FC2ブログ
個別記事の管理2020-01-24 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

月末に近づいてきたので来月のホームページ用の料理を作らなければなりません。

ホームページのトップを飾る加賀野菜のオリジナル料理を毎月作り続けているまかない婦です。

来月の素材は『のとてまり』という巨大椎茸です。これって加賀野菜ではないのですが能登で作っている巨大椎茸なのです。

『のと115』という菌種の椎茸の中で一定の条件をクリアした優良品が『のとてまり』を名乗ってよいことになっています。その条件とは
1. かさの直径が8cm以上であること。
2. かさの厚みは3cm以上であること。
3. かさの巻き込みが1cm以上であること。
この3つをすべてクリアし、形が揃っていてほぼ球形であることと、割れなどが無いことも重要視されます。

と、なかなかにハードルが高い称号になっています。

今回使ったのとてまりは既定の箱に3個しか入らない超巨大椎茸でした。1個の重さが100gもありましたよ。実は立派なので売らずにキープしてあったもののようで在庫期間が長くなりすぎ売りづらくなっていたようです。

本当は2日ほど前に料理を作ろうと思っていたのですが組み合わせる素材が牛筋だったので短時間煮ても軟らかくはならないと思い前日に下煮することにしたのです。

そして昨日仕入れ担当者のUさんにのとてまりを買いたいといったところ、東京でのイベントのため買い占められ県内にほとんどないうえスゲー高いと言われたので1日待ちました。

そして今日さっそく作ろうと思って問い合わせると、今日はのとてまりの市が立つ日ではないから入荷はないと言われたのです。

アッア゛ーン?なんじゃそれ?それじゃ間に合わんがいね。(「・ω・)「ガオー

ヤーさん並みにやさぐれたまかない婦に気圧されたかとっときの3玉のとてまりを差し出したUさんでした。

すでに牛筋のスタンバイオッケーだったのでさっそく作りました。椎茸が思っていたものの1.5倍ほどの大きさだったので1個を4つに割って作りましたよ。

出来上がりは来月のホームページを見てくださいね。よろしく。(^-^)/

とりあえず中途半端に出来上がった画像とでかすぎる椎茸を煮込んでいる画像を載せておきます。

IMG_7770_convert_20200125175942.jpg
椎茸がでかすぎて鍋を大きいものに変えて煮込んでいます。

IMG_7781_convert_20200125180007.jpg
いつもカレーライスを食べる器に盛り付けてみました。食べ応え充分なおかずになったようです。
スポンサーサイト



* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-10-25 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日という一日は忙しい日でした。なぜなら月末なので来月のホームページ用のオリジナル料理を作らなければならなかったためです。

来月の素材としてまず加賀蓮根をチョイスしました。加賀蓮根は一般的な蓮根より節が短く、粘りやシャリ感が優れた優良品種です。

この蓮根で作った酢レンコンやきんぴらはまかない婦も大好きな料理です。

そして以前に作ったレバーとの炒め物が特に自分のなかでのお気に入りです。

なので今回も炒め物にしようかなーと思っていました。えーっと、鶏の砂肝と炒めてきんぴら風にしてピリ辛にする。これで行こうかなと考え補助素材としてオクラを使って食感の違いを楽しめるようにする。それから甘長唐辛子の赤を使って色どりをプラスする。うん、これで行こう。

と思っていたのに・・・甘長の赤が無いよ。緑ならいっぱいあるけどオクラと色がかぶっているから面白くないし、色的にOKなパプリカやルミネではちょっと違う気がする。

しかたないから甘長は省くことにして砂肝を買いに出かけました。

が、ついてない日は徹底的についてないようで砂肝も売り切れでした。

どうしようかと思っていたらたまたまひき肉が安売りしていたのでこちらを使うことにしました。うん、ひき肉ってあんまり使ってないからかえって良いかもしれない。肯定的に考えて帰宅しました。

そして味付けはきんぴら風からオイスターソースに変更し、麻辣粉で辛みをプラスです。

麻辣粉って唐辛子と山椒のブレンドされた調味料です。ピリッと辛い刺激的な味ですね。

出来上がった料理はいつも作る普段の料理よりおいしかったです。いつもはちょっと調味料を使い過ぎてるんだよね。

栄養科の計算もするからあまり塩分過多にしたくないのでホームページ用の料理はいつもの自分の味より結構薄味です。かえってこの方がおいしいというのがちょっと哀しいまかない婦・・・

今晩はこの料理メインであとは作ったイクラの醤油漬けを大根おろしであえて頂きます。酒は日本酒にしようかシャンパンにしようか迷うところです。

てことで、一応月末の重大業務半ば達成いたしました。
* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-10-15 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日柿市商店では松茸ご飯が従食でふるまわれました。八百屋の作る松茸ご飯。しかも「凄いですねー」と言われて調子に乗った社長が用意する狂ったレシピです。

なにせ5升の米に対して12kgの松茸です。これって異常ですよね。

以前は1升に1kgの松茸だったのです。それでも十分豪華な松茸ご飯だったのに調子に乗った社長がどんどん松茸の量を増やしていって今では1升に対して2.4kgですよ。もはや飯より松茸の方が多いような塩梅です。

IMG_7220_convert_20191015184033.jpg
ちなみにこちらが12kgの松茸を炊いたものです。

IMG_7223_convert_20191015184114.jpg
そしてこれが出来上がった松茸ご飯ですが、この保温ジャーには4升入れることができます。もう一個のジャーに2升の松茸ご飯が入っています。合計で6升以上出来上がったと思います。

IMG_7224_convert_20191015184155.jpg
そんでもってこれが今日のお昼ご飯です。ど真ん中に狂った松茸ご飯が鎮座し、主菜は目玉焼きで松茸ご飯にONできるようになっています。

副菜は里芋の煮物なのですがダイエットの人のために大根おろしも用意してあります。

あと生揚げがあるけどこれは卵嫌いの人のための主菜です。大根おろしを添えるとなお良しなのでおろしは多めに作ってあります。他には汁物や漬物類が並んでいます。

一応クックパットの当社のページに1升に松茸1kgのレシピが家庭用に量を抑えた米2合に対して松茸250gのレシピとして載っています。このままの味では少し甘めなのですが最後に塩を加えて調整することになっているのでこれで良いかなーと思っています。とりあえず載せておきますね。


今年地物の能登松茸がまだ全然出荷されてきません。天候の問題でしょうか?

とりあえず今だけの秋の味覚です。安い外国産のものも結構出回っているのでトライしてみてください。松茸ご飯にするのは嵩の開いたものの方が良いようですよ。
* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-08-23 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日来月のトップページのためのオリジナル料理を作りました。

来月の素材となる加賀野菜は五郎島金時という赤紫の皮の美しいさつま芋です。ただ地酒とのコラボという点で言えばさつま芋は簡単な素材ではありません。甘さやホクホクした食感が日本酒とのなじみが良くないように思えます。

でもこの素材を使わないということも難しいので今回はサツマイモのポテトサラダにしようと思っていました。

ですが出来上がった料理に納得がいきません。もっとおいしくできるのではないかと思えるからです。

何が気に入らないかと言えばやはりボソボソした食感でしょうか?わざと塊を残す感じで作ってみたのですがう~ん。

反対に裏ごし使って滑らかな食感にしたほうが良いかも?味付けはレモンやヨーグルトなどを使った酸味のある感じなのですがそこは悪くないのでやはり裏ごしかな?

明日再度トライしてどちらかに決めるつもりです。

てことは二度手間なのでかなりめんどくさいけど仕方ないね。

意外と真面目なまかない婦でした。
* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-07-26 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日来月のホームページ用の料理を作り夕食に母と一緒に食べたのですが『不味い』と言われてしまいました。

ヘタ紫茄子という加賀野菜の小ぶりの茄子で炒め物を作ったのですが皮が硬くて味のしみこみも悪かったので確かにおいしくはなかったです。だけど料理を作る人間に『不味い』はまずいでしょう?

つい先日も朝食代わりに冷凍してあった肉まんをレンチンしたら皮の一部が硬かったのですが、母はその硬い部分を食べ残しただけでなくスプーンでベシベシと叩きながら不味い不味いと連呼していました。

まかない婦が作った肉まんではないにしろその態度は承服しかねるものです。微妙にいら立つまかない婦です。(#^ω^)ビキビキ

でも確かにレシピとしてはどうかと思ったので作り直すことにしました。

IMG_6786_convert_20190726171509.jpg
これが『ヘタ紫茄子のコチジャン炒め』で昨日の作。

IMG_6805_convert_20190726171711.jpg
これは今日作った『ヘタ紫茄子のコチジャン和え』で調理した材料をコチジャンベースの合わせ調味料で味付けしたものです。

実際に代えたところですが、昨日は茄子、肉、玉ねぎ、オクラも炒めたのです。まあフライパンに投入する順番は考えたので良いかと思ったのですが、茄子は硬くて味が染みていないし、オクラはコチジャンが回りすぎていて色が悪くなっていました。

そこで今日はまず茄子の皮に刻みを入れ素揚げしました。オクラはさっとゆで、玉ねぎと牛肉はごま油で炒めました。

炒めたフライパンに茄子と茹でたオクラを加え、フルーツトマトも切って加え、作ったコチジャンベースの合わせ調味料で味付けしました。

これにより茄子は軟らかくオクラはしゃきっとしたままで色もきれいなままです。それに茹でたオクラや切ったトマトが混ざっているので味のオンオフが出来て前よりかなりいい感じになりました。

それにしても・・・二度作るのはちょっとしんどいわ・・・

母の容赦ない非難に少々ビビっているまかない婦です。
* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |