FC2ブログ
個別記事の管理2012-10-31 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日はとりとめも無い話になりそうです。

最初はまかない婦が最近気になっている会社の中の話です。この頃お昼ごはんをほとんど食べに来ない人がいます。何故なのか最近になって分かりました。

食べに来なくなっているのは若手の男子社員です。いつも11時半ぐらいに「ご飯要りません。」の連絡が入ります。何故要らないかといえば、ある女子社員にたかってパンを買ってもらっているからだそうです。「○○ちゃん、お腹すいた、パン買ってきて。」

○○ちゃんは、「今忙しいから後で!」とぶっきらぼうにガミつきますが、毎日せっせと餌を買い与えているらしいです。かと言って、二人の間にな関係が有るわけでもないのです。男子社員は20代、女子社員は40代です。それにこの若者結婚して子どももいます。

彼はただおごってもらいたいだけ。彼女はおごって「ありがとう。」と言ってもらいたいだけのようです。まかない婦にはまっこと訳のわからん話です。人にたからなくっても、会社では社員には無料で昼食が提供されます。それなのに何故・・・・?

さらにわかんないのは彼女の行動です。好きな人に貢ぐならばいざ知らず、どーとも思ってない相手に何故毎日のように貢ぐのか・・・・?お金が余っているなら被災地に寄付したり、足長おばさんになったりとか色々あるでしょうに

周りのみんなが言うには「おごりたくってポケットのお金をジャラジャラ鳴らして歩いているくらいだから良いんだよ!」だそうです・・・やっぱりまかない婦には理解不能です。いいか?どうせ他人事だほっとけ

さっき酒屋の店番交代のため1階に降りてくると、いつもの場所でオニギリ君がサラダを作っていました。
「毎日繁盛しとるね。」
「オレの作るサラダ、旨いって評判なんやわ。」
「えっ?オニギリ汁とか入いってるんか?」
「うん。隠し味にちょっと。」

いつもながらなかなかの乗りです。オニギリ君いい味出しています。

最近聞いたのですが、彼の趣味『白山登山』だそうです。・・・気が知れません。あの山、登りばっかでチョーキツイです。まかない婦も随分昔に一度だけ登りましたが、頂上で親が死んでいても二度とこの山には登らないと心に強く誓いました

山小屋で働いてはいても、登山は嫌いです。

そういえば私の働いていた尾瀬はもうみんな山を降りたのかしら?半年一緒に働いた仲間と別れるのは辛いことですよね。でも、今年は短期の人が多かったのかな?

今HPを覗いてみたら10月24日に下山したみたいです。小屋締めのころのスタッフの写真に今年知り合ったともちゃんが写っていたのでちょっとびっくりしました。勉強するから山を降りるって夏に言っていたよね?どうしたんかな?

分からんことだらけの今日のまかない婦、思いは千千に乱れております。と言うか、乱れて無い日のが稀か?

今日一日が世界中のみんなにとってハッピーな日でありますように
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
月見れば 千々にものこそ 悲しけれ 
     わが身ひとつの 秋にはあらねど  
                     (大江千里)

コメント:







管理者にだけ表示を許可する