FC2ブログ
個別記事の管理2018-09-25 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

東京で暮らしている甥が金沢に帰ってきているので母とまかない婦、妹家族の総勢6人で外食することになりました。

今回は橋場町の『むさし』というお店です。和食のお店で居酒屋さんのちょっとだけ上な感じかな?

でもさすが連休とあって忙しいらしく5時半から8時半までの時間枠だそうです。まあ3時間も居はしないです。

外国人の利用客さんが多かったですね。ちょっと驚きました。

そしてもう一つ驚いたのは近江町市場で顔見知りの人が2人も働いていたことです。1人はお肉屋さんでもう1人は花屋さんの人です。あれっ、ここって近江町市場の分所?

まあ肉屋さんがここで働いているのはもともと知っていましたが意外と狭い世間にちょっと驚いた昨日です。

そうそう、話飛んじゃいますがこの前のお伊勢参りの最後で、さんざんビールを飲みまくっていたある社員がバスから降りる際に氷交じりの水が入った発泡スチロールの箱をおろしてくれようとして手を滑らし、自分の奥さんにぶっかけてしまいどでかい雷を落とされたみたいです。

いろいろあるね柿市商店。
スポンサーサイト
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-09-24 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日会社から伊勢神宮詣でのバス旅行があったのでブログを書く余裕がありませんでした。

何しろ朝は6時前から夜の10時過ぎまでの強行軍です。しかも帰ってきてから翌日の従食の用意もありました。正直ヘロヘロで今現在まだ体中が筋肉痛の様に痛んでいます。まあ結構歩いたのとバスで同じ体制を長時間続けたためかもしれません。

朝6時前に出発し、伊勢神宮に着いたのは11時過ぎでした。

IMG_5482_convert_20180924135454.jpg
まず外宮を参拝します。

IMG_5484_convert_20180924135524.jpg
手水の使い方もほぼみんな分かっているし、参道は真ん中を歩かず右側通行。鳥居をくぐるときには一礼する。そんなことを淡々と進めながら参拝していきます。

IMG_5486_convert_20180924135601.jpg
正宮でパンパンペコペコパンと拝礼し、お賽銭もポイと捧げました。風が吹いて垂れていた幕が風でまくれ、ダークスーツで拝礼する人の後ろ姿が見えました。

正宮までの道すがら神楽が奉納されていました。やはり神々しい感じがしますね。

IMG_5488_convert_20180924135630.jpg
お昼ご飯は松坂牛のすき焼きでした。けっこうガッツリいただきました。肉の追加料金が半端なかったと社長が少し悲しそうに言っていました。しかし旨い肉でしたよ。

午後からは内宮に参内しおはらい町をウインドウショッピングしアイスを食ったりしてみました。

IMG_5489_convert_20180924135705.jpg
IMG_5490_convert_20180924135743.jpg
いやはや結構歩きましたね。おはらい町もたくさんお店があって楽しかったです。

帰りは渋滞に巻き込まれたりしたので結構遅れましたが翌日も休みなのでぐったりと布団に入りました。

IMG_5492_convert_20180924135824.jpg
IMG_5494_convert_20180924135853.jpg
夕食用に渡された二段のお弁当はとてもおいしそうだったのですが昼ご飯の牛が腹の中を占めていたので下段のちらし寿司だけ頂いて持ち帰りました。

疲れたけど楽しかったです。あと道の駅で買って食べた松坂牛の肉まんがめちゃ美味かったことを付け加えておきます。

松坂牛最高

* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-09-22 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日妹が都合で少し早く帰ったのでいつもより早く酒屋の店番の交代をしました。

多分そのせいだとは思うのですが、終業時間を間違えて一時間早く店を閉めてしまったようです。てか、30分早くかな?

それで帰宅して晩御飯を作っていたのですがいつまでたっても母が来ません。

いやーな予感がしました。ひょっとして風呂でぶっ倒れているのか?もしくは死んでいる?

ものすごく不安になって5階のふろ場に特攻をかけました。
「お母さん、お母さん、生きてるか?」

かなり焦っていたので大声で呼んでみましたが返事がありません。し、死んでる?

慌ててノックしながら脱衣所に飛び込みました。
「大丈夫か?倒れとらんか?」大声で叫ぶと
「大丈夫やわいね。倒れとらん」の返事です。最初に返事がなかったのは耳が遠かっただけのようでした。あー良かった。

安心して厨房に戻るとおかずづくりを続けました。それにしてもおりてくるのが遅すぎます。どうなってんの?

ようやく降りてきた母に文句をぶつけました。
「もー、何時やと思っとるん?あと少しで9時やぞ!!」
「あんた何言うとるん、まだ7時40分やぞ。」

・・・・えーーーーーーーーーーーーーーーーっ?

落ち着いて時計を見ると、た、確かに8時前です。

あっ、一時間間違えた。間違って店早じまいした。そんで母が倒れてるかもと思って風呂場に特攻かけた・・・トンマのマントここに極まれり。

母からは自分より先にボケないでほしいと冷静な突込みが入りました。はい、努力しますが確約はできません。悪しからず。
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-09-21 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日テレビを見ていて遠い昔のことを思い出しました。番組は『フリーター 家を買う』です。大好きな作家 有川浩さん原作です。もちろん読みましたよ、てか持ってるけどね本。

さて、このお話の中で主人公のお母さんが近所の人から嫌がらせをされているのですが、まかない婦の場合はいじめ?本人にいじめられている自覚はなかったけどいじめっ子体質の人にはたまらない存在だそうです。いやーある意味モテモテ?

記憶の中で小学生の頃に帰り道で待ち伏せされ画板で殴られたことがありました。画板って知っているかな?お絵描きするとき画用紙の下に敷く板のことなんだけど、それで頭を殴られたのです。

あまりにも遠い昔のことなので誰だったか覚えてはいません。それどころではなかったからです。

実はまかない婦を殴ったためその画板が割れてしまい、お前のせいだから弁償しろと迫られたのです。

パニクりました。むしろ殴られた頭は痛くもなかったような・・・ただ弁償は恐ろしかったです。なぜならまかない婦を殴った画板野郎よりはるかに恐ろしいわが父に他人の画板を割ってしまったからそのお金を出してくださいと頼まなければならないのです。

恐ろしさに縮み上がりました。何日も悩んだけどとうとう父には言い出せずそのままうやむやになってしまいました。

まあ今思えば100%向こうが悪いのだし、まかない婦が弁償するということ自体があり得ません。でも子供だったから言われてそうかと思ってしまったのですよね。遠い昔の自分が哀れです。

でもいったい何をして誰をそんなに怒らせてしまったのでしょう?つくづく謎ですが、結構人を怒らせるのは得意みたいです。

そしてもう一つ謎なのは画板が割れるほどまかない婦の頭が石頭だったのかという疑問です。

そして割れた画板を持って帰って親にどう言い訳したのかなと思うと殴りかかってきた奴に対してざまを見ろと思ってしまう自分がいます。

あれいったい誰だったんだろう?このことを思い出すたびいつも一番インパクトが大きいのは『弁償』のことなのでその大きな事柄に隠れて相手の顔も名前もかすれて消えてしまっています。別に思い出したいわけではないのですけどね。

ただこの話を父親にしていたら別の意味で怒られたのだろうなとは思います。遠い昔のいびつな思い出話でした。お粗末様です。
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-09-20 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

相変わらず工事現場の騒音に辟易する毎日です。でも見ているとかなり面白いですね。ビルの鉄骨を引きちぎり、大きなトタンを引っぺがし、屋上部分のアスファルトをペンチの化けで引きずり倒してすべてを破壊しながらもその巨大なアームでトタンをたたんだり崩落させた物たちを分類しています。

かなり器用なものです。ひょっとしてあのアームに筆を持たせれば書初めくらいはやってのけそうです。

さて騒音まみれの職場でまかない婦も奮闘しています。今日は大肉団子と高野豆腐の煮物を作り、渡されたモロッコいんげんを茹でて期限切れになったクルミを砕いてクルミマヨネーズ和えにしてみました。

あるものは使う。その意気です。

ですがどうかと思うものも渡されます。

DSCF7131_convert_20180920182325.jpg
ワニではないですよ、ゴーヤです。種が禍々しい赤色になっていますよね。そして大口開けたワニみたいに裂けていますよね。これ絶対苦いパターンです。

結局一日戸惑っている間にデロデロに溶けてしまいました。ホラー度がさらにアップした感じです。

今日作った肉団子のなかにも渡されたネギや生姜、エノキやマイタケのみじん切りも入っています。だらーっとやっている風でも結構頑張っているまかない婦です。

明日は廃棄処分寸前のジャガイモを母が拾ってきたのでそれで肉じゃがを作る予定です。

何故廃棄されそうになっていたかと言えば、箱の中にあった傷んだじゃが芋のため箱全体が廃棄されそうになっていたみたいです。

でも周りの芋は全く無事でした。ただ、じゃが芋が傷むと恐ろしいにおいを発散します。歯の間にたまった歯垢をかき出してかなりの量集めたらあんな匂いになりそうです。捨てたくなるのも分からないわけではないけどほんの数個のために一箱捨てるのはいくらなんでももったいないですよね。

その次には白菜が一箱近く渡されているのでそれで何かを作る予定です

まかない婦の予定は渡されたヘタレ野菜がどの程度切羽詰まったものかによって決まります。

とりあえず明日はじゃが芋です。ホナ

* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |