FC2ブログ
個別記事の管理2012-05-18 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。今日の金沢はが鳴ったり、突然晴れたりでつかみどころのない天候です 全国的にもおかしな天気が続いていますね。心配なことです

今日妹と話していて、先代まかない婦である祖母の料理についての話になりました。祖母は味付けは上手だったけど、結構とんでもない料理も作っていました。

祖母が作ってくれたお弁当を開くと、おかず入れにハムがぎっしりと詰まっていたことがあります。・・・ハムだけ・・・ハムがコンビーフの缶詰のこともありました(ご飯と、開けてない缶詰だけのお弁当です)。確かに両方ともまかない婦が子どものときに好きだった食べ物です。でも・・・

極めつけはお弁当にバナナを1房持たされたときです。

金沢の郷土料理に『えびす』又は『ベロベロ』と呼ばれるものがあります。甘めのかきたま汁を寒天で固めたような物です。お祭りのときなどに祖母は作っていましたがはっきり言って美味しくなかった 箸で刺すとパキッっと割れるように硬くて、まかない婦の嫌いな食べ物でした。寒天の中に何故卵が入っているのか?しかも、こんなに甘くて、これは菓子なのか?おかずなのか?まったく理解に苦しむ食べ物でした。

ところが、先日近所の方から差し入れられた『ベロベロ』はまったく別物でした。美味しい ベロベロってホントはこんなに美味しいものなんだ・・・ 軟らかくて滋味あふれるその食べ物は、私の知っていたベロベロとは違う食べ物です。

祖母は寒天の濃度だとか、蒸し物の火加減なんかまったく気にしない人でした。でも、味付けは抜群です(ベロベロ以外)

まかない婦の家では焼きは皮付きのままでした。 鯛のかぶと煮もうろこを取らずに調理されていました。父が祖母に文句を言っているのを聞いたことがあります。 「あんたの作るお浸しは砂がジャリジャリしとる。」祖母曰く「お浸しってものはそういうものだ。」そうです。違うでしょ?茹でる前に洗ったりしてなかったよね

祖母に悪気はなかったと思いますが、何しろ16歳で嫁に来たそうですから料理もしたことがなかったのでしょう。

私も良い年まで料理とは無縁でしたが、いつの間にか二代目のまかない婦になっていました。祖母から料理を教えてもらったことはないのですが、祖母の味付けはしっかりと染み付いています。

それがまかない婦にとって祖母から貰った一番の贈り物 だったのかもしれません。今働いている社員の中にも祖母の料理を懐かしんでいる人は何人も居ます。いつか二代目まかない婦の料理を懐かしんでくれる人が居てくれるように、私も頑張ります
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
二代目まかない婦さんの料理を、おふくろの味のように懐かしんでくれる人が何人もいてくれますよ。
頑張ってくださいね。

ありがとう * by まかない婦
いつもありがとうございますe-466
頑張ります。でも頑張り過ぎてるかなっ?て自分で思うときもあるので、力の抜きどころを検討中です。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する