FC2ブログ
09 << 2019/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-08-28 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

最近きな臭いにおいが漂っている日本と韓国ですね。先日も日本人女性が引き倒されている映像が流れていました。いやはや立場が反対でなくて良かったですよ。日本人が韓国の人にあんなことをしたとしたらいたたまれないですものね。

そんなこんなで韓国旅行の時の話を今日のお昼にしていたのです。会社からも一度韓国旅行はしていましたからね。

まあ、まかない婦の場合個人的にも韓国には行っています。まかない婦の山小屋時代の友人の男子と、医師会検査センター時代の後輩女子との3人で韓国に行った時のことです。

基本的に宿はその街に行ってからとるスタイルなので少しもめました。オンドルの古民家風の宿に締まりたい男子と、小奇麗なホテルに泊まりたい女子は意見が合わないだけでなく気も合いません。

まかない婦がどちらとも友人だったのでかろうじてつながっている3人組です。この二人お互い嫌いあっているようでした。そんな感じでも一緒に旅行するというのがある意味謎な3人組です。共通しているのは行ってみたい国とか、何でも食べてみたいところかしら?

間に居住するまかない婦はもともとすべてがどうでもいいですよ系なので誘われれば誰とでもどこへでも行く感じです。

話を戻します。泊まるところですが結局決められない2人にしびれを切らして寂れた感じの宿をとることを決めました。そしてチェックインした後に信じられない文句の嵐が始まったのです。

「あのね、ここって連れ込み宿だぞ。宿の前にそれ系の女が立っていたのに気が付かなかったのか?」オイ、気が付いてねーよ。気が付いてたらここに決めるわけねーだろ。てか、わかってたんならチェックインする前に文句言え!(#^ω^)ビキビキ

「ちょっとー、この宿うるさいよ。私さっきの繁華街のホテルが良かった。もう、私一人だけあっちのホテルに移るから。」オイ、それも早く言えよ。もー、勝手にしてくれ。何ならここでばらけたってかまわんよ。ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

2人とも超勝手でわがままである。こんな人たち、もー嫌になった。

けど結果的に3人ともその宿に泊まり続けることになったのです。一応床はオンドルで温かかったし部屋も広かったからね。ただお風呂は清潔感ゼロだったので2日間風呂は使いませんでした。彼らは使ってたけどね。

仲悪し3人組はこのほかにも中国にも行ったけどなんでこの3人だったのか未だに謎です。韓国観光よりも自分の友人たちの個性の方がインパクト大とはこれいかに?

ちなみに中国に行った時は初日からまかない婦が風邪をひき、まかない婦1人が帰国するまで部屋で沈没していたという悲劇の旅になりました。

そして咳のうるさいまかない婦の部屋から避難して仲の悪い男子の部屋に避難した後輩女子に秘かに呆れていたまかない婦でした。これって一般的にはありですけ?
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-10-11 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日妹と話していて思い出したのですが東京で最初に借りたアパートの話です。
「あんた二層式の洗濯機を使ってた」

確かに使っていました。そのころでさえ二層式の洗濯機はあまり見かけなかったのですが仕方なく・・・

実は立派な全自動の洗濯機を用意していたのですが大家さんからダメ出しが出たのです。
「あのね、今東京ではみんな二層式に代えているのよ」

嘘~ん。んな馬鹿な。


どうやらよくよく聞いてみると以前部屋を借りていた人が全自動洗濯機で水漏れを起こしたらしく、それ以降このアパートでは全自動洗濯機不可になったらしいです。すでに買ってしまって部屋にあるのだからと説得したのですがとりつく島もありませんでした。

泣く泣く全自動洗濯機は金沢の自宅に送り、リサイクルショップで中古の二層式洗濯機を買ったのです。

大変ご高齢の大家さん夫妻はアパートの一階部分に住んでおり、まかない婦が洗濯物を取り落として階下に取りに行こうとするとすでに階段下でその洗濯物をもって立っていました。

さらに次々遊びに来る山小屋従業員にあきれ
「こんなに男出入りの激しい人は初めてです」と言われてしまいました。無実です。

山小屋従業員仲間の誰とも付き合ったことはありません。ただ無遠慮に次々訪れる彼ら彼女らにまかない婦自身も呆れていたので大家さんばかりを責めるわけにもいきません。

通っていた栄養士の学校から帰宅するとまかない婦の部屋に7人も座っていたことがありました。男出入りというよりも人の出入りは激しかったです。

あまりのことにもう来ないでくれと頼んだのですが、そんなことに頓着せず頼んだ数日後にはでかい男が2人も押しかけてきました。

そのころまかない婦の部屋は『弥四郎別館ヒマラヤの間』と呼ばれ、下山している山小屋従業員のたまり場的な存在になっていました。

そこに栄養士の学校の同級生たちもしょっちゅう来ていたので今考えれば笑えるほど人が来る部屋でした。

なんかすごく懐かしいです。

男出入りはげしい宣言ですっかり嫌になり早々に新しいアパートに引っ越しました。もう二度と大家と一緒に住むアパートはやめようと思っていた次のアパートは隣の家が大家さんの家でした。

運の悪さは国宝級です。( ノД`)シクシク…

まあそこでも色々とあったので機会があったらまたご紹介しますね。たくさん生きてきたのでたくさん痛い目にあい続けているまかない婦です。ホナ
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-09-21 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日テレビを見ていて遠い昔のことを思い出しました。番組は『フリーター 家を買う』です。大好きな作家 有川浩さん原作です。もちろん読みましたよ、てか持ってるけどね本。

さて、このお話の中で主人公のお母さんが近所の人から嫌がらせをされているのですが、まかない婦の場合はいじめ?本人にいじめられている自覚はなかったけどいじめっ子体質の人にはたまらない存在だそうです。いやーある意味モテモテ?

記憶の中で小学生の頃に帰り道で待ち伏せされ画板で殴られたことがありました。画板って知っているかな?お絵描きするとき画用紙の下に敷く板のことなんだけど、それで頭を殴られたのです。

あまりにも遠い昔のことなので誰だったか覚えてはいません。それどころではなかったからです。

実はまかない婦を殴ったためその画板が割れてしまい、お前のせいだから弁償しろと迫られたのです。

パニクりました。むしろ殴られた頭は痛くもなかったような・・・ただ弁償は恐ろしかったです。なぜならまかない婦を殴った画板野郎よりはるかに恐ろしいわが父に他人の画板を割ってしまったからそのお金を出してくださいと頼まなければならないのです。

恐ろしさに縮み上がりました。何日も悩んだけどとうとう父には言い出せずそのままうやむやになってしまいました。

まあ今思えば100%向こうが悪いのだし、まかない婦が弁償するということ自体があり得ません。でも子供だったから言われてそうかと思ってしまったのですよね。遠い昔の自分が哀れです。

でもいったい何をして誰をそんなに怒らせてしまったのでしょう?つくづく謎ですが、結構人を怒らせるのは得意みたいです。

そしてもう一つ謎なのは画板が割れるほどまかない婦の頭が石頭だったのかという疑問です。

そして割れた画板を持って帰って親にどう言い訳したのかなと思うと殴りかかってきた奴に対してざまを見ろと思ってしまう自分がいます。

あれいったい誰だったんだろう?このことを思い出すたびいつも一番インパクトが大きいのは『弁償』のことなのでその大きな事柄に隠れて相手の顔も名前もかすれて消えてしまっています。別に思い出したいわけではないのですけどね。

ただこの話を父親にしていたら別の意味で怒られたのだろうなとは思います。遠い昔のいびつな思い出話でした。お粗末様です。
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-08-23 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日義妹がTシャツをくれました。超人ハルクのTシャツです。

ハルクは昔テレビで実写版を放映していたのを見ていたのですが、実は結構好きな番組でした。

ですが今日もらったTシャツを見てハルクがアメコミだったことを初めて知りました。あー、スーパーマンとかスパイダーマンと同じだったんだね。

アメコミバージョンのハルクは結構いかつくて、まるで獣人ゴリラマンです。って、これまかない婦の中学生の時のあだ名だけどね。

実写版のハルクで不思議だなって思っていたのは普通の人間からハルク化したとき肌が緑色になってしかも体が大きくなるんだけど、その時上半身のシャツはびりびりに破れてダメになるのにズボンは破れなくて半ズボン風になるところです。

この話を今朝していたらある社員が
「なかなか節操があるね。」と言っていました。

そうね、当社のA氏とかB氏よりジェントルだよね。

まだまだ暑いので早速着ようと思ってます。サンキュー。
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-02-19 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日妹と交代するために酒屋に来た時、テーブルの上にバナナが二房のっていました。妹が小さく
「弁当にバナナ」と言っています。

昔本当に弁当の代わりにバナナを一房渡されたことがあります。やっちゃった人は今は亡き祖母です。

バナナは特に好きでも嫌いでもなかったのですが弁当の代わりになるのかな?しかも重いし・・・(。´・(ェ)・)

結局他人と違うことをするのが大好きだったひねくれ者のまかない婦はそれ持って学校に行きました。

弁当を一緒に食べるような友人もいなかったし多分黙々とバナナを食べたのだと思います。あまり覚えていません。

ただこれだけははっきりと覚えているのです。おなかがいっぱいになっても心は満たされなかったことを・・・

脳のどこかの部分が『これは違う、なんか違う』と不平を言うのです。よって満足からは程遠いお昼ご飯になりました。

祖母もあまり常識にとらわれない人だったので、今考えればかなりおかしいお弁当を持たされたことがあります。

例えばスポンジケーキワンホール、おかずがハムだけ(ハムの量は充分)、おかずがコンビーフ1缶とソースなどなどです。これって変だよね?

そんでもってバナナ一房昼飯に食うってゴリラ?

そういえばおかずに肉が多いところから中学生の時に『獣人ゴリラマン』というあだ名をつけられていました。これって女の子には結構きつくない?

なんか昔の思い出にろくなものがないまかない婦です。
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |