09 << 2017/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-06 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日社員の1人が結構な大きさの鯛を一尾くれました。冷凍してあったので解凍して煮物にすることにしました。

丁度市場でキンメダイの頭をたくさん売っていたのでそれも買ってきて大根と一緒にアラ炊きを作ることにしました。大根の在庫も豊富です。

DSCF5881_convert_20171006174749.jpg
出来上がったアラ炊きがこれです。金目の頭がついていたり鯛の尻尾がついていたり様々です。

DSCF5879_convert_20171006174710.jpg
頭がかなり残ってしまったので不要と思われる分はほぐして鯛デンブを作ろうとよけてあります。これはひょっとしてほしい人がいるかもと思いねんのためによけてあるお代わり用の頭です。

調理するとき、盛り付けするとき、デンブのために身をほぐす時と何度も魚まみれになっていたのでまかない婦は近所中のお猫様にむしゃぶりつかれそうなほど魚臭くなってしまいました。

そのまま酒屋で店番をしていたときお客様に試飲用の酒を差し出そうとしてふと戸惑いました。『ありっ、俺って魚臭いんじゃね?今お勧めした日本酒の香りも良いですって言ってまったけど、差し出したこの手がすっごく魚臭いはず・・・アリか?』

お客様は
「ほんとうだ。」って笑ってくれたけど心の中では『なにこのおばさん、臭っ!』とか思ってたりして・・・

その後もボタン海老の皮をむいたり、アユの下ごしらえをしたり、甘エビを炊いたりしたから魚まみれは続行中です。

でも結構嫌がらずに食べてくれた人が多かったから少しは良かったです。

魚料理の時は
1、魚の値段が高い
2、無茶苦茶手間がかかる
3、その割に人気がなくてお残しが多い

の三拍子がそろってて、いきおい『くたびれ損』になることが多いです。空しいかもしれません・・・

でも鯛デンブまで進めばまたぞろ大人気か?こうご期待♡

スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-30 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

いつものことなのですがヘタレ野菜が押し寄せてまかない婦を追い詰めてきます。どんどんおかしな食材が増えていくので力いっぱい戦う毎日です。

DSCF5858_convert_20170930123405.jpg
小蕪と中蕪がグッタグタになって三階厨房へやってきました。
「こんちわー、俺たちどうにかしてもらえっかね?」

挑戦されて撤退しづらい性格なので副菜に使うことにしました。皮を厚くむいて大きいものは適当に切り、肉団子と煮つけます。

DSCF5864_convert_20170930123527.jpg
こんな感じです。素材があれな割には良い感じかな?

DSCF5860_convert_20170930123449.jpg
蕪の上をいくひどい状態の長茄子です。でも痛んだところを削ってみたら意外に使える部分が多かったです。

DSCF5865_convert_20170930123612.jpg
これはささうち切りにしてごま油と出汁少々で味付けし茄子から出た水分で煮物状になったおかずです。栄養士の学校の和食の先生に教えていただいた料理でかなり状態の悪い茄子でもそれなりにおいしいご飯のお供が出来上がります。

他にはしおれた水菜をおひたしにしたのですがしおれた状態がさほどインパクトがなかったので写真撮りは止めました。

それから主菜のお好み焼きに使ったキャベツなんですがビジュアル的にひどすぎて写真撮りは止めました。でも葉を数枚むいたらまっとうな感じになったのでこれなら売れたかもなんて思ったまかない婦です。

DSCF5862_convert_20170930182928.jpg
そんで出来上がった昼ご飯がこれです。まあ、終わりよければすべて良しってことでめでたしめでたしです。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-25 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日は柿市商店のイベント日『松茸御飯の日』です。

DSCF5819_convert_20170925123537.jpg
ジャーン!!米が五升五合、松茸が12kg、炊きあがった御飯は7升くらいでしょうか?

この松茸御飯を1升の釜でチマチマと炊いていきます。出来れば3升のガス釜で炊きたいところなのですがこれでやると炊きあがる前に火が消えてしまいメッコご飯になってしまうのです。よほど水を増やせば大丈夫らしいのですがそれだとぐちゃぐちゃでおいしくないですよね?

なので大変だけどチマチマ炊きは必須です。あっ、当社のレシピでは松茸だけ先に煮てその煮汁でご飯を炊き、その後松茸と千切り生姜を混ぜこんで塩で味を調えます。

なぜ松茸を炊き込まないかというとそれをやると松茸の味が薄く、物理的にもしょぼくれてしまうので後で混ぜこむ作り方にしています。これだと松茸の存在感もばっちりでご飯もおいしく焚けます。

そして一升炊きあがるごとに松茸と生姜を混ぜこんでいくので底の方が具が少ないという理不尽なことが割と少なくなります。

DSCF5820_convert_20170925123615.jpg
これが今日のお昼御飯です。主菜は目玉焼きにしてご飯にONしても良いかなって思惑です。いつもなら副菜は冷凍の里芋を煮るのですが、今回は豆腐ハンバーグが結構残っていたのでじゃがいもと炒め合わせた副菜にしました。

ベストではないけどバットでもないかな?

みんな喜んでガツガツ食べてたから良かったですよ。

明日の朝は今日松茸御飯を食べなかった従業員といつもお世話になっている取引先の人におにぎりに握って渡す予定です。

松茸御飯の日は前日に松茸の下処理と松茸を煮るところまで、当日はご飯のセコセコ炊き&おかずづくり、翌日におにぎりづくりと三日間の苦行付きのハードなイベントですが社員が喜ぶのでずーっと続けています。

あといつも迷惑をかけているご近所におすそ分けして近所づきあいを向上させるためにご飯を利用しています。

あー、朝早い人のおにぎり今日のうちに握っとかなきゃです。🍙🍙




* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-13 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日は中央市場が休みなので会社は一応お休みです。でも出番の人たちがいるのでまかない婦としては全くのお休みというわけにもいきません。

それでもいつもより起床時間は3時間近く遅くても良いので自分の時間はたっぷりある感じです。

休日の朝は人数分のおにぎりを作ります。それがいつもの朝食の代わりということで見逃してもらっています。これを8時過ぎに1階のカウンターに置いたら厨房に戻り食洗器をセットしていったん居室に戻ります。実はこの時点でまだ洗顔なども済ませていないのでこのあとゆっくりと身支度を整えます。

そして厨房に戻りお茶を沸かしたり麺つゆを作ったり、時間のかかる料理の仕込みを済ませます。

この後定番の海苔巻きを作りゆっくりと自分の朝食をとりながらテレビを見たりパソコンをのぞいたりしてのんびりします。お茶が充分に浸出するまでが自分の時間です。

その後お昼のおかずを作ったり麺を茹でたり薬味を用意したりして12時までに昼食準備を整えます。

12時を過ぎても全員がすぐに食べに来ることもないのでネットで小説を読んだりブログを書いたりして過ごします。翌日の下ごしらえをすることや渡された野菜をしまうことなどもあります。

実のところ渡される野菜の量が半端ないので野菜の片づけは思いのほか時間がかかる時があります。そんなことをしながら足片づけをしていきます。

母がいれば食器洗いから片付けまで率先してやってくれるのでかなり楽していますが、大物の鍋などはなるべく洗うようにしています。とはいっても右手の手首がずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと何年も痛いままなので思うようにも行きません。

整形外科の若造先生は
「仕事を辞めれば痛まなくなりますよ。」と言っていました。若造の言うことですよ。(゚д゚)、ペッ

後片付けが終わった後は母と二人でお茶したりテレビを見たり買い物に行くことも有りますが基本インドアなのでお出かけ命の母と違いのんびり昼寝したりしています。

休日のまかない婦はかなりゆるゆるです。

母がゾンビのような顔のままで同窓会に出かけたので今日はこれから1人ご飯です。

今晩は獅子の里さんのひやおろし『絆』を飲みながらまったり予定です。ホナ(=゚ω゚)ノ
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by タ-チK
まかない婦さん、私は毎日が日曜日ですが、今日は水曜日だとおもいます。少し疲れているようですね。
休みの日は充分に休養してください。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ターチKさん、指摘されるまで気が付いていませんでした。サンキューです。v-421

個別記事の管理2017-09-12 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日買った甘エビを今日天ぷらにしたら5階建ての会社中に海老のにおいが充満しています。くっ、くっせーです。

しかもその後また今度は豆鯵を南蛮漬けにするためにフライヤーをもう一度使ったのでさらに濃厚なにおいが立ち込め、臭いに敏感でもないまかない婦ですがさすがに苦しくなっています。多分服や髪の毛にもこの臭いはばっちりまとわりついているでしょう。

このまま外出したら猫に飛びかかられるかもしれません。

母も自分の服があまりに臭かったのでまかない婦のTシャツを勝手に借りて着替えた模様です。

そうそう、ここ数日体調不良で死人のように顔色の悪い我が母は明日同窓会なので泊りがけで温泉に行くのだそうです。

役をしているから行きたくなくても行かなければならないのだと言っていますが、そんなキョンシーみたいな人に世話を焼かれても同級生の人たちもくつろげないような気がしますよね。

その母の同級生の人の中にとんでもない潔癖症の人がいて大浴場の床に嫌悪感があるらしくつま先立ちで歩くのだそうです。

あぶないと思います。ただでさえ滑りやすい風呂の床を80過ぎの高齢者がつま先立ちで歩くとは悪い予感しかしません。

挙句の転倒→怪我→キョンシーのおせわの図式がチラ見えするような・・・

あんな状態の母を出席させて良いものか不安を感じますが子供ではなし、本人が行くと言うのを止めることもできず見送ることになりそうです。

『キョンシー温泉へ行く』の巻。行くが逝くにならねば良いがと心配するまかない婦でございます。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |