個別記事の管理2018-04-21 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

唐突ですが石崎のトリ貝が解禁になりました。これなんと4年ぶりだそうです。

行きつけのお寿司屋さんで巡り合ってすっかりほれ込んでから10年以上の時が経ちました。禁漁の続いた近年は養殖物のトリ貝を買ってきて無聊を慰めたものです。それだって1個が恐ろしく高かったですよ。

DSCF6569_convert_20180421183911.jpg
てことで、これがそのトリ貝です。スマホと比べて大きさがわかってもらえるかしら?ちなみにこれで5000円近くします。5000円札で支払ったら数十円のお釣りが来ました。イコール一枚およそ1000円です。

高いと言えば高いけど希少性から考えれば妥当な値段なのかもしれません。

ちなみにほかの魚屋さんで聞いたら
「4000円程するんだよ。俺だったらステーキ食うわ。高すぎるやろ?」だそうです。

あのね、年寄りはステーキ(特に霜降り)にさほど惹かれないものなんだよ。でも何年も待ってたトリ貝の吸引力には逆らえんものがあるわけよ。わっかるかなー?わっかんねーだろーなー。(´∀`σ)σ

ただ不思議なことは昨日突然知り合いの魚屋さんの社長さんから名指しで電話がかかってきてトリ貝を取り置きしましょうかと聞かれたことだよ。何でまかない婦が石崎のトリ貝に執着していることがばれたのかな?これもまたわっかんねーなー・・・

とりあえず今晩はいい日本酒を買ってこいつをいただくことです。これけってーでございます。
スポンサーサイト
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-20 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日卵の仕入れ担当者から電話が入り割れて卵が漏れ出している10kg箱の卵があるので使ってほしいということでした。

とりあえず当日のお昼ご飯のおかずを作り終えてから問題の卵の箱を開いてみました。

DSCF6560_convert_20180420185932.jpg
ベトベトですが角の部分だけのようで被害はそんなに大きくはないみたいでした。多分角を何かにぶつけたのでしょう。箱ごと落としていたりしたらこの程度ではすみません。

結局ダメになったのは10個以下のようです。

ということで今日のお昼ご飯のおかずは主菜がプレーンオムレツになりました。スタッフドオムレツのほうが好きなのかと思ってしばらく作っていなかったからたまにも良いよね。

DSCF6566_convert_20180420190536.jpg
一応調理師学校に通っていた時、西洋料理担当の高田先生に特訓していただいたのでオムレツが焼けます。中華の田中先生にはあおり炒めを教わりました。和食の中村先生にはカツラむきとサバの三枚おろしをたたっこまれました。

何十年も経った今でも重宝している技術です。3先生ありがとうございました。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-19 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今朝まだ予定していた献立に取り掛かる前に筍が届けられました。

DSCF6557_convert_20180419182729.jpg
ジャーン!これです。筍山を持っている社員が毎年おすそ分けでくれるのです。ヤッホーっと心では喜びましたが実は筍の扱いは結構大変です。

まずこの泥を落とします。それから頭を切り落とし皮をむきます。あっ、このやり方は新しい筍しか通用しない直焚きという炊き方で本来は米糠をいれた水で茹で、沸騰してから1時間加熱し続けた上に一晩放置しきれいにしてから使います。

直焚きは皮をむいた後根元のいぼを削り取り、竹串などで余分な皮もきれいにこそげ落とします。この後切るのですがパリパリなのでひびが入りやすく割れないように切るのは結構大変です。

そのあと水から火にかけあくを取りながら過熱を続け、あくが出なくなったところで鍋を代えます。鍋にもあくがこびり付いているのでちょっと手間ですが頑張ります。

それから味付けしますが味が染みにくいので短時間で作るときは煮汁の味付けを少し強くします。翌日まで持ち越すときは薄味のほうがおいしいですよ。

DSCF6559_convert_20180419182758.jpg
今ここ。

DSCF6564_convert_20180419182847.jpg
ちょっときわどかったけど一応40人分に足りました。サンキューです。(*´∀`人 ♪

そして筍が上等だったので大変結構なお味でした。サンキュー、サンキューでございました。

* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-18 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日寝ているときに思ったのですが最近肩や首がパンパンに張っていてきしむように痛みます。時には腰が痛むこともあってこれはもうどうにかせねばの状態です。

昨日の夜は首が痛くて首に手を添えて支えなければの状態一歩手前です。笑っちゃうけど首が痛すぎると普通に起き上がることもできないものです。

思えばずーっと通っていた整体院に行かなくなってからもう1年以上になります。予約を入れていた日に親戚の葬儀が重なって急いでキャンセルしたっきりそのままになっています。

財布の中には整体院の回数券がまだ入ったままです。そういえば歯医者さんも予約を入れるのをおっくうに思ってそのままになりこちらは整体院以上に長い間行っていません。定期検診を受けていれば深刻な状態になる前に何とかできるので良いシステムだとは思っているのですが深刻な面倒くさがり病です。

でも本当に体の軋みは無視できないレベルになってきたので近所の整体院に予約を入れました。ここなら歩いて数分のところです。以前の整体院に文句はないけどちょっと遠かったからバスで行かねばならなかったし結構時間がかかっていたんですよね。

今日行くところがいい感じだとうれしいのですが・・・
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-04-17 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

明日中央市場が休みなので当社も休みなのですが、近江町市場のほとんどの店もほぼほぼ休みに近い状態です。まあ、開いている店も結構あるのですが閉店時間が恐ろしく早くなります。多分午後3時には片づけモードに入るはずです。

ということで本日の市場の皆様は『今日のうちに売ってしまおう』というやる気に満ちていました。

平日ですら鴨葱状態のまかない婦は知り合いの魚屋さんに見つからないようにこっそりこっそり歩いていたのです。

そして最大の難関をクリアしたことに安堵し、丸めていた背中も伸ばして歩き始めたのですがその背に
「姉さん、姉さん。」と声をかけてきた別の魚屋さんの声を『あたし姉さんじゃねーし、姉さんって呼ばれるほど若くないし、ここは聞こえなかったもしくは気づかなかったことにしてスルーしよう。」と心に決め、やや足早に通り過ぎようとしたのですが正面に回り込まれてまたの『姉さん攻撃』です。

「あれっ?姉さんってあたしのことだったのかな?」なんて言いながら正面に陣取った魚屋さんに相対しました。
「何か買ってってや。」の懇願モードにNOの言えないまかない婦です。

ま、良いか?明日の出番の人は魚嫌いじゃないからね。ってことでサバを二皿(8匹)買いました。これで400円です。確かにお買い得なのでありがたいのですがありがたくも無しな気分もあるのです。

その店を過ぎていつも刺身を買う魚屋さんで今度は魚売り場の若いあんちゃんがしきりにアピールします。
「小イワシ買って。小イワシ二皿で250円にするから買って、買って。」と連呼しています。買ってで切れているので何のことかと思うかもしれませんが、これは買ってくださいの短縮形の言語になります。

「あのー、それって私に言ってるのかな?」
「そうや。小イワシ買って。」

そしてここでも要りもしない小イワシを2皿買った上に、さらに押されて小ガスエビも一皿200円で買った鴨葱です。

そして帰宅した鴨葱は家族に
「今日は何を買わされたんや?」と聞かれ、サバと小イワシと小ガスエビを披露したのでありました。
「あんたダラんないか?そんなもん買って来たら捌かんなんし、自分で自分の首絞めとるんやぞ。」訳すと「あなたバカじゃないの?そんなもの買って来たら自分で捌くことになるし、大変な目に合うだけじゃないの。自虐か?」て感じかしら?

DSCF6548_convert_20180417173210.jpg
おっしゃる通りの余分な作業です。サバは三枚おろしにしたうえ腹骨も取り、竜田揚げ用に切り分けました。

DSCF6550_convert_20180417173240.jpg
小イワシは頭をもぎ取って内臓も取り去り洗って脱水ししまってあります。

DSCF6552_convert_20180417173316.jpg
小ガスエビは水洗いして脱水中です。

サバ(400円)は明日の出番の人のおかずにして竜田揚げにする予定です。小イワシ(250円)はから揚げもしくは梅煮にします。小ガスエビ(200円)は天ぷらにして食べようかな?まあ何とかなる感じです。

明日のおかずはサバとイワシなので650円と激安です。でも別のおかずも作るけどね。おいしいと思ってもらえれば嬉しいけど・・・みんな肉のほうが好きだからなー、ちょっと空しいまかない婦でした。(´・_・`)
* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |