FC2ブログ
11 << 2018/12 >> 01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-12-07 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

金沢ではインフルエンザがかなり流行しているみたいです。去年より2週間ほど早い流行だそうで、予防注射打ったばかりの身としてはちょっと遅すぎたかと後悔しています。

インフルエンザではないのですが当社では今風邪が蔓延していていつ自分がひいてしまうかわからない危険な状態です。

基本風邪は3日ほどで治るとか言われていますが気管支系統がネックで常に咳をしている身では楽観できません。そしてこの暮れの忙しい時期に体調不良は絶対に避けたいところです。

ここ数年は12月に入っても前半の2週間ほどは割と余裕だったはずなのにどうも会社が忙しそうです。先月でベテラン2人が退職したのと取引先が増えたのが重なっているのでしょう。

そこへもってきて風邪ひきで休んでいる人もいたりして結構ハードなのかもしれません。何やら品出しのための箱もうずたかくフルヘッヘンドです。

酒屋の方は言わずもがなの忙しさです。もちろんお歳暮シーズンであることが大きいのですがお取引先様からの注文も多いですね。

今は日本酒のしぼりたてが出始めたところなので日本酒的にも盛り上がっています。今年は特に天狗舞さんのしぼりたてがたくさん出ています。今までこんなことなかったような・・・(。´・ω・)?

まあ値段もかなり安いし、その割に飲みやすくてコストパフォーマンスが高いお酒です。

毎年楽しみにしている夢醸さんのうすにごりも入ってきたので楽しみです。

ですがまだ秋のひやおろしが結構残っているのと恐ろしいことに夏酒も数本冷蔵庫でおねんねしているのでしぼりたてに手を出している場合ではありません。残念です。

まあいつもの年より早く忙しさとインフルエンザとしつこい風邪が三つ巴でやってきたかな?まだ誰もインフルエンザにかかっていないけれど、会社でやってるインフルエンザの予防注射すらまだ受けていない人がいる現状ではいずれいらっしゃるかもと覚悟しておかねばならんのかもしれません。
スポンサーサイト
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-11-02 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日は吉田蔵の会の続編を書くつもりだったのですがいったん置いといてのお話にします。

明日明後日と連休ですよね。こんな日の前日もしくは前々日はとても忙しい柿市商店です。

昨日の午後6時過ぎに用事があって酒屋から本社の方に向かうとまだ煌々と明かりがともっていて社員が数人働いていました。朝の早い当社の社員はこんな時間まで働いていることが珍しいです。

あっ、3人居る。と思ってすぐ、つい先ほど妹から食べてくれと渡された和菓子の老舗『森八』さんの高そうな詰め合わせに思い至りました。あの中にドン引きするほどでかいどら焼きが丁度3個入っていたはずです。

急いで酒屋に戻りどら焼きをひっつかむと社員のもとに走りました。
「これあげる」

幸い3人とも甘党だったので喜んでもらってくれました。やれやれ・・・

それで酒屋に戻ろうとしたらあれっ?もう一人いる・・・どら焼きもう無いよ・・・(´・_・`)

でもお隣の奥様から頂いたシャトレーゼのシュークリームがある。あれをあげよう。丁度おやつに食べようかなと思って酒屋にもってきてあったよ。

そしてシュークリームを渡したは良かったのだけど、今度は本社ビル1階の薄暗い事務所の中に働く女子社員を見つけたよ。

どんだけ働きものなんだ、うちの社員たち・・・

どら焼きもシュークリームももう無いけど、和菓子の詰め合わせの中にそこそこ大きな栗饅頭が入っていたのでそれをもってまた走ったまかない婦でした。

彼女も喜んでもらってくれましたよ。そんで母と2人でこんなにゃ食えんと思っていた和菓子の詰め合わせはほとんどソールドアウトになったのでかえってラッキーだったかもと思うまかない婦です。

そういえばさっきご近所のマンションに住む奥様が
「あなたのところの社員さんたちって本当に働き者ねー。朝すごく早くから働いているわよねー」って感心されたのです。

そうなんですよ、朝早い人がいっぱいいるんですよ。てか、朝というより夜中から働いてる人も結構いるんですよ。でもね、早く出てきても車の中で寝ている人もいたりしてすべてが働き者かっていうと・・・どうなんだろう?

謎多き会社、柿市商店でございます。

IMG_5576_convert_20181102181832.jpg
えーっと、これは先日仕入れた能登松茸です。これでいくらするのか恐ろしくて聞くこともできないけど軸もぶっとくてしっかりしている素晴らしい松茸でした。嫁入り先は京都だそうです。

今年の能登松茸はすごいです。

謎多き会社は今現在松茸の売買でかなりお忙しい会社でもあります。社長も頑張っていますよ。
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-10-23 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

先日鶏大根を作るために会社の冷蔵庫に大根を取りに行きました。もちろん従食なので会社で一番安い等級の低いものを使うのはいつものことです。

大根はいつもは安い野菜を常に使っている部署から調達してくるのですが、今回は切り大根と言われるぶつ切りの大根を使うことにしました。

しかしこの切り大根がひどい箱に入れられているのです。

IMG_5536_convert_20181023184323.jpg
一応大根は入っているけどこれって箱としての機能的に大丈夫な感じ?なんか持ったら底抜けそうなんですけど。

安い食材中心に扱っている社員が
「3日前は箱でしたけど3日たつとこんなになります」って言ってるけどこんなになったらだめだよね。てか、厨房に持って行こうにも運べない感じなんですけど・・・(。´・ω・)?

いくらなんでもひどいんじゃないかな?結局引きずるように持ってったけど箱はともかくとして大根は軟らかく煮えました。やっぱ季節だね。

夏大根なんて長時間煮ても軟らかくならんよ。

何でも先日友禅作家の叔父が嫁さんの作った大根の煮物が硬いとつぶやいて息子である従弟にひどく叱られたらしいけど、それってあながち料理が下手ってわけでも手抜きしてるってわけでもないからね。仕方がないことあるんだよ。

むしろ嫁をかばった従弟に心の中でエールを送ったよ。

誰だって作った料理をけなされるのは哀しいよ。むしろ自分の容姿や性格を貶められるよりまかない婦は嫌だね。

だったらデブでも禿でも何でも言ってくれって感じ?まあ言われたらで怒るか?てへっ、長く生きてても一向に人格者にはなれんまかない婦であります。
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-10-18 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

一昨日久々の若者二人を迎えてちょっとうきうきしていた柿市商店ですが、翌日が休日で休日明けの今日『チース2人組』は出社してきませんでした。がっかりしたけどちょっと笑えたまかない婦です。

まあでもダメかなーとは思っていたのですよ。だって昼ご飯を食べに来た途端に
「喫煙所どこですかー?」って聞いてタバコ吸ってからご飯を食べに来たみたいなんだけど、まかない婦と義妹と2人で
「嫌いで食べられないものはありますか?」って聞いているのに全く耳に入っていないようで、出してあったメロンを見て
「メロン食べても良いですか?」って、あんた人の話全く聞いていないよね。


更に聞いてもあんまり聞いてないみたいだし、とりあえずはハンバーグとスパゲティだったので問題なく食事を終え、その後また喫煙所に籠ってずーっと出てこなかったそうで・・・

そのずぶとさ結構有望なのかもって思ったけど、やっぱ全然望みはなかった模様です。

社長がくずおれたのではないかとちょっと心配しましたがある程度予想していたようであまりがっかりもしていませんでした。

それにしてもどうなんかなあれ?まともに働く気があるのかしら?

他人事ながらチース2人組の行く末に不安を感じるまかない婦です。
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-10-01 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日の午前中社員さんが大きなごみ袋を抱えて3階厨房へやってきました。
「雅美さん、社長がこれ使ってくれって言っとるけど。」

渡されたごみ袋に(・・?ってなってると
「取引先が卵が割れていたって言ってきたんやけど、それ。」

それって、すでに箱にも入っていないほどグッチャグチャに割れた卵なんかどう考えても納品できるはずがありません。大体ほんの数個割れただけで10kg入りの箱から卵の卵液が漏れ出すものです。

取引先によると箱の半分が割れていたそうですが、それだと90個近くの卵が割れていたことになります。そんな卵は箱の形態を保つことすらできないでしょう。

社長がどれくらい割れていたか確認したいからと割れた卵の返品を頼んだところ戻ってきたのがこれなんだとか。


いやはや酷い有様でした。割れずに残っていた卵が2個だけ。あとひびが入った卵が8個ほど。他の80個ほどの卵がグッチャグチャに割れて卵の敷き紙に張り付いたまま割れています。

これをうちの社員が納品したと?そんなはずがありません。むしろ恥ずかしげもなくこれを送りつけてきた強心臓に脱帽です。

えっ、どうしたかって?もちろん新しい卵の箱を納品しましたよ。そして半箱分の卵は赤伝起こしました。要するに半箱分の値引きです。

言ったほうも言われた方もどちらが悪いのかわかっているというのに、結局泣き寝入りですよ。

全く理不尽な世の中ですが、泣く子と地頭には勝てんのです。

理不尽な要求に泣いた柿市商店の哀しくも呆れたお話でした。
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |