FC2ブログ
06 << 2020/07 >> 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2020-07-11 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の予告通り今日はお昼ご飯がコロッケになりました。なぜなら芽の出たシャドークイーン(紫色のジャガイモ)をかなりな量渡されたからです。

IMG_8667_convert_20200711182315.jpg
この禍々しき汚物がそのシャドークイーンです。

これ見てさすがのまかない婦もドン引きしましたよ。ここまでひどいものをよくぞ捨てずに三階厨房まで上げてきたよね。うちの会社のごみの方がまだしもまともな野菜が混ざっていますよ。

でももともと諦めの悪い性格なのでとりあえず一個だけ芽を取り除き皮をむいてみました。

すると以外に使えそうな中身が現れたので『やっちゃるか』ってことでコロッケにすることにしました。このままだと紫色がどぎついので冷凍の里芋もプラスしました。

IMG_8670_convert_20200711182403.jpg
出来たコロッケがこれです。3/5がシャドークイーンで2/5が里芋といったところです。豚小間と玉ねぎを炒めたものを混ぜこみましたがいつもより量は控えました。

だっていつも肉を混ぜこみ過ぎて種から肉がはみ出しそこが油に触れてカスカスしてたからね。肉さえ増し増しにしとけばOKという妄想は捨てました。

食べた感じは里芋感が思ったより強くねっとりしていました。シャドークイーン自体は特に癖のある食材ではないのでこんなものなのかもしれません。

社員の評価は可もなく不可もなくといったところでしょうか。社員歴の短い人は何を食べさせられているのかもわからなかったかもしれません。顔を合わせた新人さんには説明しておきました。

実際売る立場の当社社員は食べてその味も知っておいた方が良いですものね。

さすがに紫色のポテトサラダはきついかなと思って未だ未挑戦です。次回また上がってきたらトライしてみようかな・・・
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-06-27 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日酒屋のお仕事もほとんどなくて時間がありました。昨日のうちに作った料理をレシピ化しておいたので今日はそれをホームページに反映する作業ができるとちょっと嬉しくなっていたのですが・・・・

IMG_8618_convert_20200627185915.jpg
班が浮いたり筋が茶色くなったりしているインゲンをおよそ10kgほど渡されました。

夢破れて山河あり・・・😢 まかない婦のお仕事計画は見事に頓挫しました。

このインゲンを裏スジ、表スジ&班が浮いた場所を一本一本ピーラーで削り取り、適当な大きさに切り分けて茹で上げるところまでが今日のお仕事ノルマになりました。気の遠くなるような厄介な仕事です。

IMG_8619_convert_20200627190008.jpg
2時間か3時間か?とにかくうんざりするほどの長時間をかけて仕事をやり終えました。もう涙涙のまかない婦です。

茹でて水に晒し、脱水シートを敷いた器に収めて冷蔵庫にしまう。

もう、今日は更新のお仕事はする時間もないです。ぐったりしながら妹との店番の交代のために酒屋へ向かいました。

なんか妙にお腹が減ったよ。😭

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-06-18 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日柿市商店の昼食はホワイトシチューでした。2日前から働き始めた新卒の男性社員が受け入れやすいメニューをほんの数日でも実施できればと思っていたからと自分で思い込んでいました。

それにしても結構暑苦しい日が続いているし、牛乳がまだ溜まっているというほどでもないのになぜホワイトシチューなのかなと自分で思いながらじゃが芋の皮をむいていてハッと思い出しました。

皮をむいたじゃが芋を渡されたじゃねーか!!

そうでした。皮をむいて縦半分に切ったじゃがいもが古くなって売り物にならないから使ってほしいと渡されたのでした。忘れてたよー。

慌ててしまいこんだ冷蔵室に取りに行くと思っていたより大量の皮むきじゃが芋(古い)を発見しました。チッ、さっきむいたじゃが芋は余分だぜ。

IMG_8514_convert_20200607085549.jpg

まあ、新しくむいたものは明日以降使うとして、とりあえずこの皮むきじゃが芋(古い)を使ってしまわねばなりません。

ここからが大変でした。普通のジャガイモの皮をむく5倍ほどの手間がかかると思っていただければいいのですが、多分使えなかろうと削り取った部分が使える部分と同じほどあるわけで、しかも小さなじゃが芋をピーラーでむくのは結構危険な作業です。

おかげで出来上がった時間は予定より1時間ほど押していました。でもまあ何とか間に合ったしじゃが芋も大量に消費されました。

余分にむいてしまったものは明日ポテトサラダにでもしようと思っています。材料に最適なレモンを何十個も渡されたし、胡瓜も余分に持ってきてあります。更に使ってくれと渡されたサツマイモもあるのでこれも一緒にポテサラにする予定です。

何かに操られるように明日の副菜はじゃが芋とサツマイモのポテサラに決まり、主菜は渡された牛蒡2本の存在から肉柳川に決まりました。

献立を決める余地もなく献立が決まっていく、不思議で理不尽な従業員食堂の厨房は適応力のない人間にはこなせぬハードモードな職場です。

まかない婦老骨に鞭を打って頑張っております。( ̄^ ̄)ゞ

明日のおかず、肉柳川の方のビジュアルが結構ひどいことになりますが味は間違いなく良いと思うので新人さんもOK・・・・だと思いたいです。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-06-07 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

当社従業員食堂では大体前日に献立を薄っすら考えます。手持ちの在庫の中で何か早急に使ってしまわなければならないものはないか?やばいものがなかったとして、最近あまりやってない料理は何か?副菜に使ってしまいたい食材からまず副菜を考え、それとマッチングする主菜を考えたりします。

でも予定は予定、未定であって決定ではありません。

なぜなら朝出勤したらやばい食材がドカッと差し出されていることが往々にしてあるからです。

先日もありました。

IMG_8514_convert_20200607085549.jpg
皮をむいたじゃが芋が10kg以上です。

この食材はたびたび渡されますがこれほど大量に上がってくることはあまりありません。これは皮をむいて半分に割ったじゃがいもを納品しなければならない取引先があるからです。

皮をむくのは当然調理の手間を省くためですが、半分に割るのはいわゆるアンコがないか確かめるためです。アンコとは真ん中の部分が褐変しているものを言い、大ぶりのジャガイモに割とある不良品ですが割ってみないことにはわからない場合が多いのです。

ただこの状態だと品物は劣化しやすいのです。へたをすると周りがどろけてきます。

このじゃが芋担当部署の社員に確かめてみると2日前の品物なのでもう納品できないのだそうです。

当社のお昼ご飯のおかずが高野豆腐の卵とじからじゃが芋の卵とじに突然変更になりました。まあ対処するのがまかない婦のみなので変更も割とスムーズです。

その後このじゃが芋の周りをもう一度ピーラーでむくという厄介な作業はありましたが何とかなりました。1回では使いきれなかったので翌日の味噌汁の具材にしたり味付けが濃すぎた前日の肉じゃがにじゃが芋プラスしたりしてしのぎました。

少し残った分は簡易的なポテトサラダにしようと思っています。

こんな風に突然メニューが変わることが度々あります。

もっともヤバい食材はもやしですね。これは待ったなしで、渡された時点でアウトということも多々あります。

それから厄介なのは割れた卵です。パック詰めのものならまだしも10kg入りの箱ごと落として箱から卵液が垂れているようなものは見ただけでこちらの涙も垂れそうになります。

まかない婦の毎日は結構きついです。😢
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-05-27 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

規制が緩和され営業を再開されるお取引先様も少しずつ増えてきました。

それでもまだまだなので仕入れはぐっと抑えられいつも満杯になっている当社の巨大冷蔵庫の中もスカスカのままです。

なのになぜか大量の大根がこれでもか、これでもか、これでもかと3階厨房に押し寄せています。多分20~30kgほどはあります。

なぜかといえば実が割れているからです。こうなると普通の煮物とかには使えずせいぜい大根おろしかなーという感じなのです。

まあ料理屋さんでなければ刻んだりしてまかないに使ったりはできますがそれでもかなり手間がかかりそうです。

すでに千切りでサラダにし、シメジと合わせたおろし和えを作り、昨日はおでんにしたのですが使う方が追い付いていません。本来なら売り物にならない野菜は仕入れ先に返品するのが当たり前なのですがなぜかそれが厨房になだれ込んでいます。

また人参も同じような状態で押し寄せていますが、これは競馬場のお馬さん用に納品できそうです。

だってお馬さんたち『やだわーこれ、割れてるじゃないのこんなの食べられないわ』とは言わんと思うのです。傷んだものでなければOKなはずです。🥕🏇🏇🏇

ということでとりあえずは大根さんのお相手です。

とりあえずは厚めにスライスした大根と豚小間の炒め煮にして、次は紅白なます、そして千切りにしてごま油とダシと醤油で味付けして炒り煮にして、それでも余れば厚揚げのおろし煮とかまだまだ打つ手はありそうです。

やってやる。

秘かに闘志を燃やすまかない婦です。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |