03 << 2018/04 >> 05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2018-04-17 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

明日中央市場が休みなので当社も休みなのですが、近江町市場のほとんどの店もほぼほぼ休みに近い状態です。まあ、開いている店も結構あるのですが閉店時間が恐ろしく早くなります。多分午後3時には片づけモードに入るはずです。

ということで本日の市場の皆様は『今日のうちに売ってしまおう』というやる気に満ちていました。

平日ですら鴨葱状態のまかない婦は知り合いの魚屋さんに見つからないようにこっそりこっそり歩いていたのです。

そして最大の難関をクリアしたことに安堵し、丸めていた背中も伸ばして歩き始めたのですがその背に
「姉さん、姉さん。」と声をかけてきた別の魚屋さんの声を『あたし姉さんじゃねーし、姉さんって呼ばれるほど若くないし、ここは聞こえなかったもしくは気づかなかったことにしてスルーしよう。」と心に決め、やや足早に通り過ぎようとしたのですが正面に回り込まれてまたの『姉さん攻撃』です。

「あれっ?姉さんってあたしのことだったのかな?」なんて言いながら正面に陣取った魚屋さんに相対しました。
「何か買ってってや。」の懇願モードにNOの言えないまかない婦です。

ま、良いか?明日の出番の人は魚嫌いじゃないからね。ってことでサバを二皿(8匹)買いました。これで400円です。確かにお買い得なのでありがたいのですがありがたくも無しな気分もあるのです。

その店を過ぎていつも刺身を買う魚屋さんで今度は魚売り場の若いあんちゃんがしきりにアピールします。
「小イワシ買って。小イワシ二皿で250円にするから買って、買って。」と連呼しています。買ってで切れているので何のことかと思うかもしれませんが、これは買ってくださいの短縮形の言語になります。

「あのー、それって私に言ってるのかな?」
「そうや。小イワシ買って。」

そしてここでも要りもしない小イワシを2皿買った上に、さらに押されて小ガスエビも一皿200円で買った鴨葱です。

そして帰宅した鴨葱は家族に
「今日は何を買わされたんや?」と聞かれ、サバと小イワシと小ガスエビを披露したのでありました。
「あんたダラんないか?そんなもん買って来たら捌かんなんし、自分で自分の首絞めとるんやぞ。」訳すと「あなたバカじゃないの?そんなもの買って来たら自分で捌くことになるし、大変な目に合うだけじゃないの。自虐か?」て感じかしら?

DSCF6548_convert_20180417173210.jpg
おっしゃる通りの余分な作業です。サバは三枚おろしにしたうえ腹骨も取り、竜田揚げ用に切り分けました。

DSCF6550_convert_20180417173240.jpg
小イワシは頭をもぎ取って内臓も取り去り洗って脱水ししまってあります。

DSCF6552_convert_20180417173316.jpg
小ガスエビは水洗いして脱水中です。

サバ(400円)は明日の出番の人のおかずにして竜田揚げにする予定です。小イワシ(250円)はから揚げもしくは梅煮にします。小ガスエビ(200円)は天ぷらにして食べようかな?まあ何とかなる感じです。

明日のおかずはサバとイワシなので650円と激安です。でも別のおかずも作るけどね。おいしいと思ってもらえれば嬉しいけど・・・みんな肉のほうが好きだからなー、ちょっと空しいまかない婦でした。(´・_・`)
スポンサーサイト
* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-06 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日近江町市場からぐったりして帰ってくると弟が
「ネギ背負った鴨が帰ってきた」とのたもうたのです。

鴨は今日もつらい目にあったのだからもそっと労わろうよ、なっ弟よ。

最近買い物に行くとはるかとおーーーい場所からまかない婦をロックオンした魚屋さんから声がかかるのです。いや、ものすごーくおまけしてくれるんだけどそれ求めてないからね。毎日魚も食べてられないし、魚をさばくのってそれなりに時間もかかるし、あとの始末も結構大変だからいろいろときついのです。

昨日は求めて買ったことのない白ソイバチメをすすめられて2尾買おうとしたら1尾おまけでつけてくれた上、高級品の白ガスエビ一皿1000円のやつもおまけにつけてくれたんだけど、おまけの金額が買い物の金額の3倍ほどの金額ってどゆこと?

あのねおまけしすぎだと思うのよ。ジーーーーーー

そんで今日はその一角は避けて買い物を回ろうと思ったわけですよ。すでに明日の従食用に煮ればいいだけにまで下処理されたカレイをゲットしているので、これ以上魚はいらないからね。

そんなわけでいつもとは違う道順で市場をうろついた後もう帰ろうとしていたらうっかり店じまい間近の魚屋さんにつかまってしまいました。とりあえず昨日とは別のお店です。

結局またちょっと小ぶりな鯵を10匹で200円という破格根で買い込みました。オイオイ、たった3人に食べさせるのにカレイと鯵で14尾ってどこを計算してもそうならないよね?

意味不明、ふがいなさすぎるまかない婦です。

仕方がないので鯵のほうは自分の財布からお金を払いました。200円だけど自分がはっきり断れないからってそのお金を会社から出すってのも違うよね。

ということで今晩のまかない婦宅の夕食のメインデッシュは焼き鯵の南蛮漬けになりました。母と2人で何尾食べれるかなー?
* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-03-27 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日近江町市場に買い物に行ったのですがほぼ買い終わったそのあとにとーくとーくのほうから呼び止められました。顔見知りの魚屋さんのお姉さんです。

月末で忙しい、今日お出かけなのでおかずがそんなにいらない&すでにおかずがある。で、声かけられてもちょっと困るけどむげにも断れない小心者のまかない婦・・・結局引き返して言いなりに甘エビ買いました。

刺身にできそうなきれいな甘えびだったけど時間がないので煮物にすることにしました。

そして帰ろうと歩いていると別の魚屋さんがとー位置からまかない婦を引き留めます&後を追ってきました。まかない婦かなり人気者です。人気者またはネギを背負った鴨です。

今度の売り込み商品は天然ブリの切り身でした。4切れ買ってくれというのをお出かけだから2切れにしてくれと値切ったまかない婦です。

謝りながらも2切れだけでも買ってもらって魚屋さんは感謝していました。天然ブリってもともと養殖物に比べてくすんだ色なのでもう一日置けばもっと売りづらいものになるはずです。まあ金沢の人は天ブリと養殖物の違いは分かっているからいいようなものですが、やはり新鮮なもののほうが売りやすいですよね。

ブリみたいな大きな魚は殺したてよりより少し時間が経ったほうがおいしいけどね。それと売れ残って劣化した品物とはまた話が別だからね。

手か今日はエビチリ作るのにもうバナメイエビ買っちゃってるのでブリも甘えびも要らんのですわ。ま、ほぼ言いなりに買っちゃった立場で言うのもなんですが本当に要らなかったのです。

で、ブリは義妹宅に引き取られていきました。成仏してくれ。

ネギ背負った鴨は近江町市場では人気者なのさっ!! (∀`*ゞ)テヘッ




* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-01-05 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

近江町市場は今日から通常営業です。当社柿市商店も同じなので数日ぶりに市場へ行くとそこかしこで新年のあいさつが聞こえてきます。

もちろん当社でもかなりきちんと挨拶が交わされています。そこ商売的にも大事ですよね。

市場でも何人かとあいさつを交わし今年もよろしくとお願いしてきました。

いつの間にかこの場所が自分のテリトリーになっていたようです。

会社では蕪と鶏肉を煮たおかずが主菜になりました。もちろん蕪は渡されたものです。柔らかくは煮えているのですが鶏肉から染み出た脂が半端ねぇことになっています。特に今回は皮つきで料理したのですごいですねー状態です。

知っていますか?鶏のから揚げを作ると揚げ油の量が増えるんですよ。ほんとです。

年末が終わりやっとホッとしたと思っていたのですが、実は連休前であったと気づきまたぞろ切迫した様で働く社員を見て少しかわいそうに思いましたが、基本1月2月は暇なので良いのかもしれません。

食材の補充がかなり厳しいことになっているので手持ちのもので料理を作るしかないようです。明日は大丈夫だけどあさっては?

なんだか年が明けても綱渡り状態の続くまかない婦でした。
* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-12-18 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日はまかない婦が少しだけ気にしている近江町市場の変わった人の話をしたいです。

まずまかない婦が心の中で『スマホ店員』と呼んでいる人のこと。

彼は魚屋さんの店員さんです。背が高く顔が小さく多分整った顔をしているような気がします。よくは見ていないので多分ですが・・・ちょっと見速水もこみち風の彼はいつもスマホをもてあそんでいます。

あれで店番として成り立つのかな?顔はいつもスマホに向けられお客様を見るそぶりすらありません。あの店のオーナーはそれで良しなのでしょうか?

実は近江町から離れデパ地下に向かう地下通路でも見かけたことがあるのですが安定の歩きスマホでした。彼、人として大丈夫なのか?

おばさん改めおばあさんのまかない婦はひそかに心配しています。

そしてもう一人、これもどうかと思っているのが『ガチャ男』です。

その人は地下のドラックストア前のガチャの前で床に直接座っています。そしてガチャから転がり出た景品を開けています。

すでに3回は見たのでもっともっとガチャっているのだと思います。大丈夫なのかガチャ男?

近江町市場の中には不可思議な人たちが点在しているようです。
* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |