個別記事の管理2018-06-19 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日はお隣のおじさんのお葬式でした。家業があるので全員参加というわけにもいかなかったので絶対来てほしいと言われていた母と弟が参列し、前日お別れに行けなかった妹も参列しました。

その中で親族の人の中喪服がパツパツではち切れそうになっている人がいたそうです。
「ボンレスハムみたいになっていたぞ。あれは苦しかったろうな。」と、つい最近新しい喪服を買った妹が同情していました。

そうですよね。不幸は突然に起こるもの、久しぶりに着ることになった喪服のきつさに愕然としたことはまかない婦にもあります。

義妹の叔母さんの葬儀の時、まさにはち切れそうな喪服で 能登までバスで行ったとき自分が超人ハルクになるのではないかと恐怖したものです。

お通夜の会場で太りすぎで喪服が裂けるなど末代までの語り草ですよ。

子供のころ食べていた楊枝を刺すと皮がプルンとむけるまあるい羊羹があったけど、今楊枝刺されたらプルンとむける確信めいたものがありました。

恐ろしや恐ろしや。

ちなみにパツパツ喪服のその方はまかない婦と同じ『まさみ』というお名前だそうで・・・恐ろしや恐ろしや
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-09 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

お隣のお屋敷の奥様が亡くなってどれほど経ったのでしょうか?あの優しい人の姿を見ることができないのが哀しいです。いつも笑って手を振って話しかけてくれたのに今はもうどこにもその姿がありません。

お屋敷の前を通るたびほんの少し心が揺れます。
「あんたのお母さんより私のほうが若いのよ。」ってちょっと誇らしげに言っていたのに逝くの早いよ。

我が家でも明日、最近亡くなったおばさんの法事があります(祖母の妹だった人で一見間柄が遠そうですがまかない婦の子供のころはしょっちゅう当家に来ていた人なので気持ち的には近しい方でした)。そういえば伯父の法事もごく最近でした。

なんだか喪服を着る機会が最近多いような気がします。自分も年を取ってきたから周りに亡くなる人も増えているってことなんだろうけどそんなことで忙しいのはさみしいものです。

金沢はここしばらくいい天気が続いていたのですが2~3日前から怪しくなってきました。昨日も突然はげしく降ったと思ったらすぐに晴れたりしておかしな天気だと思っていたのですが、どうやら局地的に降ったようである社員は
「この会社のあたりだけ降ったみたいですよー。」って言ってまかない婦のことをジト目で見ていました。

違うから、雨女じゃないから。ただ金沢の天気が不安定だというだけだから・・・

ヤダヤダ、人のせいみたいに・・・

明日おばさんの骨収めもするみたいだから雨降らないと良いな。

法事には母が呼ばれていて野田山の墓所まで行くことになっています。お参りする人たちが困らないように願っています。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-05-28 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日当社のお昼ご飯はオムレツでした。

オムレツのため卵を何十個も割るわけですが

まず在庫している卵から使おうと冷蔵庫の中から出してきた卵のうち1個が空中浮遊していました。

DSCF6724_convert_20180528173315.jpg
何のことはないひび割れた卵が卵液で器にくっついたままだった。ただそれだけなのですが某空中浮遊教祖を思い出してしまいました。

あれより浮遊感強いですよ。何せ落ちてきませんから。

割れた卵なんて箱単位でなければ大したことでもありません。今日はぶっつぶれた豆腐で義妹が味噌汁を作っていました。これは10丁ほどあったうち3丁ばかり使っていたので残りは明日の副菜で冷奴になる予定です。

何せ今日も暑かったですわ。突然夏になった感じでしょうか。

暑いせいばかりでなく検診が近くなってきたので社員のおかずのバカ食い度が下がっているようです。フツーに減っているだけでいつものようにお口あんぐり状態にはなりません。

ずーっと検診のほうが社員の健康と従業員食堂のお財布に優しい気がする今日この頃です。

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-05-27 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日友禅作家の叔父から母に電話があり孫娘が振袖を着たので見せに行っても良いかという問い合わせでした。もちろんロンロンです。

叔父の長男であるまかない婦の従弟も友禅作家であり、その娘に従弟が心を込めて作った世界でたった一枚の晴れ着です。

成人式の時には中国に留学中だったので切る機会がなかったとかで今回着て記念の写真などを取ることになったようです。

晴れ着もそれをまとう彼女も美しかったですよ。若くて清楚な感じでした。

着物のほうも本当に素晴らしかったです。娘のために精魂込めたのでしょうね。

従弟によると同じ友禅作家でも自分の娘に晴着を描く人は少ないのだとか。お金にならないばかりではなく時間や手間、生地代もかかるからということらしいけどもったいないですよね。せっかく描ける腕があり、着る娘がいるのにそれをしないなんて・・・

あー、もちろん写真もあるのですが本人の了解を取っていないのでのせることはできません。悪しからず。

その着物を着て写真撮影のために兼六園に行ったら外国人に囲まれて写真を撮られたそうです。彼女が言うには
「だれも私のこときれいだって言わなかった」そうですが言うまでもなくきれいです。身内のひいき目を割り引いても充分きれいだと思いました。

若いというだけで女性はきれいだけど、それを引いてもきれいですよ。外国人がほめなかったのは言うまでもないと思ったからじゃないかな?

眼福眼福な昨日の出来事でした。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-05-26 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

明日当社にお掃除の業者さんが来てピカピカにしてくれます。

でも結構早くいらっしゃるのでいつもの休日の様に朝寝坊できません。1時間ほど早く起きる予定です。

そうでないと朝食用の🍙を作れなくなってしまいます。床磨きが始まれば踏み荒らすことができなくなります。結局塗ったワックスが乾くまでは仕事になりません。

ということで今日のうちにできる仕事は進めておきました。

母と義妹とで食堂中の移動できるもろもろをテーブルの上に上げたりしてくれたので助かります。

ですが母が掃除をしています。明日業者さんが入るというのに掃除をしているのです。いつもはしないのに・・・

何故に?

聞いてみると掃き掃除なしで床磨きに入るのが少々気に入らないようです。そういえば頼みの綱のルンバもゴミでいっぱいになっていてここ2日ほど稼働していませんでした。

なんかランダムにあっち行ったりこっち来たりしている割には結構ぎっちりゴミがたまっています。こいつがいなかったら食堂の清潔はかなりレベルダウンすることでしょう。

あっ、厨房内も時々侵入してきて掃除してくれていますよ。今度閉じ込めてしっかりやってもらおうかしら?

水にぬれている部分があるのでちょっとどうかと思っていたのですがもともとは地雷除去のために開発されたということらしいので水くらいは大丈夫なのかな?

まあそういうことで明日は丸一日お掃除デーな柿市商店です。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |