食べているAさんに聞いてみました。

「あの、何か宗教的な修行とか?」エルに似た彼はあいまいに笑っています。

ちょっと怖い?

さ、さすが柿市商店いい人材そろえています。

今日は久しぶりに友禅作家の叔父と3人で割り勘会です。年末母が体調を壊し、年の初めにはまかない婦が怪我をして割り勘会はもう何か月も活動停止状態でした。そろそろ外食もできそうだと思うのですが遠慮してか叔父からのお誘いがないので反対にこちらから声をかけたわけです。

割り勘会始動です。
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-01-18 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

とうとう我が社でこの雪によるけが人が出ました。

雪道での転倒で腕を折ったらしいです。入院して手術を受けることになったらしいですよ。

まあまかない婦や彼女以外にも転倒した人間は結構いたみたいです。ただ大きな怪我は彼女が初めてかな?

とにかくこの雪はろくなことをしません。

ですが会社の周りの根雪は熱心な数人の社員の努力によりほぼ撤去されつつあります。これが本当にありがたいです。

まかない婦の打ち身はあまり良くなってはいませんが腕の骨折よりはずいぶんとましです。彼女今頃痛くてうめいているのではないかしら?それを思えばたいしたことないですよね。

そういえば今日花粉症の薬を探していたら亡くなった近所のペインクリニックの医師松田先生に処方していただいたロキソニンを見つけました。これでまたしばらく痛みを軽減させられそうです。

松田先生が生きていたらこの状況ももっとずっと良くなっていただろうにと思うとまた残念さが募ります。

たくさんの人に必要とされていた先生がこの世から連れ去られてしまったことに怒りすら感じます。

この世は納得できないことが多いですよね。手のひらに乗るロキソニンを見ながら先生やその奥さんとの楽しかった掛け合いを思い出している今日のまかない婦でした。
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-01-16 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

金沢の雪は降りやんだのですがたくさん積もった雪がガチガチに凍り付き道や駐車場が狭くなったりツルリンチョになった道で転ぶ人が続出しています。

まかない婦も数日前に転んで打った場所が未だにひどく痛んで咳やしゃっくりのたんびに悲鳴を上げそうになるほど痛いです。

さて、ツルツルガチガチの会社周りの雪を数人の社員がせっせと雪透かしをしてまともな地面に戻そうと頑張っています。まかない婦のお道具も役に立っていますよ。

他にはスキで畑を耕すように雪に挑む人や大きなくぎ抜きで雪を粉砕する人など様々です。地道な努力で少しずつ地面が見えてきました。サンキューサンキューです。

酒屋の裏口表口とも妹がせっせと雪透かしをしてくれているので助かります。やりすぎで手の皮がむけているというのにまだやっていますよ。

実は雪透かしの好きな人というのがいるものです。そう伝えれば本人たちは否定するかもしれませんがどんどん見えてくる地面が達成感を満足させてくれ、もっともっときれいにしたくなるものです。

まかない婦は今普通の生活もままならないので手出しはしていませんが嫌いなほうではないですね。何せ自費でのお道具持ちは多分会社でもまかない婦だけでしょう。

それにしてもスキをふるう社員の姿が農耕する人にピタッとはまっているのと、おっそろしく寒いのに巨大くぎ抜きを振り下ろすおにぎり君が汗だくなのには驚きます。今日は社長であるわが弟までがまかない婦のお道具で根雪を突き崩していました。

結構はまるもんです、雪透かし。でもかなりの重労働なんですよ。頑張る社員の皆様ご苦労様でーす。( ̄^ ̄)ゞ
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |