個別記事の管理2018-06-22 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今近江町市場では中学生が職場体験をしていて可愛い売り子さんたちが一生懸命お客様に声をかけています。

昨日はすでに手持ちの材料で夕食が作れることになっていたので特に食材は買う必要はなかったのですが、顔見知りの魚屋さんに買ってくれと言われれば何かを買わなきゃいかんかなと思ってしまう哀しい日本人です。

チロンと眺めれば特に買いたいものもなし・・・しいて言えばシマ海老かな?

敏感にまかない婦の目線の先の海老を薦めてくる魚屋さんにそれは刺身もOKかと問えば微妙な表情・・・

やはりお刺身は推奨ではないようですな。

「刺身も良いけど煮てもおいしいよ。」えーーーーーーっ、それは頭になかったな。じゃ海老の煮物ということでお買い上げです。

900円と言われたけど細かいお金がなかったので可愛い店員さんに10000円札を渡しました。釣り銭をとりに行ったけどまずお釣りの計算があやふやなようでそばにいたいかにも聡そうな中学生に
「9100円だろう。」と指摘されつり銭を用意しています。

「ゴメンネ少し待ってあげてね。」となだめてくる魚屋さん。あのね、中坊相手に切れるほどおばさん若くないからね、大丈夫だよ。しかも急いでないし。

「9100円です。」とおつりを手渡そうとしたその手をとって魚屋さんが言い含めます。
「お客さんにおつりを渡すときは目の前で数え直すんだよ。後から足りないとかそんなことにならないようにな。」

そして手本を示すようにお札を数え始めました。
「1・2・3・4・5・6・7・8・9・10、ってお前10枚あるじゃん。ダメやろう!!」
「あれっ?」てへぺろ顔してもだめだかんね。貰ったお金より多いお釣りあり得んからね。

あー、魚屋さん大変そう。まあ買って帰ったシマ海老は煮付けてみたら思った以上においしかったからまかないふてきには良いんだけどね・・・魚屋さんお疲れさんです。
スポンサーサイト
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-21 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日出勤してきた義妹が朝食用のおかずが並ぶテーブルを見て思わず言葉を漏らした。
「なにこれ、肉少なっ!!」

目線の先には豚小間と薄切り大根の炒め煮・・・の残骸。おっしゃる通りこのおかずの中から肉だけ極端に少なくなっている。器用な社員がいるらしい。

元々豚小間の料理なのだが肉を炒める担当は母であり、かなりしっかりと炒めるのが常だ。よって豚小間が限りなくひき肉に近くなっている。

薄切りの大根とひき肉状態のこの料理から肉ばかりをかっさらうというのはかなりの高等技術が必要になってくる。てか、掬い取った後大根を返品したか?まさかそこまではするまいと思うが油断はできない。以前酢豚の中から豚肉だけを箸でつまんで取っている人を見つけさすがに注意したことがある。

豚肉の無い酢豚ってどうよ?ただの酢野菜だよ。そんなん誰が食べるんだよ?

って、今日は酢豚の話じゃなかったよね。

DSCF6800_convert_20180621184945.jpg
これから

DSCF6806_convert_20180621185049.jpg
これになったって話だよね。

特殊技能保持者またの名を『肉漁り』そういう者が確実に存在するわが社です。

それとも肉だけ消える呪いの食堂か・・・
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-20 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日は中央市場が休みなので会社も休みです。それでも出番の人たちがいるので数人分のお昼御飯は作らなければなりません。ここのところ梅雨入りして蒸し暑い日が続いているのでとりあえず冷奴は決めました。

休日の昼御飯は主菜が2つのような組み立てにしているので、冷奴もボリュームがあるコンビ豆腐(2種類の豆腐を使います)で量もたっぷり目にしてあります。

ですが豆腐をお代わり自由にするときれいに取ってもらうことは難しいのでこちらは盛り切りにしてもう一品を増減できるおかずにします。

考えたのですが友人の山ちゃんが言っていた車麩のチャンプルを作ることにしました。といってもあくまでそれ風な創作料理です。

豚小間と今美味しい玉ねぎを使いそこに戻した車麩と卵を投入します。味付けは安定の甘辛味です。

作ってみてやや車麩が味気ないかなと思いました。もう少しつゆだくに作って車麩に汁を吸わすべきだったようです。

後、さやえんどうのようなもので彩があった方が良かったかな?ここ次回の改善点ですよね。

日々精進、と言うほど大層なものでもないけどあまりマンネリ化しないように頑張ります。ホナ

DSCF6801_convert_20180621185022.jpg
あっ、写真右下の皿がそのチャンプルです。
* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-19 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日はお隣のおじさんのお葬式でした。家業があるので全員参加というわけにもいかなかったので絶対来てほしいと言われていた母と弟が参列し、前日お別れに行けなかった妹も参列しました。

その中で親族の人の中喪服がパツパツではち切れそうになっている人がいたそうです。
「ボンレスハムみたいになっていたぞ。あれは苦しかったろうな。」と、つい最近新しい喪服を買った妹が同情していました。

そうですよね。不幸は突然に起こるもの、久しぶりに着ることになった喪服のきつさに愕然としたことはまかない婦にもあります。

義妹の叔母さんの葬儀の時、まさにはち切れそうな喪服で 能登までバスで行ったとき自分が超人ハルクになるのではないかと恐怖したものです。

お通夜の会場で太りすぎで喪服が裂けるなど末代までの語り草ですよ。

子供のころ食べていた楊枝を刺すと皮がプルンとむけるまあるい羊羹があったけど、今楊枝刺されたらプルンとむける確信めいたものがありました。

恐ろしや恐ろしや。

ちなみにパツパツ喪服のその方はまかない婦と同じ『まさみ』というお名前だそうで・・・恐ろしや恐ろしや
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-18 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

お隣のおじさんが亡くなりました。つい先ごろお屋敷に住むおばさんが亡くなった時、別棟のお隣であるおじさんも危ないのだと予告を受けていました。もちろん別のおうちの方ですがどちらもお隣に住む生まれたときからのご近所さんです。

おじさんの実家は宝達というかなり遠いところのお寺です。

ですから父が亡くなった時途方に暮れる私たちを慰めて枕元でお経を唱えてくださいました。そのおじさんが今度は逝ってしまいました。

良く見知っていた姿より小さくなってしまったようなおじさんに昨日会いに行きました。遠いのでお通夜に参列することはできませんでしたが日曜だったので夕方弟夫婦が車で連れて行ってくれました。

そしてこれは初めて来てそれが日が落ちた後だったら絶対たどり着けなかった場所だと思いました。

弟たちもカーナビに頼って向かったのですが途中からひどく細い道に案内され
「絶対違う」と言い出したのです。まかない婦には信じられませんでしたがカーナビというものは時として大間違いの道案内をすることがあるのだとか・・・

実際にそのあたりにいた人に聞いてみると全く別の道を教えてくれました。カーナビさん、あんたおかしいぞ。

取りあえずは道を教えてくださった方のおかげでお寺にたどり着くことができ、おじさんに最後のお別れをしたまかない婦でした。

さよならおじさん。長年ありがとうございました。

* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |